欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:
 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、2015-16シーズンオフにおいて下記3選手に対する日本国内球団への移籍支援活動を実施することとなりましたので、お知らせいたします。

(1)ダニエル・サンチェス(Daniel Enrique Sanchez Reyes)
生年月日: 1988年11月14日(28歳)
身長: 165cm 体重: 65kg
出身: ベネズエラ・ボリバル共和国スリア州マラカイボ市
国籍: スペイン/ベネズエラ(二重国籍)
投打: 右投右打
守備: 内野手(二塁、遊撃)
所属: ゾーリンゲン・アリゲーターズ(ドイツ)
2015年度成績(22試合): 打率.405、出塁率.515、長打率.585、6二塁打、1三塁打、2本塁打、21打点、8盗塁、3失策、守備率.961
代表歴: スペイン(2007年IBAFワールドカップ台湾大会、2008年北京五輪世界最終予選、2009年IBAF ワールドカップ欧州大会、2014年欧州選手権チェコ・ドイツ大会)

選手紹介
軽快かつ堅牢なディフェンスを武器に、欧州や世界レベルの国際大会で最優秀守備選手賞を総なめにしてきた、欧州球界屈指の守備職人。打席では安定感と確実性、勝負強さも取り柄とする。

ダニエル・サンチェス

(2)ファン・マルティン(Juan Francisco Martin)
生年月日: 1990年5月12日(25歳)
身長: 183cm 体重: 91kg
出身: アルゼンチン共和国ブエノスアイレス自治市
国籍: アルゼンチン
投打: 右投右打
守備: 捕手、内野手(一塁)、外野手(左翼)
所属: マンハイム・トルネードス(ドイツ)
2015年度成績(28試合): 打率.375、出塁率.402、長打率.475、7二塁打、1三塁打、1本塁打、23打点、1盗塁、2失策、守備率.992
代表歴: アルゼンチン(2011年南米選手権アルゼンチン大会、2012年南米選手権エクアドル大会、2013年南米選手権チリ大会、2015年南米選手権ブラジル大会)

選手紹介
2012年よりアルゼンチン代表の主将に就任し、チームを3度の南米王者に導いた強打の捕手。今季は打率.375の活躍でブンデスリーガのオールスターにも出場を果たし、名実ともにドイツ球界を代表する捕手の1人となった。

ファン・マルティン


(3)マニー・ヘルナンデス(Manny Alfredo Hernandez)
生年月日: 1992年4月19日(23歳)
身長: 189cm 体重: 86kg
出身: グアテマラ共和国グアテマラ県グアテマラシティ市
国籍: グアテマラ
投打: 右投右打
守備: 内野手(三塁)、外野手(中堅)
所属: フリーエージェント(元ボルティモア・オリオールズ傘下)

選手紹介
強肩強打を売りとする、オリオールズの元プロスペクト(若手有望株)。オリオールズ退団後はメキシコで腕を磨き、2014年に参加した同国のチワワ独立リーグでは、僅か180打席で16本塁打を放つ活躍を見せた。グアテマラ野球連盟の肝いりにより支援実施が決定。

マニー・ヘルナンデス

 マルティンはレイズ、ヘルナンデスはオリオールズの傘下でプレーした経験があり、その後欧州と中南米で腕を磨きました。サンチェスはベネズエラ生まれながら欧州で名をあげ、今やドイツやスペインはもとよりヨーロッパ全体でも最強クラスのセカンドに成長。本人は昨オフの段階からベースボールブリッジにコンタクトしており、満を持しての日本挑戦となります。

 今回の3名には、来年2月13日にロッテ浦和球場にて開催予定の、ルートインBCリーグのトライアウト受験を目指してもらうことになります。今後、来日に必要な渡航資金及び滞在費の調達に全力を挙げていくことになりますが、非常に高額なコスト(3名合わせて50万円の出費を見込んでいます)がかかるため残念ながらベースボールブリッジ単体ではねん出が不可能な状況です。そのため、弊団体では皆様からの寄付をお願いしております。少額でも構いませんので、なにとぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。振込先口座は下記の通りとなります。

三井住友銀行市川支店 店番700 普237745 「NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ」

※各種お問い合わせはinfo@baseballーbridge.orgまでお願いいたします。

 なお、その資金協力の第一弾として、当団体会員の中西弘一が所属する大阪市の草野球チーム「STRANGERs(代表: 佐々木将司様)」「アルフォート(代表: 高島大輔様)」の2チームより、それぞれ一口(1万円)ずつのご寄付を本日(12/27)頂戴いたしました。両軍の代表者様及びチーム関係者の皆様には、この場を借りて会を代表し厚く御礼申し上げます。提供いただいた資金は、選手渡航費、滞在費及びその他各種必要経費の一部として有効に活用させていただきます。

