欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 昨日、職場の休みを利用して船橋市民球場に朝から足を運んできました。今年で第4回目を迎えることとなった、All Nationsによる恒例の「東日本大震災復興支援チャリティマッチ」を観戦するためです。


 俺がこのイベントに参加するのは、今年で3年ぶり2回目。元々は「野球狂の会」という名称で、日本はもちろん世界中でプレーする野球選手たちによるチャリティ活動としてスタートしたものですが、今年から名前をAll Nationsに改めて心機一転という趣となりました。初めてのイベントは河川敷での紅白戦形式で開催。その後第2回は大阪・豊中ローズ球場、第3回は八千代総合運動公園野球場で行われ、そして今年は船橋を舞台に実施されることとなりました。


 この日の対戦相手として選ばれたのは、東京に本拠地を置くクラブチーム「東京メッツ」。元千葉ロッテマリーンズ二軍監督のハイディ古賀こと古賀英彦氏が監督を務め、かつてはWBC2013タイ代表のネイサン・ロレンツも所属していたチームです。俺が球場に着いたのは、開場時間ぎりぎりの朝9時30分頃でしたが、その頃には三塁側スタンドに早くもメッツ応援団の横断幕が張られていました(メッツは元々ロッテの応援団として活動していた人々が設立したチームで、クラブチームでは珍しくプロ顔負けの本格的な応援が行われます)。


 試合前には、かつては関西独立リーグに参加していた紀州レンジャーズや、来年からBCリーグに加入する武蔵ヒートベアーズの応援団と合流(レンジャーズの応援団員の方とはツイッターでずっと交流があったのですが、今回初めて直接お会いすることができました)。奇しくも一緒に参加したベースボールブリッジのメンバーが、彼らと一緒に応援することになっていたため、俺もそこに飛び入りで加わらせてもらうことになりました。公式戦ですらないこの試合のためだけにわざわざ関西から遠征し、ラッパや太鼓といった鳴物もばっちり準備。選手はもちろんのこと、このイベントに支える側として参加する人々の熱意を感じる一幕でした。


 今回の会場となった船橋市民球場は、7500人を収容でき高校野球でも使用される本格的な野球場。この日の試合ではグラウンドやスタンドはもちろん、バックスクリーンの電光掲示板もフル活用されたほか、球場内のPAシステムを使った場内アナウンスもばっちり行われました。アナウンスを担当したのは、過去に独立リーグやフットサル等でスタジアムDJを担当されてきたというDJハッシーさん。各打者の打席前には、1人ずつ専用の出囃子もばっちり流れます。さらに、試合中はスタンドから両軍の選手に対する鳴物応援が行われ、雰囲気はプロ野球の試合さながら。失礼ながら、はたから見ればパッと見草野球にしか見えなかったであろう第1回と比べると、わずか数年しか経っていないのに隔世の感がありました(笑)


 試合の前にはAll Nationsの三好貴士監督と、メッツの部長を務められているお笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右さんによる挨拶が行われた後、地元船橋を拠点に活動する和太鼓サークル「子供和太鼓高野太鼓」によるパフォーマンスが行われました。旧野球狂の会の発起人として、自分たち野球選手に何ができるのかを考え続けてきたという三好監督、震災後に現地で炊き出しなどに参加し、被災者たちの思いを肌で感じてきたという藤田さん、そして「復興太鼓」と銘打った力強いパフォーマンスを披露した高野太鼓の皆さん。いずれからも「復興はまだ終わっていない、これからも支援を続けていかなければいけないんだ」という強い思いを感じました。その後子供たちによるベースランニング対決を経て、いよいよプレーボールです。


 しかし昨日首都圏にいらっしゃった方ならご存知でしょうが、昨日はあいにくの悪天候。試合前のスタメン発表の時からぽつぽつと降り始めた雨は、プレーボール前から本降りに変わり試合進行を大きく妨げました。1回の表裏は何とかプレーできたものの、1回裏が終了した時点で早くもグラウンドは水が浮く状態に。両軍の選手たちが共同でグラウンド整備に奔走しますが、「予定通り最後まで試合が行えないのではないか」という悪い予感が訪れたファンの間で漂います。そして続く2回の表、ついに起きるべきではなかった悲劇が起きてしまいました。


