欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

(1)ボローニャがアジアシリーズに参加へ!?

 台湾から予想もしなかったようなニュースが飛び込んできました。11月15日から20日まで台湾で開催予定のアジアシリーズ2013について、参加を予定していた中国棒球協会(CBA)がチームを組むことが難しいとして参加を断念。代わりに、今年のヨーロッパカップを制したUGFフォルティチュード・ボローニャ1953(イタリア)が、特別招待チームとして参戦すると報じられたのです。


 台湾の報道サイト「TSNA」によれば、CBAは今年度のアジアシリーズについて「4年に1度行われる、日本でいうところの国体にあたる全国運動会(全運会)が終わった後、多くの選手たちが引退する意向を示していること」「アジアシリーズに出場するうえでチームを組むことが難しい状況であり、残念ながら大会に参加することが困難であること」を伝えてきたとか。今年度の主催者である台湾の中華職業棒球大連盟(CPBL)が、この知らせを他の参加連盟(日本のNPB、韓国のKBO、オーストラリアのABL)に伝えるとともに、水面下でボローニャ側にも打診をしたところ「非常に光栄な話であり、喜んで招待をお受けしたい」との返答があったとのことです。


 こうした「台湾で開催される国際大会への中国の不参加」は、政治的な理由などもありこれまでも実際に起きてきました。今回同様に台湾で開催された2011年にも、中国は招待を受けていたものの結局参加せず。再び同じような事態が起きてしまったことは残念です。ただ一方で、ヨーロッパ王者が初めてこの大会にやってくることになったというのは、欧州野球ファンの立場からすると朗報であることは間違いなし。果たして彼らがどんな戦いを台湾の地で見せてくれるのか、大いに期待しましょう。


ソース:http://www.tsna.com.tw/index.php?q=node/45906


(2)第10回EBCA総会がブリュッセルで開催へ

 ヨーロッパ野球コーチング協会(EBCA)の第10回総会が、来月8日から10日までの3日間の日程で、ベルギー・ブリュッセルのマリオット・コートヤードホテルで開催されることになりました。


 今回の総会では、例年同様ヨーロピアン・コーチ・オブ・ザ・イヤーの選出投票や、長きにわたって功績を積み重ねてきた指導者への表彰、そしてゲストスピーカーによる講演が行われる予定です。ゲストスピーカーとして参加するのは、トム・オコネル、ビル・スプリングマン、ロン・ウォルワース、デーブ・ケイリッツ(以上アメリカ)、ジェフ・クラッシェル(カナダ)、フランス・ボッシュ、マルティン・ネイホフ(以上オランダ)、ギャビン・ケリー(アイルランド)の各氏。このうちスプリングマン氏は、MLBのツインズで打撃コーディネーターを務めている人物であり、国際球界における最高峰レベルのノウハウが、ヨーロッパの指導者たちに伝授されることになりそうです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/10th-ebca-convention-brussels-set-highprofile-speaker-lineup/


(3)ジョナサン・スコープが本塁打でメジャーデビューを飾る

 オランダ代表の正二塁手として、2011年W杯優勝や2013年WBCでのベスト4に貢献したジョナサン・スコープ内野手(21)が、アメリカ現地時間の25日に行われたブルージェイズ戦で、鮮烈なデビューを飾りました。


 9-5でオリオールズが勝利したこの試合、スコープは「8番・二塁」で先発出場すると、6回にブルージェイズの3番手カイル・ドレイベックからソロ本塁打を放ち、デビュー戦で一発を放つという大仕事をやってのけます。この日の試合ではセカンドとしてフル出場し、3打数2安打3得点1打点。今後に大きな期待を持たせる一戦となりました。ちなみに、この試合はブルージェイズの川崎宗則内野手(31)が「2番・DH」で先発出場、5が数4安打の大爆発を見せた一戦でもあります。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/jonathan-schoop-debuts-mlb-home-run-game/

http://scores.espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=330925101


(4)ケプラーなど4選手がアリゾナ秋季リーグに参戦へ

 そのスコープを含む国際野球ファンにはおなじみの若武者4人が、10月8日から始まるアリゾナ秋季リーグ(AFL)に参戦することになりました。


 今回参加が決まったのはスコープの他、マックス・ケプラー=ロシツキー(ドイツ、ツインズ)、アレックス・ソガード(チェコ、アストロズ)、ギフト・ンゴエペ(南アフリカ、パイレーツ)の3名。今年のAFLはグレンデール、メサ、スコッツデール、ピオリア、サプライズ、ソルトリバーの6チームで行われることになっていますが、4人はそれぞれケプラーがグレンデール、ソガードがピオリア、スコープがサプライズ、ンゴエペがスコッツデールでプレーすることになっています。


