欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 今年の夏を大いに沸かせた高校球児たちが、一堂に会する高校日本代表。彼らが世界と相対する数少ない舞台である、AAA世界選手権がいよいよ明日、韓国・ソウルで開幕します。


 今大会に参加するのは、日本・韓国・台湾・オランダ・チェコ・イタリア・アメリカ・カナダ・ベネズエラ・パナマ・コロンビア・オーストラリアの、全12か国。6チームずつの2グループに分かれて、総当たり形式の第1ラウンドを戦った後、両グループの上位3チームずつが第2ラウンドに出場。第2ラウンドでは、それぞれが第1ラウンドで対戦していない国と戦い、第1ラウンドを含めた成績上位2チームが、9月8日の決勝に出場することになります。


 この大会に出場する日本代表は、高校野球ファンからも非常に注目を集めています。というのも、今回の代表ロースターには、藤浪晋太郎(大阪桐蔭)、浜田達郎(愛工大名電)、大谷翔平(花巻東)のいわゆる「高校ビッグ3」が、揃って名を連ねているから。特に、エースナンバーを背負う160km右腕の大谷は、県大会決勝で敗れて惜しくも甲子園出場を逃しただけに、今大会はある意味ではリベンジマッチと言えるかもしれません。


 また、注目すべきは野手陣も同様。特に、田村龍弘と北條史也の光星学院コンビは、破壊力満点の長打力を誇る3・4番コンビとして注目され、甲子園でも揃って活躍を見せました。田村は捕手登録ながら、今回は小倉全由監督(日大三高)が、正捕手に森智哉(大阪桐蔭)を据える方針であることから、三塁手として起用されることが濃厚。打線ではもちろん、守備でも三遊間コンビを組むことになるこの2人は、日本にとってまさに鍵となる存在と言えるでしょう。


 とはいえ、このブログにとっての注目株は、もちろん我らが日本代表だけではありません。既述の通り、今大会にはヨーロッパ勢3チームが参戦。そのうち、チェコとイタリアは日本と同組で、しかもチェコは日本にとっての開幕戦の相手となるのです。日本の野球ファン誰もが注目するビッグ3と、知る人ぞ知るヨーロッパの超新星とのマッチアップ。国際野球ファンにとっては、まさに垂涎物と言って然るべき対戦カードなんです。


 今回のチェコ代表のロースターには、特に注目すべき3人の選手が名を連ねています。ヤコブ・オンドラチェク、フィリップ・モステク、アダム・ハイトマーという面々は、2009年にアメリカ・ペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われた、リトルリーグのサマーキャンプに参加。ウィリアムズポートは、つい先日日本代表(東京北砂)の優勝で幕を閉じた、リトルリーグワールドシリーズの会場であり、同リーグにとってはまさに聖地と言える場所です。この3人は、前年にリトルリーグのプログラムを始めたばかりのチェコにとっては、まさにユース世代の宝と言える存在というわけ。


 当時、3人をアメリカに率いたデビッド・ウィンクラー氏は、今大会でもチェコ代表の指揮官として、彼らとともに日本に挑みます。方や名門中の名門と言える強豪校で、まばゆいスポットライトを浴びながら成長を続けてきた野球エリート。方や一部のコアファン以外からの熱視線を受けることなく、「日の当たらない場所」で黙々と牙を研ぎ続けてきたダークホース。この両者が1点で交わる開幕戦は、全く違う道筋を歩んできた球児たちのプライドが、激しくぶつかり合う場所となることは間違いないでしょう。


 一方のイタリアは、今月初めにお伝えしたMLBヨーロッパアカデミーにも参加した、ダビデ・アンセルミ、マルテン・ガスパリーニ、ロレンツォ・グラダーリ、ロレンツォ・マエストリといった面々を、代表ロースターに揃えてきました。今月15日に日本テレビの「1億人の大質問!?笑ってこらえて」にも登場した、U-15代表の注目の捕手、セルジオ・チェスタレッリは、「16~18歳まで」という年齢制限のために、残念ながら今大会への出場はなりませんでしたが、世界最高峰リーグが惚れ込んだ才能がずらりと並んだ今回のメンバーは、日本にとっても侮れない存在と言えるのではないでしょうか。


 もちろん日本人である以上は、日本代表の優勝を全力で願っている俺ですが、一方で国際野球ファンとしては、特にヨーロッパ勢が彼らに簡単にひねられるところは、できればあまり見たくないのも本音。既にシニア年代においては、W杯でのオランダ世界一や、マエストリ(オリックス)とリッディ(マリナーズ)のWアレックスの存在により、ヨーロッパ野球の実力は日本でも評価され始めていますが、高校年代においてもヨーロッパ勢が日本とも互角にやれるのだというところを、できれば示してもらいたいですね。日本のスターたちを相手にどこまで食らいつけるか、そのあたりも1つの見どころとなりそうです。