 All Nations先発の大竹秀義投手(富山サンダーバーズなど)は雨のせいか制球に苦しみ、序盤から走者をためる展開に。2回には先頭打者に三塁打を打たれたのをきっかけに、無死満塁のピンチを迎えてしまいます。 それでも後続を打ち取って二死満塁までこぎつけ、打席にはメッツの二番打者・鶴谷。ここで大竹が何とか2ストライクまで追い込んだ後、三振を取りに行ったボールは雨で滑ったか、なんと打者・鶴谷の頭を直撃してしまいます。グラウンドに倒れこんだ鶴谷は起き上がることができず、担架で退場しそのまま病院に搬送。負傷退場者が出たことからこれ以上の試合続行は困難となり、試合は2回表途中で降雨ノーゲームという結末となってしまいました。


 もっとも天候が良くなかったことや、試合中に起きた不慮の事故ということもあって両軍応援団の間でも「こればかりは仕方ない」ということで合意。試合後には病院に搬送された選手の容体を心配しつつ、両軍のファンによる交流や選手による野球少年・少女による野球教室などが実施されました。また会場では近隣の飲食店によりミネストローネスープなどがふるまわれ、参加者たちの冷え切った体を温めるのに一役買っていました。俺もいただきましたがめちゃくちゃおいしかったです。


 俺たちベースボールブリッジのメンバーは、All Nationsの一番打者として出場した田久保賢植外野手(フェルトキルヒ・カージナルス/オーストリア)や、今年のU18アジア選手権でフィリピン代表監督を務めた高橋将人外野手(Philab/フィリピン)、フランスでプレーした中川勇人内野手(シャトーレ・フレンチカブス)にもご挨拶。田久保さんは第1回の時にも参加した俺のことを覚えてくださっており、オーストリアと日本を野球で結びつけるために色々と動いていることなどについて話してくれました。高橋くんとはTwitterではフォロワー同士だったのですが、実際に会うのは今回が初めて。日本とフィリピンのハーフということで、2017年WBCでは山崎康晃投手(横浜DeNA)ら他のフィリピン系日本人プレーヤーとともに、フィリピン代表の一員としてプレーする予定だそうです。


 今回のイベントは、試合自体は残念な結末となってしまいましたが、参加したメンバー全員が野球というスポーツを通じて東日本大震災に対する思いを1つにしたという意味では、非常に意義がある場だったのではないかと思います。メッツ応援団の皆さんからは試合後「来年もまたやりましょう」という温かい言葉をいただきました。別に俺自身はスタンドで太鼓を叩いていただけで、別にイベントの中の人でもなんでもないんですが、それでも何か胸に来るものを感じましたね。試合前のスピーチでもありましたが、このイベントが第5回、第6回と続いていくことで、少しでも支援の輪が広がっていくことを願っています。


 また末尾にはなりますが、頭部死球により負傷退場された東京メッツ・鶴谷選手の無事を心からお祈りしております。命に別状なく、またグラウンドに選手として戻ってこられますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このブログをいつも読んでくださっている方々のうち、特に熱烈なMLBのファンであるという人にとっては、今回の記事は喧嘩を売る行為以外の何物でもないかもしれない。しかし、自分自身としてどうしてもこのテーマを疑問に感じ、また書かずにはいられなかったのでどうかそこはお許しいただきたいと思う。


 元々俺がこの記事を書くきっかけになったのは、つい先日までミスターベースボールの記事コメント欄にて、ある記事を巡ってアメリカ人の指導者と激しく議論をやり合ったことだ。その記事というのは、今月上旬に台湾で行われたU21ワールドカップの最終順位を報じるもの。そのアメリカ人が「この大会にはアメリカもカリフォルニアの大学選抜を送るつもりだったのに、出してもらえなかった。WBSCの陰謀だ」とコメントしたのに対し、俺が「実際に参加した国々が、全国から選手を選抜したナショナルチームを送り込んでいるのに、W杯への地域選抜の派遣なんて認められるわけないだろ。他の49州はどこに行ったんだよ」とかみついたのがきっかけで、侃侃諤諤の議論になった。


