欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 2009年WBCでの2度のドミニカ撃破と、2011年W杯でのキューバを破っての初優勝。ここ数年、オランダが相次いで成し遂げてきた大物食いは、ヨーロッパ野球の成長ぶりを見せつけたことももちろんだけど、それ以上に大きなこととして、俺たちファンが漠然と抱いていた「錯覚」を解いてくれた、ということも挙げられる気がする。


 WBCの前、おそらくほとんどの野球ファンが「MLBのスタープレーヤーを集めたチームほど強い(ただし日韓とキューバを除く)」という風に考えていたと思う。MLB専門誌「SLUGGER」も、当然日本以外では、アメリカやドミニカ、ベネズエラといった、トップ選手が多数名を連ねるチームに重きを置いていた(もちろん、彼らの主戦場を考えても、それはやむを得ないことだったとは思うけど)。オランダとドミニカの試合を見ていた人間にしても、「ラミレス、オルティス、テハーダが並ぶドミニカ打線、やばいな」「オランダの選手とか、誰も知らないんだけど」といったように感じたかもしれない。


 ところが、実際に敗れたのはオランダじゃなく、ドミニカの方だった。かたや辞退者も多かったとはいえ、それでもMLBのトップ選手を揃えたドミニカ。かたや現役大リーガー不在、マイナーと国内組の、国際的には無名選手ばかりだったオランダ。彼らの明暗を分けたのは、一体なんだったのか。それは、単純な個々の選手の能力だけでは、測れない領域にあったと思っている。


 もちろん前提として、個の実力に優れている選手を集めることは絶対に必要だ。投手陣、打撃、走塁、守備、あらゆる場面において、国際大会で戦えるだけの実力を備えた選手を揃えられなければ、たとえどんなに優れた戦術を持っていたとしても、結果を残すことはできない。早朝野球のチームを、野村克也やトニー・ラルーサといった稀代の名将が率いたところで、大リーガー相手に勝てるわけがないのは当然だろう。勝つためにはもちろん、選手の質も非常に重要なんだ。


 ただ、それ自体は必要条件ではあっても、十分条件ではない。たとえ個々の選手の能力が優れていたとしても、それだけで国際大会で勝てるわけじゃないんだ。1試合の重みが、日本なら144分の1、アメリカなら162分の1で済む国内リーグとは違って、国際大会には常に、それならではの要素が数多く絡んでくる。負けられない一発勝負としてのプレッシャー、データの少ない投手相手の戦い、慣れない気候の中でのプレー、突然の雨天中止や順延、さらには宿舎での食事や会場への輸送時のトラブルなど。ヨーロッパ選手権を過去20回制し、それ以外にも五輪やW杯、インターコンチネンタルカップなどにも数多く出場してきたオランダの選手たちは、こうした大会での経験を通じて、何があっても動じない鋼のメンタルを手に入れた。だからこそ、強豪相手にも臆することなく、向かっていくことができたと思う。


 一方のドミニカは、確かに選手としての才能や、MLBで残してきた実績は素晴らしいものの、こうした大会での経験値は絶対的に不足している。これまで、大リーガーは国際大会に出る機会がなかったんだから、それも当然だ。さらに言えば、ドミニカの野球は野手でいえば「MLBで3割30本100打点を残す野球」であって、チームとしてのプレーはそこまで重視されない。だからこそ、WBCでの対オランダ第2戦で、延長11回裏に追いつかれてから、必要以上にドタバタしてしまった。そうした落ち着きのなさから、自分たちのペースでプレーできなかったことが、ドミニカの最大の敗因だろうと思っている。


 今、オランダと同様に国際試合での結果を積み、どんどん成長しようとしている国が、同じヨーロッパにある。チェコだ。元々、東欧の超新星として、国際野球ファンの間では早くから注目されている国だけど、ここ数年の彼らの本気度には、目を見張るものがある。今年など既に下記の通り、数多くのイベントへの参戦・開催国となることが決まっているんだ。


・ヨーロッパ選手権

・WBC予選

・U-21ヨーロッパ選手権(開催国)

・U-15ヨーロッパ選手権(同)

・U-12ヨーロッパ選手権(同)

・プラハベースボールウィーク(同)

・スコアラー対象クリニック(同)


 プラハベースボールウィークは、毎年自前で開いている大会だから別としても、ヨーロッパ選手権を1年で3つも、自国でホストするというのはかなり異例のことだ。相当のマネジメント能力と、資金力がなければ到底できない芸当だし、その都度大会スポンサーも見つけなければいけない。これだけ多くのイベントを開こうとしているあたり、「とにかく参加できるもの、開催できるものには片っ端から手を出す」という意気込みが感じられる。