 今年度限りで、現行のAAA世界選手権としては廃止され、来年からはMLBとIBAFが共催する「U-18WBC」に移行することが決まっているこの大会。1つの区切りとなる一戦だけに、有終の美を飾るにふさわしい熱戦になってほしいところです。ドリームチームで挑む日本代表には、ぜひ表彰台の中央で笑ってもらいたいものですね。なお、この大会での日本戦の模様は、第1ラウンドは朝日ニュースター、第2ラウンド以降はBS朝日で中継されるそうです。熱戦に期待しましょう。


ソース一覧

http://www.ibaf.org/en/competition/53f63b49-49b3-437f-9f81-dcc5f0ab06a0

http://www.mister-baseball.com/czech-players-attend-league-baseball-camp-williamsport/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年、四国アイランドリーグPlusの香川オリーブガイナーズから、オリックス・バファローズに移籍を果たした、イタリア代表右腕のアレックス・マエストリ(27)。26日に行われた対西武戦(大阪ドーム)に先発し、見事来日初完投勝利をマークしました。


 序盤から、得意のスライダーが冴えていたマエストリは、西武が誇る中島裕之・中村剛也の3・4番から、計5つの三振を奪う快投を見せます。自慢の速球も最速149kmをマークするなど、好調ぶりを見せつけました。最終的には、9回を投げ切って11奪三振、被安打はわずかに4。しかも無四球という素晴らしい内容の投球で、チームの7-1での勝利に大きく貢献しています。


 一軍デビュー後のマエストリの成績は、ここまで3試合に投げて2勝1敗、防御率1.77。20回1/3を投げて19奪三振に対し、与えた四球はわずかに2つと、文句なしの投球を続けています。カブス傘下のAA級テネシー時代、オーストラリア・ABLのブリズベン・バンディッツ時代、そして今年7月までの香川においても、いずれもリリーバーとして主に起用されていた彼ですが、先発に転向してもここまで見事な快投ぶりを見せているというのは、彼を追いかけてきた1人として本当にうれしく思います。


 彼がここまで見せている活躍には、個人的には単なる一助っ人の好投以上の意味がある気がしますね。NPBにとっては史上初の、イタリア国籍を有する投手ということで、これまでヨーロッパの野球にあまり目が向いていなかった日本のファンに対しても、ヨーロッパにおいて野球文化が確かに存在するという事実を、強く印象付けることに成功しているのは、Twitterなどでの彼に対する反応を見ても明らか。もちろん、既に「イタリアが欧州を代表する強豪国である」ということが常識化している、俺たち国際野球ファンにとっても、マエストリの好投は大はしゃぎするに値するニュースであることは、言うまでもないでしょう。


 マエストリ1人が無論全てではないにせよ、仮にも東アジア最高のプロ野球リーグであるNPBにおいて、イタリア人がこれだけ結果を残せるという事実は、イタリア野球そのもののレベルが、日本とほぼ対等なものに近づいてきている、ということを実証しているとも言えるかもしれません。2年前のインターコンチネンタルカップで、プロ二軍選抜で臨んだ日本代表は、イタリアに2安打完封負けを喫しました。しかし、その試合で先発したコディ・チッロは、あくまでもイタリア系アメリカ人。他のイタリア人投手と同様、ハードシンカーを多投するスタイルとはいえ、「イタリア人が日本とも野球で渡り合える」ということを証明することには、必ずしもならなかったのではないでしょうか。


 しかし、今回のマエストリは違います。チェゼーナ生まれリミニ育ちの、純粋なイタリア人投手。アメリカ行きを果たしたのは、2006年の第1回WBC以降ということなので、野球選手としても完全にイタリア産ということになります。だからこそ、彼の好投は「イタリアは、もはや単なるヨーロッパ2強の一角ではない」事を証明するものとして、これ以上ない絶好の事実なんです。


 1981年、日本初のイタリア人選手として、阪神でプレーしたスティーブン・ラムは、2年間で通算64試合出場、打率.257、4本塁打、16打点と結果を残すには至りませんでした。それから約30年が経った今、マエストリはここ日本における、イタリア人野球選手に対するイメージを覆そうとしています。彼の好投によって、ヨーロッパ野球が日本のファンにとって、もっと身近なものになって欲しい。そしてゆくゆくは、オランダやイタリアだけではなく、ドイツ・スペイン・チェコ・フランスといった、他のヨーロッパ諸国における野球も、もっと受け入れられるようになってもらいたいですね。年俸僅か220万円という格安助っ人ですが、その右肩が背負うものは、おそらく他のどの選手よりも大きいはずです。


