欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 例年、他国と比べると選手の移籍が非常に小規模にとどまる傾向がある、スイス・ナツィオナルリーガAのストーブリーグ。しかし、この2013-14年オフはその傾向に異変が起きています。これまでに前例がないレベルで、大規模な移籍劇が頻発しているのです。


 そもそものきっかけとなったのは、エンブラック・ムスタングスとウィル・デビルズの両軍が、昨季限りで2部のナツィオナルリーガBへの降格を決めたこと。デビルズはともかく、ムスタングスは昨季レギュラーシーズン3位でプレーオフのファイナルにも進出したチームだけに、今年からの2部落ちには唐突感も漂うのですが、何はともあれこの2球団の1部脱退を端緒として、主にムスタングスに所属していた選手の争奪戦が残る6球団の間で勃発。それに伴い、各球団の間で玉突き式に移籍が頻発する事態となったのです。


 特に今オフ、ド派手に動きまくっているのがチューリッヒ・バラクーダーズ。ハリー・ウィシュニュースキー外野手、ジョシュ・クロース内野手、シュテファン・プリビッツァー外野手(いずれも前ムスタングス)、マルク・オブッシアー内野手(前ベルン・カージナルス)というスイス代表のレギュラーメンバー4名を獲得したのに加え、昨年はカージナルスでプレーしていたアメリカ人のアルバート・マルシネク捕手とも契約しました。さらに、新たに新外国人投手の獲得に動く予定であるとのことです。


 バラクーダーズと並ぶもう1人の主役となっているのは、ルツェルン・イーグルス。チューリッヒ・チャレンジャーズから代表の2枚看板の一角でもあるアンドレア・ギラソール投手を獲得したのに加え、投手と外野の二刀流をこなすドイツ出身のパトリック・マイアー外野手とも契約しました。さらに、アメリカ出身のマイケル・セットル、ギリシャ系カナダ人のアンディ・オルファナコスといった新外国人も獲得。チームは現在、カージナルスのサミュエル・ポーリーノ内野手との入団交渉に臨んでいるとか。


 チャレンジャーズはカージナルスから、代表メンバーのライアン・バーン投手を獲得することで大筋合意しました。今のところ、出入りの激しい今オフでは例外的に昨季と比べて大きな陣容の変動はなさそうです。一方のサーウィル・フライヤーズは、昨季のリーグ最優秀打者賞を受賞したアメリカ出身の二刀流右腕、ジョシュ・タンバ投手に代わる新戦力の獲得が急務となっており、現在昨季までの所属選手たちとの残留交渉に臨んでいる状況。代表メンバーのダニエル・レヴァイン投手は残留の見込みとなっています。チューリッヒ・ライオンズからは今のところ補強に関するインフォメーションはなく、その動向は謎のままです。


 そして、今オフでの最大の「被害者」といっても過言ではないのが昨季王者カージナルス。今オフは主力級が相次いで退団や引退を決めており、文字通り今季に向けてクリティカルなダメージを受け続けています。リーグMVPのパトリック・ローソン投手を筆頭に、バーン、マルシネク、ラファエル・ハンジ内野手、マルティン・ガイガックス外野手、アンジェロ・ロドリゲス内野手の退団が既に決まっています。昨年までチームを支えてきた彼らの穴を埋めるのは楽ではなく、ここ最近握り続けてきたリーグの覇権を一気に失うことになるかもしれません。


 こうしたドラスティックな移籍劇が展開されたことにより、2014年シーズンはスイス球界でも歴史に残るレベルのタフで競争力の高い1年となる見込み。カージナルスの一強時代が終焉を迎えたことは間違いなく、今オフ新たにロースターに加えた選手の顔ぶれを見る限りでは、バラクーダーズが新時代の旗手となりそう。残る3枠を、フライヤーズ、チャレンジャーズ、イーグルス、カージナルスが争う展開となると思われます。ここ最近は代表チームがBグループで光る活躍を見せてくれているスイスですが、今年は国内リーグの戦いもいつになく熱くなりそうです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/winter-hot-stove-2014-busy-offseason-switzerland/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(1)ケビン・フェアリースがケルン・カージナルスに復帰

 ドイツ・ブンデスリーガ北地区のケルン・カージナルスが、ケビン・フェアリース内野手(32)がチームに復帰すると発表しました。


 オランダ出身のユーティリティプレーヤーであるフェアリースは、2005年から2008年までの4年間カージナルスでプレー。その後プルハイム・ゴファーズを経て、ドルトムント・ワンダラーズに移籍していました。昨季は14試合出場で打率.240、出塁率.321、長打率.300、8得点、4打点をマーク。久々にプレーするカージナルスでは、守備固めやスポット的な先発出場などで出番がありそうです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/kevin-faries-returns-cologne-cardinals/