 MLB30球団におけるトッププロスペクトのみに参加権が与えられ、文字通り次世代のスーパースターたちが集う場となっているAFL。そこに選ばれることになったということは、この4人が将来的に一軍でも主力となることを期待されている証と言えます。ケプラー、スコープ、ンゴエペの野手3名には大爆発を、ソガードには相手打者をねじ伏せる快投を期待したいですね。それではここで、4名のマイナーでの今シーズンを振り返ってみましょう。


(1)マックス・ケプラー=ロシツキー(ツインズ)

 ドイツ・ベルリン出身の20歳の若武者は、故障の為に今シーズンの前半を棒に振ることになってしまった。今回は、過去にAFLに参戦した同郷の先輩たちである、ドナルド・ルッツ(レッズ)とカイ・グロナウアー(メッツ)の後を追うことになる。今季はA級シーダーラピッズで61試合に出場し、打率.237、出塁率.312、長打率.424、9本塁打、3三塁打、11二塁打、35得点、40打点という成績を残した。


(2)アレックス・ソガード(アストロズ)

 26歳の遅咲きの左腕は、ちょうど1年前に行われたWBC予選ドイツラウンドで、チェコ代表の一員としてプレーした。今季はAAA級オクラホマシティとAA級コーパスクリスティの2チームで計38試合に登板、2勝1敗で防御率は6.00だった。48イニングを投げて37の三振を奪う一方、29の四球を与えている。


(3)ジョナサン・スコープ(オリオールズ)

 メジャーで本塁打デビューという鮮烈な活躍を見せた21歳の若武者は、ケプラー同様今シーズンはけがに苦しんだ。マイナーではAAA級ノーフォークで70試合に出場。打率.256、出塁率.301、長打率.396、9本塁打、11二塁打、30得点、34打点という成績を残している。


(4)ギフト・ンゴエペ(パイレーツ)

 南アフリカ出身の23歳は、今年MLB傘下での5年目のシーズンを戦った。今季はAA級アルトゥーナとA+級ブラデントンで合計100試合に出場。打率.212、出塁率.324、長打率.326、3本塁打、5三塁打、17二塁打、46得点、22打点を記録している。


ソース:http://www.mister-baseball.com/kepler-sogard-schoop-ngoepe-preliminary-arizona-fall-league-rosters/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 また、起きるべきではないことが起きてしまった。日本野球連盟(JABA)が、先日ドジャースとマイナー契約を結んだ沼田拓巳投手(19、エディオン愛工大OB BLITZ)を、24日付で除名とし再登録も認めないという処分を下した一件だ。ヤフーのトップニュースなどでも紹介されているので、ご存知の方もおそらく多いだろうと思う。


『日本野球連盟、ド軍契約の沼田を除名処分…再登録も認めず』(デイリースポーツ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000037-dal-spo


 この処分を下した理由について、日本野球連盟は「日本野球連盟の競技者身分のままドジャースと契約したこと」「NPBとの申し合わせ事項により、NPB球団がドラフトで獲得できない身分であるにもかかわらずMLBの球団と契約したこと」などを問題視したと伝えられている。前者に関しては、報道を見る限りでは確かに規定をしっかりと把握していなかった沼田投手サイドの手落ちであるように思えるし、これは擁護のしようがないだろう。


 ただ、俺が違和感を覚えるのは後者の方だ。NPBとの申し合わせ事項があることを理由に、日本人選手がMLB球団と契約を結んだことに対して処分を下すのは、果たして適当なことと言えるんだろうか。そもそも、JABAが問題としている日米間の選手獲得についてのルールは、きちんとした実態を以て存在しているものなのか?今回は俺が不自然だと感じたこの部分について掘り下げ、果たしてJABAの行動が正当なものなのかについて考察してみたい。