 実際の議論ではこのU21ワールドカップについての応酬も少なからずあったんだけど、この記事ではその中でも徐々に中心的な話題となっていった「野球世界一を決めるのはMLBの役割なのか」というポイントについて、自分なりの考え方を披露してみたいと思う。これをきっかけとして、少しでも議論が深まるならこの記事を書いた意義があると思う。ちなみに結論から言うと、俺の考えはNoだ。


 現状ではMLBのファイナルはワールドシリーズと名乗り、それを制覇したチームは一般的に各メディア上では「世界一」と形容されることが多い。しかしよく考えてほしい。MLBというのはあくまでも、アメリカとカナダに本拠地を置く30の国内クラブ(もちろんここでのクラブという表現は、あくまでも国家代表に対する国内チームの呼称であることをあらかじめ明示しておく)の集合体に過ぎない。彼らはあくまでもそれぞれ本拠地とする都市の代表であり、毎年の公式戦で対戦するのも同じ北米の球団だけだ。だとすれば、どうしてそのリーグの優勝チームが北米で一番ならともかく、「世界」で一番になれるというんだろうか?


 例えば、マンチェスターシティが各国の超一流選手を揃え、世界最高峰のプレミアリーグで優勝したからと言って、それだけを以てマンCを世界一のクラブだと呼ぶサッカーファンは、おそらく自分を満足させたいマンCのサポーター以外にはいないだろう。なぜならプレミアリーグはあくまでもイングランドサッカーの王者を決めるための戦いであって、もっと広い意味での王者を決めるのは欧州CLなりクラブW杯の役割だからだ。野球とサッカーではもちろんグローバルな感覚というのは異なるけれど、少なくともそれぞれのコンペティションが負っている役割をごっちゃにしてしまうのは、野球だろうがサッカーだろうが好ましい態度ではない。


 話を野球に戻そう。MLB各球団による年間162試合は、あくまでも北米でのNo.1を決めるためのもの。NPB各球団による年間144試合(来年からは143になる予定だが)は、日本プロ野球のNo.1を決めるためのものだ。この点に関しては、世界中如何なるリーグであろうとも全く変わりはない。もちろん実際には、集まっている選手の質やサラリー、あるいはプレーする環境という面では違いは存在する。その何れにおいてもMLBが世界最高峰のリーグであることは、疑いようのない事実だ。


 だからと言って、それらの要素が元々の選手権の目的まで変えてしまうわけではない。公式戦で実際に他国のチームと対戦することがない以上、彼らとの差は相対的なものでこそあれ絶対的なものではないからだ。その差が本当に絶対的なものであるのかどうか、それを証明することこそがWBCをはじめとする国際大会の役割であり目的なんだと思う。そして全世界のクラブが一堂に会して戦う場がない以上、本当の意味での野球のクラブ世界一を決定することなど今の野球界には不可能だ。だからこそ、野球界における「世界一」とは北米のクラブ選手権に過ぎないMLBではなく、各国の代表チームが集いMLBと世界野球ソフトボール連盟(WBSC)双方から公認されているWBCの優勝チームのみが名乗ることがふさわしいと俺は思っている。


 件のアメリカ人は「そんな理屈は馬鹿げている。我が国の二線級の大学生で構成されたアメリカ代表が、これまでどれだけ国際大会で勝ってきたと思っているのか。今更証明することなど何もない」と言った。もちろん国際舞台でアメリカの大学生たちが、数多くの金字塔を打ち立ててきたことは事実だ。じゃあ現役大リーガーはどうか?実際には、アメリカ代表は過去3度自国で決勝ラウンドを開催してきたWBCにおいて、ただの一度も優勝はおろかファイナリストすら経験していない。自分たちが世界最高と呼ぶリーグのトップクラスのタレント(直近の過去数年間におけるMLBオールスター経験者が数多くいたのだから、こう言って差し支えないだろう)を揃え、第1回大会では同郷の審判からの強力なアシストさえ受けたにもかかわらずだ。これで「証明するものが何もない」とは一体何の冗談なのか。