(2)ジャスティン・キューンの弟がマンハイム・トルネードスへ

 同じブンデスリーガのマンハイム・トルネードスが、新加入選手としてスペンサー・キューン投手(22)と契約したことを発表しました。


 昨季ドイツ王者のレーゲンスブルグ・レギオネーレでプレーする、ジャスティン・キューン投手の実弟であるスペンサーは、最速90マイルの速球を投げる右投手。アイオワのダブキュー大学時代は、公式戦で打率.300を記録するなど野手としても高い能力を発揮してみせました。一昨年のWBC予選ではドイツ代表の一員としてもプレーした兄のように、リーグを代表する投手になれるかどうかに注目したいところです。


 トルネードスは今オフ、コディ・パケット新監督やマテオ・ディアンジェロ投手、エマニュエル・フェブレス内野手といった新戦力を補強。スペンサーは今オフ3人目の補強選手となります。また、先日球団ではフロントの新たな人事を決定。ペーター・エンゲルハルト氏が新球団代表、ミヒャエル・フライエンシュタイン氏が新GMに就任することも決まりました。


ソース:http://www.mister-baseball.com/mannheim-tornados-bring-spencer-kuehn/


(3)ファビオ・ミラノが仕事のためボローニャを退団

 イタリア代表のベテラン左腕であるファビオ・ミラノ投手(36)が、所属するUGFフォルティチュード・ボローニャ1953を退団することになりました。


 ミラノは退団の理由について、アメリカでの野球以外の仕事のオファーがあったことから、イタリア国内でのプレーができなくなってしまったと説明。ただ、レギュラーシーズンでのプレーは叶わないものの、プレーオフではチームのためにプレーしたいという意思はあるようで、今シーズンは新しい勤務先となるシカゴ近辺のセミプロリーグに加わって、ポストシーズンでの登板の機会を待つ意向だということです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/fabio-milano-longer-bologna-moves/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2009年3月7日。プエルトリコ・サンファンの地において、優勝候補筆頭とまで言われたドミニカ共和国を破るまでは、オランダ代表は世間一般ではほぼ全く無名の存在といってよかった。わずか3安打、適時打無しでの白星は不恰好に見えたかもしれないけれど、プロセスはともかく筋金入りの強豪相手の番狂わせという結果を残したことこそが、多くの野球ファンの目を彼らに惹きつけるきっかけとなった。そのわずか3日後、本気モードになった同じドミニカ相手にまたも白星を飾ったことで、その実力がフロックなどではないことも証明された。


 それまでにもシドニー五輪でキューバに土をつけたりと、国際大会ではそれなりの結果を残していたオランダではあったけれど、周りの見る目が明らかに変わったのは間違いなく、あの2試合がきっかけじゃなかっただろうか。そこから先の躍進ぶりは今更語るまでもない。2年後のパナマでのW杯では、決勝でキューバを破って最初で最後の金メダルを見事獲得。昨年のWBCではベスト4に入り、大リーガー相手にも立派に戦えるということを証明してみせた。


 もし今、この2014年から2009年3月7日のプレーボール直前に戻って、ドミニカンたちの大花火大会を期待するファンたちに「君たちが咬ませ犬と信じて疑わないあのオレンジのチームは、これから国際野球の主役の一角になるぞ」と教えたらどう反応されるだろう。賭けてもいい、間違いなく鼻で笑われたはずだ。でも今、彼らは間違いなく野球というスポーツの歴史を塗り替え、この世界そのものを変え始めている。かく言う俺自身も、5年前のあの試合がなければ今頃は国際野球ブロガーとして活動することもなく、こうして記事を書いていることもなかっただろう。


 俺が言いたいのは、この人間社会において新しい価値を生み出し、人々に対してそれを提示し、巡り巡っては世界を変えるという行為に、周りの評価や知名度は必ずしも必要ではないということだ。例え、周囲から取るに足らない存在とみなされてきたような人物であっても、やり方次第ではいくらでも主役になれる。そして現代は、社会のモブキャラだった人間が表舞台へと飛び出していく、そういう転身のチャンスが今までと比べて増えた時代でもあると思う。


 つい3日前、俺はベースボールブリッジの仲間たちとともに、原宿で開催されていた「世界の野球写真展」にギャラリーとして参加した。以前の記事でも書いたとおり、主催者の若杉雅也くんは職業カメラマンじゃない。就活に失敗したことをきっかけにカメラ片手に日本を飛び出し、定職に就くことなくひたすら写真を撮って回っていた、いわばニートだ。失礼ながら、この写真展が開催されるまでは知る人ぞ知る人物といった趣で、決して誰もが知る有名人というわけじゃなかった。