 まずは、NPB、MLB、JABAの三者の間で、選手の移籍や獲得についてのルールがどのようになっているのかどうかを見てみよう。NPBとJABAの間には、NPBによるJABA所属選手の獲得についての申し合わせ事項が前述のとおり存在し、これによれば社会人チームに所属して2年が経過しない選手は、NPBのドラフトにかけることはできないことになっている。現在はNPB球団に選手として入団するためには、育成選手も含めてドラフトにかからなければならない規定になっているため、これはすなわち「社会人球界に1度入れば、2年間はNPBには入れませんよ」ということを意味する。


 またNPBとMLBの間では、「お互いのドラフト候補になっているアマ選手には、手を出さないようにしようね」という紳士協定がある。これによって、安易な引き抜き合戦を防ごうというのが目的になるわけだけど、実はこの紳士協定というのが曲者で、端的に言えば「双方の暗黙の了解」でしかない。契約書はもちろん、(法的拘束力のない)覚書すらも存在しないような存在であり、その気になれば「いつでもひっくりかえせるような」代物に過ぎないんだ。


 そしてMLBとJABAの間には、そのような協定自体がそもそも存在しない。JABAの立場としては「NPBを通じて、MLBには協定の順守をお願いしている」という状況なんだけど、そもそもNPBとMLB両者の取り決め自体が実体のないものであるうえ、JABAとMLBの関係はNPBを通じた間接的なものにすぎない以上、MLB側に「約束を守ってもらう」ための根拠としてはあまりに薄弱だと言わざるを得ない状況だ。


 これらを見たうえで、改めて問い直したい。JABAが沼田に課した「除名」という処分は、果たして適正と言えるだろうか。俺はノーだと思う。そもそも選手との契約という超重要事項について国際取引をするうえで、双方が守るべき成文化された共通ルールの1つも作れないということ自体、完全に間違ってるよ。はっきり言って国際常識が全くないし、「お前ら国家レベルでやる仕事舐めてんのか」と言われても仕方ない。


 俺が今ベースボールブリッジで取り組んでいる、イラン代表の日本人指揮官候補を現地に派遣するプロジェクトも、まさにこうしたことの積み重ねで続けているものだ。どのように物事を進めていくのか、あるいは監督候補者の現地での行動予定については、逐一相手にこちらの要求をはっきりと伝えたうえで、双方が合意した内容をWordやExcelにまとめている。日本人同士のやり取りであれば、お互いに同じ文化の中で育っているから行き違いは少ないだろうけど、相手とのバックグラウンドがまるっきり異なる海外との取引ではそうはいかない。暗黙の了解だけで進めると必ず認識の違いが起きるし、トラブルが起きた時に誰も責任を取れなくなってしまうんだ。


 今回の沼田の一件は、まさに日米間での「認識の違い」が起きたことが原因だと俺は思う。日本の立場からすれば、「今年のNPBドラフトに参加できない立場」である沼田をドジャースが獲得したことは「NPB球団が獲得できないのをいいことにいきなり横取りした、卑怯な行為だ」と映るかもしれない。しかし、ドジャースサイドからしたらどうだろう。「今年のNPBドラフトにかからない選手であるということは、沼田は紳士協定でいうところの『ドラフト候補』ではない。従って我々が接触を控えるべき選手ではない。そもそも、JABAとMLBの間には選手移籍に関するルール自体がないのだから、我々が獲得したとしても問題はないじゃないか」と解釈されたとしても何ら不思議なことじゃないだろう。


 そういう解釈の違いを生む余地を与えてしまったこと、これは明らかにJABAのミスだと言わざるを得ない。もし、「NPBドラフトにルール上かけられない選手」の身分も含めて縛っておきたいのであれば、きちんとMLB側と選手移籍に関する協定を(文書ベースで)結んでおくべきだったんだ。もちろん、NPBも同様にね。そもそもそういう備えをしていなかったから今回のような事態が起きたのに、それを棚に上げてドジャース側に対して「遺憾の意」を表明する。これは同じ日本人の俺からしてもはっきり言って理解不能だよ。


 結果的に、この一件のしわ寄せは全て契約してもらった側である沼田に、「除名処分」という最悪の形でいってしまった。これは絶対に看過してはならないだろう。既に述べたような移籍に関する協定を結ぶこと、これは選手自身の身分をきちんと保護するという意味でも大事なことなんだ。その重要な作業を怠っておいて、選手1人に全部責任転嫁する行為が卑怯なものと言えないなら、この世の中の正義や倫理は一体どうなってしまうんだ?


