欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 本日、福岡市のヒルトン福岡シーホークにてユーロリーグベースボール(ELB)のウィム・バンデンハーク会長と会談し、日本でのリーグスポンサー探しと日本語版ウェブサイトの運営という形で、ベースボールブリッジがリーグに対して協力していくことで口頭で合意しました。


 今回の会談は、福岡ソフトバンクホークスで先発ローテの一角に定着したリック・バンデンハーク会長の実父であるウィム会長が、息子に会うために今月10日に来日したのを契機に実現しました(もちろんそれだけが目的ではなく、滞在中はホークス関係者をはじめ様々な人物と面会していたようです)。このプロジェクトに着手するに当たり、少なくとも一度は膝を突き合わせて議論する必要があることは認識していたので、それを果たすことができたのは非常に嬉しく思います。


 会談ではまず、ベースボールブリッジが団体として成立した経緯とこれまで取り組んできた活動、そしてリーグに対してどのような形で具体的に支援することを考えているかを説明しました。また、3月に開催された日欧野球でのプロモーションへの関与と、その折におけるNPBエンタープライズ様や博報堂DYスポーツマーケティング様などとのかかわり、また日本国内における数少ない欧州野球情報の発信者として自分が活動してきたことについても言及。依然として若く成長の途上にある団体ではありながらも、欧州におけるプロ野球リーグ創設という、一大事業へのコミットメントに対して非常に強い思いを持っていること、また自分たちが実際にリーグに対して価値を提供することができうる数少ない組織の1つであるということを伝えました。


 その後、スポンサーの獲得やウェブサイト構築と運営など個別案件についての意見交換に移行。スポンサー探しにあたっては、リーグ側がコンサルティングパートナーとして提携しているMKスポンサーマッチ社が作成した、スポンサー企業の営業用資料をベースボールブリッジも使用することで合意。営業活動にあたっては、リーグの名前や公式ロゴなどを使用することを会長直々に認可していただきました。ELB側としては、リーグ側と日本の企業社会を橋渡しすることができる、日本語と英語どちらにも堪能な人物を探し求めており、会長からは「君に是非その役割を託したい」という非常にありがたい言葉を頂きました。物凄く重い責任を伴う役割ではありますが、自ら望んだからにはその職責を果たせるよう全力を尽くしたいと思います。


 一方ウェブサイトの運営については、既にリーグが運営している英語版のウェブサイト(http://www.euroleaguebaseball.com/ )と同一のデザインを用いて、使用する言語のみ日本語に置き換える形とすることを確認。英語版を作成したウェブデザイナーの方と、会長の方で連絡を取っていただけることとなりました。また、ウェブサイト上にてバナーを掲載するスポンサー企業(リーグスポンサーとは別枠)の獲得についても協議を実施。営業情報のため詳細は明かせませんが、この中で会長から説明された内容については、非常にいい勉強になりました。日本国内の野球ファンはもちろん、取材していただける各種メディア媒体や、所属先を探している選手・指導者及びその代理人にとっても重要な存在となるため、このウェブサイトについても手ぬかりなくやっていきたいと思います。


 この2つ以外にも、日欧間での選手移籍(主に日本から欧州への移籍や選手の派遣)や欧州のテレビでの特集番組の放映についてなど、様々な分野についてお互いの意見やビジョンなどをシェア。会談中、双方の間に「今後どのように動いていくべきか」という観点では意見の相違は全くなく、会長からは「君たちの持っている考えは非常に真っ当で筋も通っており、また我々のビジョンとも合致している」とまたまた嬉しいお言葉も。最終的に、ベースボールブリッジが日本におけるELBのパートナーとして協力をしていくということで両者ともまとまり、握手をして別れました。


 今回のプロジェクトは、定款に掲げているベースボールブリッジの事業の中では「野球等スポーツが未発達な国々における、用具メーカー等企業の誘致」「インターネット等を通じた、国際的な野球等スポーツの情勢に関する情報発信」にそれぞれ該当しますが、企業誘致に関しては昨年9月のNPO移行後はもちろん、2012年9月の任意団体としてのベースボールブリッジ結成以降でも初めての着手となります。団体として最初に手掛ける案件がこのELB(もちろん会長にもこの旨はきちんと伝えています)ということで、これからかかってくるプレッシャーももちろん半端なものではありませんが、自らそれを望み選んだ道である以上は成果を上げるために最善を尽くしたいと思います。


 今のELBに何よりも必要なのは、リーグを運営していくための安定的な財源です。欧州側でもELBは様々な企業や団体と水面下で接触しており、その中にはお膝元の地域連盟である欧州野球連盟(CEB)や、世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ会長も含まれているそうですが、彼らから返ってくる答えは常に「ビジョンには賛同するが、問題は運営に必要な資金を確保できるかどうかだ」というものだそうです。そういう背景があるからこそ、リーグ側としてはスポンサー探しに全力を挙げている状況であり、我々ベースボールブリッジもその一助となるべくベストを尽くしていく所存です。