 本プロジェクトの目的は、「新たなステージでの挑戦を望む者に、そのチャンスを提供すること」です。実際に彼らが合格し契約まで至るか否かは我々にはコントロールできませんが、仮に結果がホームランにせよ三振にせよ、まず打席に立たせてやりたいというのが会員一同共通の思いです。今後ともベースボールブリッジへの温かいご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ
代表 田中亮多
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 欧州野球連盟(CEB)の技術委員会が、来年オランダ・ホーフドループにて行われる第34回ヨーロッパ選手権のグループ分けを発表しました。


 9月9日から18日まで開催されるヨーロッパ選手権は、来シーズンの欧州球界におけるメインイベントとも言える大会。ホスト国でディフェンディングチャンピオンのオランダは、チェコ、ドイツ、ロシア、イギリス、スウェーデンとともにA組に配属されることが決まりました。前回準優勝のイタリアは、スペイン、フランス、ベルギー、ギリシャ、クロアチアとともにB組に振り分けられています。


 また、来年度の国際大会では唯一開催地が決まっていなかったヨーロッパ選手権予選Cの開催地が、ポーランド・ミエスカゴルカとスロベニア・リュブリアナとなることもあわせて決定しました。同大会には前10チームが参戦することとなり、それぞれの組み合わせも合わせて発表されています。また、U-21、U-18、U-15、U-12の各年代別大会の組み合わせも決まりました。それぞれのグループ分けは下記のとおり。


(1)ヨーロッパ選手権

開催地:ホーフドループ(オランダ)

日程:9月9~18日


A組

・オランダ

・チェコ

・ドイツ

・ロシア

・イギリス

・スウェーデン


B組

・イタリア

・スペイン

・フランス

・ベルギー

・ギリシャ

・クロアチア


(2)ヨーロッパ選手権予選C

開催地:ミエスカゴルカ(ポーランド)、リュブリアナ(スロベニア)

日程:7月25~30日、7月26~31日


ミエスカゴルカラウンド

・ポーランド

・ルーマニア

・ラトビア

・ハンガリー

・エストニア


リュブリアナラウンド

・スロベニア

・アイルランド

・フィンランド

・ノルウェー

・セルビア


(3)U-21ヨーロッパ選手権

開催地:テルアビブ(イスラエル)

日程:7月31日~8月5日


・オーストリア

・ウクライナ

・リトアニア

・イスラエル

・イギリス

・ポーランド


(4)ヨーロッパジュニア選手権(U-18)

開催地:ギジョン(スペイン)

日程:7月10~16日、7月11~17日


A組

・イタリア

・フランス

・ドイツ

・クロアチア

・スウェーデン


B組

・オランダ

・チェコ

・ロシア

・スペイン

・イギリス


(5)U-15ヨーロッパ選手権

開催地:シャルトル、ルーアン(フランス)

日程:7月18~22日、7月19~23日


A組

・ドイツ

・オーストリア

・リトアニア

・スロベニア


B組

・チェコ

・ウクライナ

・ロシア

・フランス


(6)U-15ヨーロッパ選手権予選

開催地:ヒューネンベルグ(スイス)

日程:7月19~23日


・スロバキア

・イギリス

・スイス

・ポーランド

・ベラルーシ


(7)U-12ヨーロッパ選手権

開催地:トレビシ(チェコ)

日程:7月4~9日、7月5~10日


A組

・チェコ

・ポーランド

・ベラルーシ

・オーストリア

・スロベニア

・スロバキア


B組

・ロシア

・フランス

・リトアニア

・ルーマニア

・ドイツ

・ウクライナ


ソース:http://www.mister-baseball.com/groups-announced-2016-baseball-european-championships/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(1)ゴード・ナイツが抜けたIBL、代替チームはノヴァーラに決定
 今季限りでイタリア・IBLからの脱退が決定したディ・エンジェリス・ゴード・ナイツ。イタリア野球・ソフトボール連盟(FIBS)にとって代替チーム探しが急務となっていましたが、ノヴァ―ラ・ユナイテッドがその役割を果たすことになりました。

 ノヴァーラはリーグ2年目の2011年から2013年まで、リーグ初年度限りで脱退したカターニア・ウォリアーズの後釜としてIBLに参加。過去2シーズンはIBLの下部リーグにあたるセリエAに所属しており、来季は3年ぶりのトップリーグ復帰となります。また、FIBSは合わせて来季から再導入される2グループ制の組み分けも発表。プールAにはリミニ、パドーヴァ、ネットゥーノ2、パルマ。プールBにはボローニャ、サンマリノ、ネットゥーノ、ノヴァーラが配属されることになりました。

ソース
http://www.mister-baseball.com/novara-replaces-godo-knights-italian-baseball-league/