 同じようにMLBのトップ選手を集めたドミニカ代表は、圧倒的な強さで第3回大会を優勝してみせた。わずか1年前の3月に彼らが見せた圧勝劇を、まさか皆もう忘れたわけではないだろう。本物の王者は、国内リーグだろうが国際大会だろうが関係なく結果が出せるんだ。WBCという大会に対する、アメリカとドミニカ双方での国民の受け止め方やプライオリティの違いを指摘する人もいるかもしれないが、少なくとも同じように1人のアスリートとして国旗を背負ってグラウンドに立っている以上、どんな事情があろうとも勝負に対して一切の言い訳など許されない。ましてや、これまでWBCアメリカ代表に選ばれてきた面々は、多数の辞退者が出る中でも代表のユニフォームを着ることを選んだ者たちなんだからね。


 そもそも国内リーグに「世界一」など決められない。本来「世界一」を決める場である国際大会で結果も出せていない。そして、その舞台で結果を出せないことに対してあれこれと言い訳するような連中に、世界一を名乗る資格などない。たとえどれほど彼らがレベルの高いリーグに所属し、どれほど普段の所属チームでは素晴らしいプレーをしていようともだ。本気で世界一と呼ばれたいなら、WBCの舞台でそのタイトルを手にするだけの相応の準備をしなければならない。現在、公式に野球の世界一決定戦と名乗る大会は、世代別のW杯を除けばWBCしかないんだからね。そこに背を向けたままMLBの優勝チームを世界一と呼称し続けるのは、上で述べたマンCの例ではないがただの自己満足に過ぎない。


 野球界は今、グローバリズムという波の中で大きな変革を迫られている。上でこれまで述べてきたような議論は、そうした変化を経験する中で生まれてきたこれまでの伝統との矛盾や、その葛藤の結果と言えるかもしれない。MLBの優勝チームを世界一として誰もが是認していた時代は確かにあって、俺自身その時はむしろそういう考え方だった。しかしWBCという国際大会によって世界一(WBSCの前身であるIBAFがWBCを公認したことによって、その地位は確固たるものになった)を決めるという新たな仕組みができた以上、俺たちファンの側も含めてその常識は過去のものとすべきだ。パラダイムシフトを起こすきっかけとなったのは、他でもないMLB自身なんだからね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

(1)ブンデスリーガの2015年度リーグラインナップが決定!!

 ドイツ野球・ソフトボール連盟(DBV)が、2015年シーズンにおける野球とソフトボールのブンデスリーガ1部のリーグラインナップを発表しました。


 今回発表された顔ぶれは、野球・ソフトボールとも今シーズンと大きな変わりはありません。野球ブンデスリーガは、来季も南北2地区制のシステムと北地区7・南地区8の球団数が維持されることになり、来季からの16球団制復活はなりませんでした。北地区ではドーレン・ワイルドファーマーズが2部降格の一方、新たにハノーヴァー・レジェンツが既報の通り2部から昇格。南地区ではバッド=ハンブルグ・ホーネッツとトゥービンゲン・ホークスの2球団がともに残留し、今季と同じ顔ぶれで来季も争うことになっています。


 一方、ソフトボールブンデスリーガは来季も引き続き7球団1地区制に。今季の参加チームからはブラウワイラー・レイジングアボッツが脱退し、代わってフリージング・グリズリーズが昇格を果たしています。今季は野球の方ではゾーリンゲン・アリゲーターズが久々にチャンピオンとなり、勢力図に地殻変動が起こりました。来シーズンはどこが王座を手にすることになるのか、非常に楽しみです。両競技のリーグラインナップは以下の通り。