 従来はどちらかというと、有志によるボランタリーベースでの活動が主だった当団体ですが、これからは先日お伝えしたアプリ開発も含め、NPOといえどもビジネス的な意味での事業展開をしっかりやっていく方向にシフトしていきます。少なくともこのELB関連とアプリ開発については、自分自身は慈善事業やボランティアとは全く捉えていません。営利ではなく、あくまでも国際的な野球発展に資するというビジョンが優先するというだけで、完全に仕事として考えています。これまでとは規模も責任感も段違いで、場合によっては現在の自分のキャリアについても、重い決断を下すことを強いられることになるかもしれません。


 しかし、どういう形であれ野球界でこうした大きな仕事ができるということは、自分自身にとっても団体にとってもとても意義あることであり、また喜ぶべきことでもあります。会長から託された思いをしっかりと受け止め、また自分たち自身も熱い思いをこのプロジェクトに込め、このリーグを通じて欧州を日米に続く第3の野球どころとすべく前に進んでいきたいと思います。いつか描いたビジョンを形にできるよう、頑張ります!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、このたび新事業として「一球速報アプリ(仮)開発プロジェクト」に着手することとなりました。

 本アプリは、目の前の試合での1球ごとの投球内容や打席の結果などを、画面をタップすることによって記録しそのデータを蓄積していくことで、1つの試合をデジタルアーカイブ化できるというものです。これによって、結果を記録した試合の任意の場面でどんなプレーが行われたのかを自由に振り返ったり、公式戦以外の試合(オープン戦や練習試合など)も含めた自分の生涯成績を算出したりすることができます。また、数年単位などの長期にわたってデータを蓄積することにより、それぞれの選手のプレースタイルを通算成績からはじき出すこともでき、プロやアマチュアチームのスカウティング部門の新たな武器として役立てて頂けるものとしていくことを視野に入れています。また、国際野球を幅広く支援していく団体からのリリースということもあって多言語化を念頭に置いており、スカウティングという意味では欧州などの選手たちにも積極的に活用してもらえればと考えています。

 本アプリは最初のリリースを来年4月に計画していますが、この企画を具現化し完成・リリースへとこぎつけるためには、既に複数の事業を抱えている現在の当団体の現状では、絶対的に頭数が不足しています。特にIT関連の分野は当団体にとってはまだまだ「選手層」が薄い領域でもあり、豊富な現場経験を持つ新たな仲間を受け入れることがどうしても欠かせません。そこでこのたび、下記の内容にて本プロジェクトに専門的に関わってくれる新メンバー16名を緊急募集することとなりました。募集内容は下記の通りです。

(1)開発(5名)
・アプリ開発の現場作業
・必要な経験:PGとしての就業経験(年数不問)
・使用言語:Ruby on rails、Haskell(興味があれば)
・将来的な手当又は給与の支払いを検討中


(2)保守・運用(5名)
・サーバーメンテナンス及びリリース開始後の顧客対応
・必要な経験:保守・運用分野での就業経験(年数不問)
・将来的な手当又は給与の支払いを検討中

(3)営業(6名)
・首都圏に本拠を置くNPB球団及びルートインBCリーグ、四国アイランドリーグplus、ベースボールファーストリーグの全ての加盟球団を対象とした営業活動
・必要な経験:不問
・将来的な手当又は給与の支払いを検討中

 本事業は、当団体の財政基盤強化も大きな実施目的の1つであり、アプリをリリースし事業が軌道に乗った段階で、メンバーに対しては営業収益の中から手当や給与を支給していく方向で検討を進めています(今回募集する新メンバーに限らず、この段階で執行部を含む多くのメンバーの専業化を実現する予定です)。また、国際野球に精通したマニアの集団と捉えられることも多い当団体ですが、今回の募集はあくまでもアプリ開発やリリースを円滑に行うために、実際にITの現場で勤務した専門的な経験を積んだ方々を仲間として迎え入れるためのものであり、国際野球にまつわる知識その他に関しては一切考慮しておりません。私たちは、IT業界の現場で培ったあなたの知識や経験を求めています。これまでにないアプリを形にしてみたいという方、是非仲間になりませんか?