 それでも、この写真展は参加した人たちに間違いなく非常に大きな影響を与えた。イベントそのものもメディアにおいて少なからず報じられたし(イベント後に知ったことだけど、まさかMSNのニュースサイトでもトップページに取り上げられているとは思わなかった)、Twitterでも決して少なくない人たちがイベントに対して好意的なコメントを寄せていた。いや、俺の知る限りネガティブな内容のツイートは1つたりともなかったんだ。イベントには関東の国際野球ファンも皆集結し、お互いに親交を温め意見交換も活発に行う非常にいい機会になった。


 今回の写真展の成功に、俺は本当に心から勇気づけられたんだ。またまた失礼な言い方になってしまうけど、若杉くん自身は決して裕福なわけでもなく、非常に経済的には厳しい中で活動を続けている。路上で写真を販売したり、ホストになって活動費を稼いだりと、様々な苦労を重ねてきたのは俺も知るところだ。でも、世界中を飛び回って野球にまつわる風景をずっと撮り続けてきたという、他の人には真似できない突き抜けた武器があったからこそ、こういう新しい価値をイベントという形で世の中に提示できた。それは、本当に大きな意義があることだと思うんだ。


 俺だって、国際野球ブロガーとして決して少なくない人々から応援していただいているけれど、この社会の中ではまだまだ一般人の1人に過ぎない。国際野球に係る活動を始めてから、テレビやラジオといったメディアに何かしらに出たわけでもないし、元プロ野球選手や野球好きの芸能人のような大衆レベルでの知名度だってない。もちろん金持ちですらない。もし、今の俺のことを大物か何かと誤解している人がいたら、それは大きな間違いなので今すぐ頭の中の認識をアップデートすべきだ。冷静に見て、俺は今の自分自身のことをそんな風には全く思っていないし、変に驕るつもりも毛頭ない。


 でもはっきり言うけど、国際野球に関連した様々な知識の量とそれを文章として具現化する能力、そこに実際に携わる人々との間にあるコネクションという面に関しては、俺は他人にはそうそう負けないよ。これらは俺にとって非常に大きな拠り所だし、野球というスポーツに携わるうえでの重要な武器になるものだ。事実それがあるからこそ、この欧州野球狂の詩だって毎日コンスタントに1000以上のアクセスを頂けるようなブログになっているし、それを通じてまた様々な人と知り合うこともできている。


 そして、このブログをきっかけに集まった信頼できるクルーたちとともに、今は現実の野球界にも小さくとも影響を及ぼせるようにもなってきている。イランのユース世代の代表監督選考に関与し、去年は用具も現地に送った。全日本大学野球連盟の幹部の方にも面会したし、ベースボールブリッジ結成前にはダルビッシュのお父上にも会いに行っている。非常に地味かもしれないけれど、こうした活動をきっかけに向こうの動き方も少なからず変わってくる。これを一つ一つ地道に積み重ねていけば、いつかはもっと規模の大きな活動だってできるようになるはずだ。


 もちろん、世の中の仕組み全てを一気にひっくり返せるだけの力は俺たち一般人にはない。そんなものは逆立ちしたって出てこないと断言する。でもなにか1つ流れを変えるきっかけを作ること、新しい価値観を生み出すための最初の波を生み出すことくらいは俺たちにだってできるんだ。金がない、知名度がない、人付き合いが苦手、だからなんなんだ?そんな悩みは俺だって全部ずっと抱え続けてきた。大事なのは誰にも真似できない武器をなにか1つでも見つけること、夢を現実にするために自分のやるべきことをきちんとやること、そして一歩前に踏み出す勇気を持つこと。それができれば、たとえ数えきれないほどの無名戦士の1人であろうとも、この社会に対していい意味で一発かますことはできるんだ。


 野球普及の活動という意味では、MLBの方がずっと規模が大きいしやることも派手だ。でも、同じ目標を抱えて汗を流しているのは何も彼らだけじゃない。ここ日本にも、野球というスポーツの発展を夢見て動き続けている人たちは、本当にたくさんいる。そして彼らの大半は、日があたらなくとも目標を見失わずにずっと歩み続けてきた市井の人々なんだ。


 もし、フィールドの外にも番狂わせという物があるのなら、やってやろうじゃないか。ないないづくしの無名の日本人が、たった1つの武器を手に世界を変える。もしそれが実現できれば、こんなに痛快なことはないはずだ。胸に抱いている夢は途方もなく大きいし、実現まではまだまだ遠いけど、挑戦を諦めて歩みを止めるつもりなんてこれっぽっちもない。些細なことで膝をついてなんかいられないよ。俺が抱いている夢は、ベースボールブリッジのメンバー全員の夢であり、日の当たらない場所でプレーし続けている数千万の野球選手たちの夢なんだからね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。