 他にもチェコは、前述のプラハベースボールウィークの試合を、国営テレビ「Ceskatelevize」が中継したり、(http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10934328984.html )、世界大学野球選手権の開催国にもなったりと、野球強化への熱意に対する逸話は尽きない。五輪種目でなくなった今、これだけ熱意を持って取り組んでいるのは凄いことだろう。そして重要なのは、こうした取り組みは今後を考えても、きちんと報われる可能性が高いということだ(もちろん、現時点で断言はできないけど)。


 特に、年代別の大会をホストすることになったのは大きい。どんな分野でも共通して言えることだけど、早い段階から多くの経験を積んで、色々な状況に慣れておくことは、成長するうえで絶対に必要なことだ。チェコのケースにしても、こうした国際大会を開き、そこに開催国として参戦することで、まだ10代のうちから国際大会での戦いの特徴に、しっかり適応することができるようになるだろう(開催国になれば、無条件で100%大会に出られるわけで、そういう意味では賢いと思う)。結果がどうあれ、そうした機会が保障されているという点は重要だ。


 現時点では、チェコはフランスあたりと同格の、ヨーロッパの中堅国の扱いだけど、この先こうした経験値を多くの選手が積み重ね、同時に個々のレベルも磨き上げていくことができれば、いつかオランダのような大物食いを成し遂げ、国際レベルでの強豪国として名乗りを上げることも可能だと思う。同時に、今アメリカのマイナーリーグには、チェコ人の有望株が少なからず送り込まれている。彼らが厳しい競争を勝ち抜き、そうした経験を代表戦にも持ち込むことができれば、それは必ずいい影響を与えることになるはずだ。かつては日本の某監督に「(野球をやっていたとは)知らなかった」と言われてしまったチェコだけど、いつかきっと強くなって、日本のトップレベルとも好ゲームができるようなチームになって欲しい。その日が来るのが、本当に楽しみだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【管理人注】

 この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。


・主人公は、ポルトガル代表の主力打者(27歳、右投左打、マドリード・スーパースターズに所属)

・舞台は2044年7月のスペインとポルトガル

・スペイン6、ポルトガル4の合計10球団からなる、「リーガ・プロフェシオナル・デ・ベイスボル・デル・イベリア」というリーグが存在している(オランダやスペイン、チェコなどの32チームが加盟するEUBLの、実質的な下部組織)


(ここから本文)

 3年ぶりのリーグ制覇に向けてスタートした今季、その目標通りに順調に白星を重ねている、マドリード・スーパースターズ。144試合中86試合を消化した現在、2位のBCポルトに3ゲーム差をつけ、リーグの首位を快走している。その中心にいるのが、5ツールを兼ね備えた27歳のポルトガル人外野手だ。


 「今年はここまで、ずっと気持ちよくプレーできているよ」と、チームの三番を務めるリカルド・ロベルト・デ・ソーサは語る。「打撃でも守備でも走塁でも、驚くほど調子がいい。僕だけじゃなく、チーム全体として上昇気流に乗っている感じがあるね。今は暑い盛りだけど、投手陣にも夏バテしている面々は少ないし、離脱者が少ないのは大きな強みだろうと思う。このまま、秋口まで突っ走っていきたいね」


 リカルドの役回りは、去年の「一番・二塁」から「三番・中堅」へと、大きく様変わりした。彼自身が秘めるスピードとパンチ力を、さらに生かしたいという考えがあっての選択とはいえ、打順と守備位置の「同時コンバート」は、プレーする側にとっては大いにタフなことだったはずだ。しかし、リカルド自身は「センターは(古巣BCポルトの)ユース時代にもやっているし、それがチームのためなら」と、文句ひとつ言わずにその選択を受け入れた。そしてその選択はここまで、驚くほどに彼自身やチームに対して、大きな成功をもたらしている。


 現時点でのリカルドの成績は、86試合全てにフルイニング出場して、打率.327、16本塁打、57打点、27盗塁。打率自体は昨季の.346からは下がっているものの(それでも十分に高打率だが)、既に本塁打数は自己最多の13本を超え、打順変更が正解だったことを物語っている。母国ポルトガルのデータ会社は、彼の今季終了時点での成績を「打率.334、25本塁打、79打点、42盗塁」と予測した。5ツールを備えた三番打者としては、十分すぎるほどの数字で、彼のコンバートを決断した指揮官、ディエゴ・フエンテスにしてみれば、まさに万々歳だろう。