 また、今年度以降はこのアプリ開発事業以外にもELB(ユーロリーグベースボール)に対する日本国内での広報活動や、今オフに控えているマイナー国出身選手の移籍支援など、数多くの人員の稼働が必要になるプロジェクトが複数控えています。さらに、法人としてより機動的かつ効率的に事業を遂行していくことを目的に、事務局たる総務部門の機能強化と拡充に力を入れているところでもあり、これらの役回りでの活動参加を目的とした新メンバーの募集も引き続き行っております。2015年度は16年度以降の専業化に向けて大きく舵を切る年であり、それを実現するためにも新しい仲間の力が必要です。私たちは国際野球にまつわる知識ではなく、「野球というスポーツのために何かしてみたい」という熱い思いを求めています。活動参加に興味がある方は、リクルート専用アドレス(recruit@baseball-bridge.org)までお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 オランダ、イタリア、ドイツ、チェコの計4か国の野球連盟が、チェコ・オストラヴァで開催されるU18ヨーロッパ選手権の代表ロースター(ドイツは候補メンバー)を相次いで発表しました。


 今回選ばれているのは、4か国とも直近数年以内にMLBヨーロッパアカデミーなどのメンバーに選ばれた経験を持つ有望株ばかり。既にそれぞれの国のトップリーグの所属チームでプレーしている選手もおり、次の欧州球界を背負って立つと見込まれる面々がずらりと並んでいます。大会の優勝争いの上でも軸となるであろうこの4か国が、大会でどんな活躍を見せるか注目です。なお、ドイツに関しては代表候補合宿やレーゲンスブルグ・レギオネーレなどとの強化試合を経て、ここに挙げた22名のうち2人がカットされる予定とのこと。各チームのロースターメンバーは下記の通りとなっています。


(1)オランダ

投手

・コーエン・ブロム(オースターホート・ツインズ)

・ドニー・ブレーク(HCAW)

・タイラー・クレメンシア(ヴァッセン・パイオニアーズ)

・アーロン・デグロート(ユニコーンズ)

・ダリル・ジャモエナ(ツナミズ)

・ニック・キュー(ヴァッセン・パイオニアーズ)

・ティモ・リンゲン(DSS)

・ジョバンニ・テンセン(HCAW)

・ゲイス・ティマー(DOORトリデンツ)


捕手

・ティース・ファンデルビーク(DSS)

・ルーベン・プリンス(DOORトリデンツ)


内野手

・マックス・ドライハー(ヴァッセン・パイオニアーズ)

・メンノ・レンティング(DOORトリデンツ)

・ジュリアン・リップ(UVV)

・オリバー・セヴェリーノ(コレンドン・キンヘイム)

・テイメン・タッケ(HCAW)

・トミー・ヴァンデサンデン(DSS)


外野手

・チエリ・ボークホート(コレンドン・キンヘイム)

・コーエン・ハルダーマン(DSS)

・ボイド・トゥフムーリー(HCAW)


(2)イタリア

投手

・クラウディオ・スコッティ

・マウリシオ・アンドレッタ

・ミヒール・ポンポーニ

・ディエゴ・ファビアーニ

・マティアス・ゾッティ

・ルドヴィコ・コヴェッリ

・フェデリコ・ペッチ

・マティア・アルデゲーリ

・シモーネ・アルフィニート


捕手

・チェーザレ・アストーリ

・ジウリオ・モネッロ


内野手

・ガブリエレ・オレフィーチェ

・ステファノ・ベリーニ

・アンドレア・セッラローリ

・ピエトロ・アドーニ

・マテオ・フリゲッリ

・マニュエル・リッチ


外野手

・ガブリエレ・テアルディ

・ダビデ・アッザーリ

・ジョルジオ・マッサーリ


(3)ドイツ

投手

・ショーン・コーワン

・マルセル・ジラウド

・ティム・ハルトマン

・サッシャ・コフ

・ダニエル・メンデルスゾーン

・フィリップ・マイヤー

・ニクラス・リメル

・ヤニック・ウィルデンハイン


捕手

・モーリス・ベンドリエン

・ジョナサン・ハイムラー

・ヴィンセント・ヘルゲット


内野手

・ジェフリー・アルント

・ダニー・ランクホースト

・アレクサンダー・シュミット

・サミュエル・スティガート

・オリバー・ティーベン

・ビクター・フォル


外野手

・パスカル・アモン

・イスマイル・チフチ

・デビッド・ディンスキー

・ルーカス・ダン

・ジェローム・ギプソン


(4)チェコ

投手

・マルティン・バレス

・オンドレイ・フルコ

・マルティン・カラベック

・ヤコブ・クビカ

・ヤン・ネベンフーア

・アダム・ポコルニー

・オンドレイ・サトーリア

・パベル・スラメック

・クリストフ・トラブニック


捕手

・ルーカス・メンシク

・ルーカス・トルンカット


内野手

・フィリップ・クラウス

・マルティン・チェルベンカ

・ヤコブ・グレプル

・アダム・ジャローリム

・ヴォイテク・メンシク

・ラディム・ノボトニー

・フィリップ・スモラ


外野手

・フィリップ・カプカ

・マレク・チュルップ


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/netherlands-announce-roster-u18-european-championship/

http://www.mister-baseball.com/italy-reveals-roster-u18-european-championship/

http://www.mister-baseball.com/german-u18-prepares-regensburg-u18-european-championship/

http://www.mister-baseball.com/czech-roster-u18-european-championship-ostrava/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。