 もちろん、「JABA競技者の身分のまま契約したこと」「チームにも知らせないまま契約の話を進めたこと」など、沼田にも落ち度はある。だから、彼が何らかの処分を受けることそのものに関しては別に異論はない。ただ、それにしても厳重注意などの他の処分で十分事足りたはずで、除名までする必然性は感じられない。犯罪行為を行ったわけでもない19歳の若者に下す処分としては、あまりにも重すぎるんじゃないのか?


 今回の「沼田事件」を見ていて改めて思うのは、あまりにも日本球界の構造が歪すぎる事、もっとシンプルで明快な形で運営していくべきだということについてだ。いい加減、日本のプロアマはお互いに「縄張り争い」なんてやめるべきじゃないのか。元々違う組織として発展してきただけに、自分たちの「シマ」は守りたい。でも、完全に関係を断絶したら日本球界が立ち行かなくなるから、小手先の取り決めで何とかする。そうやってやれプロ志望届がどうの、プロ経験者による学生への指導制限がどうのと、事をわざわざやたら複雑にしてきた結果、その歪みの間でこういう悲劇が起きてしまったんだ。


 同じ野球人同士、いつまでこんな不毛なことやるつもりなのさ?もう余計な垣根なんて全部取っ払って、誰の目から見ても分かりやすい形の日本野球にしてくださいよ。こんな事件が起きたって、結局最後は誰の得にもならないんだからさ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 読者の皆様、大変お久しぶりです。ここのところあまりに忙しく、このブログを更新するのも本当に久しぶりのことになってしまった。いつも更新を楽しみにしてくださっている皆さんには、執筆が止まってしまい本当に申し訳ない限りだ。こんなに更新の間が空いてしまったのは、一体いつ以来だろう?


 もちろん、しばらくブログ更新から離れていたのは別にサボっていたからでも、体調を崩したからでもない。現在ベースボールブリッジで取り組んでいる、イラン代表監督の推薦の件がここ最近急展開を迎えており、その対応と本業の仕事に取り組むので精いっぱいの状況になっているからだ。まだ色々と不透明な要素は少なからずあるので、具体的にはまだ今の状況を明かすことはできないけれど、とりあえず近いうちに現地に候補者を送り込めそうだということ(その準備に色々手間取っているわけで)だけは書いておきたい。詳細な情報に関しては、また然るべき時が来た時にお伝えする予定なので、どうぞご期待ください。


 さて、その下準備に追われながら毎日過ごしているうちに、このブログで取り上げるべき色々な情報も数多くがすっ飛んでしまった。例えば、今季のヨーロッパ各国リーグのスコア速報については、ヨーロッパカップが始まったあたりから国際大会に注力したこともあって、プレーオフにおけるそれも含めて完全に手つかずになってしまっている(これに関しては、シーズン順位とプレーオフの結果だけでも後日まとめようと思う)。そしてこれも非常に重要なことなんだけど、ベースボールブリッジが今月8日を以て結成1周年を迎えたことも、本来オンタイムで報告すべき事項だった。


 既に2週間以上も経過している状態で、今更この場を借りて言うのも遅きに失したというレベルでないほど遅いんだけど、このチームの発起人兼初代代表として無事1周年を迎えることができたのは、本当に嬉しいことだと思っている。もちろん、これはリーダーである俺1人の功績だなどとは全く思っていない。「野球を国際的メジャースポーツの仲間入りさせたい」「野球マイナー諸国における野球のビジネス的価値をもっと高めたい」という俺の目標に共鳴して、同じ船に乗り込んでくれたメンバーたち、TwitterやFacebook、あるいはリアルな場において俺たちをサポートしてくれる協力者の方々、そして俺たちメンバーにとっての最大の理解者であるそれぞれの家族。そのどれか1つでも欠けていたなら、俺たちはここまで来れていなかったんだからね。


 自分たちをこれまで支えてきてくれた全ての人たちに対しては、本当に心からの感謝の言葉を伝えたいと思う。でも、言うまでもないけれど俺たちはここで歩みを止めるつもりなんて毛頭ない。結成1周年というのは1つの重要な区切りではあるけれど、逆に言えばまだ立ち上げて1年しか経っていないということでもある。今取り組んでいる活動だって、その規模は本来俺がやりたいと思っているもの、描いているビジョンからは到底程遠い状態だ。まだまだやらねばならないことは山ほどあるし、ここからもう1段階ギアを上げて突き進んでいかなければと思っている。