野球ブンデスリーガ

北地区

・ゾーリンゲン・アリゲーターズ

・ボン・キャピタルズ

・パダーボーン・アンタッチャブルズ

・HSVスティーラーズ

・ケルン・カージナルス

・ドルトムント・ワンダラーズ

・ハノーヴァー・レジェンツ


南地区

・レーゲンスブルグ・レギオネーレ

・ハイデンハイム・ハイデコッフェ

・マインツ・アスレチックス

・ハー・ディシプルズ

・シュツットガルト・レッズ

・マンハイム・トルネードス

・バッド=ハンブルグ・ホーネッツ

・トゥービンゲン・ホークス


ソフトボールブンデスリーガ

・ヴェッセリンク・フェルミンズ

・ニュルンキルヒェン・ナイトメアーズ

・ハンブルグ・ナイツ

・ハー・ディシプルズ

・マンハイム・トルネードス

・カールスルーエ・クーガーズ

・フリージング・グリズリーズ


ソース:http://www.mister-baseball.com/status-quo-german-baseball-softball-leagues-2015/


(2)ジョナサン・ワグナーがアスレチックスへ、ディシプルズは外野手が出戻り

 そのブンデスリーガでは、さっそく移籍劇が複数起きました。シュツットガルト・レッズのジョナサン・ワグナー捕手(23)は、同地区のマインツ・アスレチックスに移ることが決まっています。


 ドイツ産の捕手プロスペクトで、次のドイツ代表正捕手にとの期待も高いワグナーは、2009年にデビューを飾った新鋭。昨年オフにマンハイム・トルネードスからレッズに加入したばかりで、わずか1年で再び南地区の球団の間を渡り歩くことになりました。アスレチックスでは退団したアンドリュー・ジョーンズ捕手に代わり、正捕手としてマスクを被ることが期待されています。


 一方、レッズやアスレチックス、トルネードスと同じ南地区のハー・ディシプルズは、グレゴア・ピーラー外野手の復帰とデビッド・セルジュマイヤー捕手との1年間の契約延長を発表。ピーラーは2010年にディシプルズでプレーした経験を持っており、今回はそれ以来のチーム加入となります。今季はレギオナルリーガ(3部リーグ)のインゴルシュタット・シャンザーでプレーし、打率.364、4本塁打という成績を残しました。チームではコンディショニングコーチとしての役割も担う予定です。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/catcher-jonathan-wagner-leaves-stuttgart-reds-mainz-athletics/

http://www.mister-baseball.com/haar-disciples-add-outfielder-resigns-catcher/


(3)ポーランド連盟が新役員人事を発表、リーグ構成も変更

 ポーランド野球・ソフトボール連盟(PzBall)が、来シーズンにおける新たな連盟人事とリーグレギュレーションを発表しました。


 連盟の新会長には、リチャード・クロミック氏が就任。ポーランド代表監督にポール・ソラースキー氏、スカウティングディレクターにジョン・ドブコフスキー氏など、その他のスタッフの顔ぶれも決定されています。また、国内1部リーグであるエキストラリーガは来季から南北2地区制を導入することが決定。北地区にはスタール・クトゥノ、ワルシャワ・センタウリー、デビー・オシェルコ、ワルシャワ・フェニックスの4球団、南地区にはゲパルディ・ゾリー、シレジア・リブニク、ベースボール・ヴロクラウ、デモニー・ミエスカ・ゴルカの4球団がそれぞれ配属されることになりました。両地区の会長には、ピョートル・パスクツキー氏(北地区)とアルカディウス・ズルコフスキー氏(南地区)が選出されています。


ソース:http://www.mister-baseball.com/board-league-polish-baseball-softball-federation/


(4)アルベルト・ディオーリア氏がネットゥーノ2の新監督に

 イタリア・IBLに所属するネットゥーノ2が、イタリア代表アシスタントコーチのアルベルト・ディオーリア氏(47)を来季の新監督に迎えたことを発表しました。


 現役時代は内野手として旧セリエA1で22シーズンプレーした他、イタリア代表としても120試合に出場した経験を持つディオーリア氏は、現役引退後は指導者として長年イタリア代表の指導に携わってきました。ネットゥーノ2で彼を支えるコーチとしては、マッシミリアーノ・マシンとマルコ・バルボーニの両氏が既に内定。さらに4人目のコーチが近々発表される予定だということです。ユースプログラムの指導にはピエトロ・チャンフリグリア氏が当たることになりました。また球団は、新たに介護サービス会社であるエンジェルサービス社と3年間のスポンサー契約を結んだことも発表しています。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/alberto-dauria-manager-nettuno-2/

http://www.angels-services.biz/

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。