 そうした活躍ぶりを買って、既に「欧州トップリーグ」たるEUBLの多くのクラブが、リカルドに対して触手を伸ばしている。既に判明しているだけでも、イタリアのダネッシ・ネットゥーノ、チェコのテクニカ・ブルノ、イギリスのクロイドン・パイレーツとロンドン・メッツ、そしてつい2週間ほど前には、ライバル都市であるはずのバルセロナに本拠を置く、ベースボール・バルセロナまでもが、獲得を前提に本人と接触したと伝えられた。チームの財政状況から、今季限りでの移籍は確定事項とみられており、そのためスペインや母国ポルトガルのファンの間でも、リカルドの移籍先がどこになるのかが話題となっている。しかしリカルド自身は、現時点でその答えを口にする気はないようだ。


 「今の段階で、来年の自分の所属チームがどこになるかについて、語るつもりはない。なぜなら、現時点での僕はまだ、マドリード・スーパースターズの一員なんだからね。今はとにかく、チームのタイトル獲得に集中したいんだ。どんなアスリートにとっても、キャリアと移籍の問題は避けて通れないテーマだけど、僕がそれについて口にするのは、今シーズンが終わってからでも遅くはないはずだよ」


 リカルドの気質は、一般的に「陽気で楽天的、良くも悪くもファジー」とイメージされるラテン系プレーヤーのそれとは、大きく毛色が異なっている。いたって真面目で慎重な性格で、チームのためにハードワークを惜しまず、自分自身の不満をぺちゃくちゃと口にすることもまずしない。両親ともポルトガル(父はリスボン、母はアブランテス)出身で、純粋なポルトガルネイティブであるにもかかわらず、チームメイトから「まるでドイツ人みたいだ」と評される彼が生き残ってきたことは、溢れる才能を持ちながらも、メンタル面の欠陥から表舞台を降りていく、他の数多くのラテン系プレーヤーとは対照的だ。


 もっともリカルド自身も、時には大きな「爆弾」を投下することもある。3か月前には、自身も選出されているポルトガル代表の在り方について「移民の割合が高すぎる」と発言し、大いに物議をかもした。現在のポルトガル代表において、本国出身のネイティブプレーヤーは、3分の1にも満たない。ブラジルやカーボベルデといった、同じポルトガル語圏の旧植民地、隣国のスペイン、そしてキューバやパナマなどの中南米諸国からの帰化選手が、代表においても主力を務めているだけに、この一言はなおさら衝撃的なものとして伝わった。結果的に、協会から厳重注意処分を受けた彼自身は、この発言について次のように釈明している。


 「僕がああいう風に口にしたのは、自分と同じネイティブの若手選手が、ここ数年台頭していないことに対して、危機感を持っていたからさ。確かに、実力のある移民を受け入れれば、短期的には強くなるだろうけど、長期的な視点で見れば、選手の供給源を外に頼らざるを得ないことは、決していいことじゃないと思う。あくまで、ポルトガル代表のベースはポルトガルにあるべきだよ。もちろん、今一緒にプレーしている選手たちには他意はない。彼らは、人間的にも能力的にも素晴らしいチームメイトで、心からリスペクトしているよ。でも、彼らがある意味半自動的に、代表でのポジションを確約されている現状は問題だ。ネイティブと移民の選手同士での競争状態が生まれて、お互いに高め合うような環境がなければ、結果的にどちらのためにもならない」


 トップリーグ所属ではないとはいえ、今やイベリア半島を代表するプレーヤーとなったリカルド。スペインでもポルトガルでも、早くもその人気はトップレベルだ。そして彼の上昇志向は、クラブレベルにおいても代表レベルにおいても、非常に強いものとなっている。さらに上のステージを目指し続ける彼の眼は、一体今どこに向いているのだろうか。


 「さっきも言った通り、来年以降の所属クラブがどうなるかについては、まだ語る予定はない。ただ、例えどのクラブでプレーすることになっても、見る人を大いに沸かせられる、楽しませられるプレーヤーでありたいとは思っているよ。そのための努力は惜しまないつもりさ。そして、僕自身はポルトガル代表の一員であることを、本当に誇りに思っている。目標は、まずヨーロッパ選手権の本大会に出ることだ。そして、その先にあるWBCにも出場したい。ポルトガルは、まだどちらにも到達したことがないからね。できれば、この目標は自分が現役のうちに叶えたいと思っている。自分がチームを引っ張る立場であることは自覚しているし、そのためにベストを尽くすつもりだよ」


(本文ここまで)