(2)イタリア球界の移籍マーケット、まだまだ活発
 そのイタリア球界は、まだ移籍市場が開いており選手の行き来が活発。その中には代表クラスの面々も含まれています。

 テレマーケット・リミニ・パイレーツは、T&Aサンマリノ・タイタンズからカルロス・テラン投手を獲得しました。ベネズエラ出身でイタリアのパスポートも保有する同投手は、先日開催されたプレミア12のイタリア代表メンバー。今季は9試合にリリーフ登板して2勝0敗、防御率6.14。14回2/3を投げて11奪三振、8四球という成績でした。また、ベテランのリカルド・ベルタニョン捕手のバックアップとして、グロッセートからアントニオ・ジョバニーニ捕手(23)の獲得にも成功。28試合で打率.394、出塁率.440と打撃に期待がかかります。9月に膝の手術を受けたものの、1月には回復する見込みとのこと。

 一方テランの後釜として、タイタンズはパドーヴァから先発左腕のエンリコ・クレパルディ投手(28)を獲得。こちらは今季13試合に先発して3勝4敗、防御率4.41。69回1/3を投げて38奪三振、33四球という成績を残しています。さらに、「玉突き移籍」に巻き込まれた形のパドーヴァもラウル・ルイーズ投手(25)を獲得。クレパルディと同じ左腕投手で、パイレーツとナショナルズの傘下でプレーしていたベネズエラ人とのことです。現在はニカラグアリーグで4勝0敗、防御率1.64と好調を維持しています。

ソース一覧
http://www.mister-baseball.com/carlos-teran-leave-san-marino-rimini/
http://www.mister-baseball.com/antonio-giovanni-joins-asd-rimini/
http://www.mister-baseball.com/enrico-crepaldi-joins-ta-san-marino-2016-season/
http://www.mister-baseball.com/tommasin-padua-adds-lhp-raul-ruiz/

(3)ファン・カルロス・サルバランがカージナルスに移籍
 オランダ代表右腕のファン・カルロス・サルバラン投手(26)が、所属するロイヤルズからカージナルスに移籍したことが分かりました。

 2009年にレッズとマイナー契約しプロ生活をスタートさせたサルバランは、過去4シーズンをロイヤルズで過ごしました。今季はAAA級とAA級の2階層で投げ、合計で28試合に登板(23先発)して7勝10敗、防御率5.24という成績を残しています。まだ年齢的には十分若いだけに、新天地でも心機一転頑張ってもらいたいですね。

ソース:http://www.mister-baseball.com/juan-carlos-sulbaran-signs-st-louis-cardinals-organization/

(4)ベルギー代表の主砲がアメリカの独立リーグでプレーへ
 米独立リーグ、フロンティアリーグのエバンスビル・オッターズが来季に向けた補強選手としてドイツ・ブンデスリーガ1部のシュツットガルト・レッズからトーマス・デウォルフ投手兼外野手(25)を獲得したと発表しました。

 デウォルフは2008年にメッツとマイナー契約を結び、史上初のベルギー人マイナーリーガーとしてMLB及びベルギー野球の歴史に名を刻んだ1人。今季は26試合に出場して打率.448、出塁率.566、長打率.851、9本塁打という圧倒的な成績を残し、チームを自身が入団してから初となるプレーオフ出場に導きました。また投手としても12試合に登板しましたが、こちらは3勝4敗、防御率5.37といまいちでした。

ソース:http://www.mister-baseball.com/evansville-otters-announce-signing-thomas-de-wolf/

(5)エデュアルド・ペレス氏、WBC予選でのスペイン代表を指揮しないと表明
 元大リーガーのエデュアルド・ペレス氏(47)が、来春にパナマで開催される第4回WBC予選でのスペイン代表監督就任を断ったことが分かりました。

 現在はベネズエラウィンターリーグでアラグア・タイガースの指揮を執っている他、夏の間はブレーブスの投手コーチも務めているペレス氏。現地紙「エル・ユニバーサル」によれば、大会の開催時期を受諾しない理由として挙げているそうです。ただ、大会に向けてスペイン王立野球・ソフトボール協会(RFEBS)が行う選手リクルートには、協力していく意向を示しているとのこと。

 1995年にブレーブスの捕手としてワールドシリーズ優勝を果たしたペレス氏は、2017年の本大会でベネズエラ代表の指揮を執ることを希望しているものの、他にも有力な候補者がおり自身が採用される可能性は高くないだろうとの見方は示しているようです。また、同じく元大リーガーのルイス・サラザー氏もスペイン代表監督のオファーを固辞したとか。果たして誰が監督に就任するのか、注目したいところです。

ソース:http://www.mister-baseball.com/eddie-perez-manage-spain-wbc-qualifier/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。