ソース:http://www.mister-baseball.com/alessandro-maestri-strikes-11-complete-game-npb/

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 来年のヨーロッパカップ本大会の出場枠を賭けて、予選からの勝ちあがりチームが戦うプレーオフが、スイス・チューリッヒのヘレンシューリ・スタジアムで先週末に行われ、ベルン・カージナルス(スイス)がモンペリエ・バラクーダーズ(フランス)を、通算2勝1敗で破って優勝を果たしました。


 今回のプレーオフは本来、今年度の本大会での最下位チームである、ホボーケン・パイオニアーズ(ベルギー)も交えた、3チームによるトーナメントとなるはずでした。しかし、パイオニアーズがプレーオフへの出場を辞退したことから、大会はカージナルスとバラクーダーズの一騎打ちに。25日に行われた第1戦では、初回に暴投2つで2点を先制したバラクーダーズが、4-2で逃げ切って勝利したものの、翌26日の第2戦では、先発カイル・オーアが3回8失点と大炎上し、結局8-9で敗戦。カージナルスが、1勝1敗のタイに持ち込みます。


 そして、第2戦に引き続き行われた、勝負の第3戦。第2戦に続き、打撃戦となったこの試合は、2009年夏の甲子園決勝を思い起こさせるような、ドラマティックな一戦となりました。カージナルスは2回、アンジェロ・ロドリゲスの適時打などで2点を先制すると、3回にもジョニー・ペリーゴの適時打などでさらに2点を追加。序盤でスコアを4-0とし、試合の主導権を握ります。その後も快調に得点を積み重ねたカージナルスは、8回裏の終了時点で11-2とリード。このまま、バラクーダーズは大差で敗退するかと思われました。


 ところがその9回表、後がなくなったバラクーダーズが猛反撃に出ます。先頭のポール・ラングロワがストレートの四球で出塁すると、これを足がかりに一気に無死満塁のチャンス。ここで、この試合で先発マウンドに立ちながら、4回1/3で6失点(自責点5)と結果を残せず、途中からセンターに回っていたアンディ・ピッチャーが、左中間に2点適時二塁打を放ち、反撃の狼煙をあげます。さらに、続くアンソニー・クロスも中堅に2点適時二塁打。一死を挟んでジュローム・フェリスも適時打を放ち、この回一挙5点。スコアを7-11とし、驚異的な粘りを見せつけます。


 その後も、さらに相手先発のジョン・バウムを攻めたてたバラクーダーズは、二死二、三塁というチャンスを作ったものの、10人目の打者として再び打席に立ったラングロワが、惜しくも遊ゴロに倒れて万事休す。最後の反撃も及ばず、カージナルスがシリーズに決着をつける2勝目を手にしました。バウムは被安打10で7失点(自責点6)を喫しながらも、何とかバラクーダーズの猛攻をしのいで、完投勝利を挙げています。


 今回の白星は、カージナルスの選手たちにとってももちろんですが、それ以上にスイス球界全体にとっても、非常に意味あるものとなりました。というのも、今回のカージナルスの優勝により、スイスのチームに史上初めて、本大会への出場枠が与えられることになったからです(実際にスイスリーグから本大会に出場するチームは、今シーズンの最終的な結果により決まるので、カージナルスが今回の勝利によって、自動的に本大会出場を決めたわけではありません。詳しい仕組みについてはこちら を参照)。


 ここ最近、クラブでも代表でも急速にレベルアップを果たしているスイスですが、今回のカージナルスの優勝は、それを裏付ける大きな勲章となったのではないでしょうか。来年、果たしてスイスのどのチームが、ヨーロッパのトップクラブたちと相まみえるのかは分かりませんが、戦うからには彼らの胸を借りるつもりで、いい結果が残せるようベストを尽くしてもらいたいですね。今年の予選において、エスポー・エキスポズ(フィンランド)が見せたような、「まさか!?」と驚かせるような躍進に期待したいところです。


プレーオフ結果


25日

モンペリエ・バラクーダーズ(フランス)4-2ベルン・カージナルス(スイス)


26日

ベルン・カージナルス9-8モンペリエ・バラクーダーズ

ベルン・カージナルス11-7モンペリエ・バラクーダーズ(通算2勝1敗でカージナルスが優勝)


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/european-cup-playoff-bern-montpellier-zurich-weekend/

http://www.mister-baseball.com/european-cup-playoff-bern-cardinals-clinches-apool-spot-switzerland/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。