 その記念すべき1周年を迎えた今、実は俺はこの組織の運営についていくらかの危機感を感じている部分がある。それは、良くも悪くも俺自身が絶対的な軸となっている、今のクルーの在り方についてだ。俺は今のベースボールブリッジの中で唯一、過去1年間にわたって行ってきた全てのMTGと理事会に顔を出したメンバーになっている。それは別に自慢するようなことでもなんでもなく、俺自身は代表としてそれが当然だと思っているし、メンバーもそのことを自然なこととして受け入れてくれている。ただ問題は、クルー全体への俺のコミットメントが何らかの理由で薄れてしまった時に、他のメンバーがどれだけ自律的に動けるかだ。


 今、俺は冒頭にも触れたようにイラン代表監督の件で時間を追われているけれど、今後様々なプロジェクトを立案し実行していく中で、今回のように俺が自ら外部との交渉の場に立つ(特にイラン関連の交渉の場合、俺がかつて日本への移籍を支援した相手でもある、アミール・カーリグ・サケット投手との関係がベースになっているという事情もあって、なおさら俺が直接出ていかなければいけない状況になっている)ことはこれからさらに増えてくるだろう。その交渉で俺が手一杯になっている間は、俺としても正直他の所までは手が回らない。そういう時に重要になってくるのが、クルーの他のメンバーたちがどう行動してくれるかなんだ。


 実際(これもまだ構想段階なので、現段階で詳細を表に出すことはできないけど)、現段階のチームの中においても、既に非常に壮大で規模の大きなプロジェクトについてのアイデアが上がってきている。仮に着手すると決めた場合、これを実現するにはどんなに楽観視しても10年はかかるし、野球界(というよりスポーツ界)の外の「業界」にいる人々とも手を組むことになるだろう。もちろん、実現のために今までとは比較にならないほどのマンパワーが必要になることも忘れちゃいけない。これは俺たちが取り組む予定である、あらゆるプロジェクトに共通して言えることだ。だからこそ、悪く言えば俺自身に「おんぶにだっこ」になってしまっている今のベースボールブリッジの運営方式は、少なくともどこかの段階で方針転換が必要だと思っているんだ。


 だから、2年目の大きなテーマとしては「主体的なフォロワーシップの構築」を掲げたい。組織の先頭に立ってチームを引っ張る資質がリーダーシップなら、フォロワーシップとは「リーダーの周りの人々が彼と同じ方向を向いて、リーダーと同じように考え、行動する」資質だ。1年目は俺ばかりがあれこれと仕事を抱え込みすぎてしまっていた部分も多かったので、2年目はもっと(実質的な意味で)他のメンバーにももっと仕事を任せていきたい。それはチーム全体が持つポテンシャルをフルに発揮するためでもあるし、各々に主体性を持たせて「俺はこのクルーの中で必要不可欠な存在なんだ」という実感を持ってもらうためでもある。こちらも手つかずになっているNPO法人格の取得も合わせて、組織改革は非常に重要なテーマとなるだろう。


 もちろん、これまで築いてきたベースボールブリッジの「いい部分」は残していきたい。便宜上役員とそれ以外との登記上の違いはあっても、基本的には上下関係や「上司と部下」という概念が存在しないフラットな組織であること。体育会系独特の殺伐とした雰囲気がなく、年齢やキャリアに関係なく誰もが自由に物を言えて、「これだ」という意見やアイデアはどんどん採用し実行する風土であること。たとえ他の社会集団の中で「変わり者」とみなされてきたような人間であっても、同じ志を持っていると認めれば仲間として受け入れること。これらは、例え俺たちが結成何周年を迎えようと変わらずに残しておきたい文化だ。


 1年という時間は長くもあるし、また短くもある。俺たちにとっては、2012年9月8日からの365日間はあっという間だったけれど、同時にこの日々の中で自分たちの優れている部分も劣っている部分も、色々と見つけることができた。だから2年目は1年目と比べれば、必要以上に手探りでいかなくても済むだろう。長所は伸ばし短所はうまく補う、その姿勢でこれからも進んでいきたい。次の365日間で自分たちがどれだけ進化できるか、それが本当に楽しみだよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。