 いかがでしたでしょうか。今回は、ポルトガルに焦点を当ててみました。現在でも、欧州4強に数えられる隣国スペインと比べると、ポルトガル野球は欧州レベルにおいても、まだ目立った存在とは言えません。しかし一方で、インターナショナルコーチングクリニックの開催に動くなど、徐々に強化に向けての動きが出てきていることも、また事実。いずれはリカルドのような、才能にあふれた選手が出てきてほしいですね。もっとも、記事の通りに移民に依存してる状態であっては困りますが(苦笑)。


 実はこの移民依存のテーマは、同様にネイティブの割合が非常に少ない、イギリス代表に対して掲げたものでもあります。近々、イギリス野球の将来がどうなるのかというテーマで、分析記事を書こうかと思っているので、その時にまた、この問題には触れる予定です。ご期待ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 イギリス・NBLに所属するハーツ・ファルコンズが、今季からの新入団選手として、新たにクリストバル・ヒッケ内野手と、ジェイク・マイケルズ投手の獲得を発表しました。先日獲得がアナウンスされた、アメリカ人のロビー・アンセル投手に続く新入団選手となります。


 ヒッケは一塁と外野を主戦場として、アメリカで高校、大学、セミプロのリーグでキャリアを積んだ他、チリ代表の一員としてもU-12、U-16の各チームでプレー。現在はシニア代表の一員にもなっています。2002年に、ブラジルにある国際野球アカデミーに参加し、そこではキューバ代表の一員として、1992年と1996年の五輪で2連覇を達成した、ラザロ・バルガスとともにプレーしました。その後グレンダーレコミュニティカレッジなどを経て、2008年から2010年は、プロ復帰を目指すマイナーリーグ経験者で作る、メサ・セミプロリーグでプレーしました。


 昨年はリーガ・ヴァレー・デル・ソル(詳細は不明ですが、チリの国内リーグでしょうか?)のティブロネスというクラブでプレーし、リーグのMVPにも輝いています。高校以来公式戦では投げていないということですが、左腕ということもあって、ファルコンズでは左のリリーフとしても起用される可能性があるとか。過去2シーズン、苦杯をなめているファルコンズですが、ヒッケは2012年シーズンの戦いを、非常に楽しみにしているようです。本人はクラブに対して「僕はNBLでプレーするのは初めてだけど、ロビーのような素晴らしい選手を獲得したクラブのために、国内タイトル獲得に向けてベストを尽くさなきゃいけないと思っている。成功のカギは、常にコンディションを保ち、強力な投手陣を形成することだ」と語っています。


 一方ニューヨーク出身のマイケルズは、こちらもセミプロのハドソンバレー・ナショナルリーグ(HVNABA)のアスレチックスというクラブで、過去4年間にわたってプレーを続けてきました。主に投手と三塁手としてプレーし、通算で打率.391、長打率.500という目覚ましい数字を残しています。昨年は安打数(2位)、二塁打数(2位)、打点数(4位)でリーグのトップ5入りし、また本塁打も2本記録していることから、ファルコンズの本拠地グローブヒル・ボールパークでは、彼の打撃力が大いに相手チームにとって、脅威となることが期待されているよう。


 イギリス系アメリカ人であることから、2006年にはU-19イギリス代表としてのプレー経験を持ち、今季は新設されるU-23代表の一員として、夏のボストン遠征への参加も有力視されているマイケルズ。旧所属クラブのアスレチックスから「彼に代わるプレーヤーを探すことは、決して簡単なことではない」と評価されている彼は、既にイギリス入りしているとのことで、ファルコンズのスプリングトレーニングに参加しているとのこと。彼もまた、新しい所属先に対して強い思いを抱いているようで、クラブに対しては次のように語っています。


 「今回の僕らの加入によって、ファルコンズはプレーオフに進出することはもちろん、リーグタイトルを獲れるようなチームになったと信じている。ロビーやクリス、あるいは僕のような選手は、攻守両面にわたってチームに大きな力をもたらせるだろう。他のチームの投手たちは、特にうちの上位打線と対戦することを、今年は安パイだとは思わない方がいいだろうね」


 ファルコンズのリー・マニング監督は、アンセルに続く2人の新加入を、心から喜んでいる様子。「クリスとジェイクは、どちらも既に戦う準備ができているし、チームにも順応できている。まるで、彼らは何年も前から、一緒にプレーしてきた選手みたいだ。どちらも非常に高いレベルでプレーを続けてきた選手だし、チームにとても大きな力を与えてくれることを期待したいね」


ソース:http://www.mister-baseball.com/herts-falcons-add-reinforcements-atlantic/

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。