欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 欧州野球連盟(CEB)とドイツ野球・ソフトボール連盟(DBV)が、2018年に開催を予定していたヨーロッパ選手権を2019年に先延ばしし、翌年に控える東京五輪の予備予選大会として開催することに合意しました。2007年以来、12年ぶりに同大会が奇数年に行われることとなります。

 

 今回のリスケジューリングは、予選ラウンドの開催にあたって調整を進めている世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)からの要請に基づくもの。まだ正式なアナウンスはされていませんが、WBSCは2019年ヨーロッパ選手権の上位5チームと、アフリカからの最上位チームを合わせた6チームで、2020年3月に予選ラウンド(以下OQT)を開催したい意向を持っているとのこと。このOQTで優勝したチームが自動的に五輪出場、2位チームは他の大陸での予選を勝ち抜いたチームとの世界最終予選(ファイナルOQT)に進むことになりそうです。

 

 次回のヨーロッパ選手権は、2015年9月にドイツがホスト国として指名され、ゾーリンゲン・アリゲーターズとボン・キャピタルズの両球団がサポートクラブとして協力することになっています。この大会では2次ラウンド以降の対戦形式も変わり、従来の1試合総当たり形式からノックアウト制(準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝)に変更されました。これは、大会での戦いをよりシビアなものとし、チームやファン、スポンサーにより良い環境を提供するためのものである、とCEBでは説明しています。

 

 2019年ヨーロッパ選手権には、既に前回大会で10位以内にランクインした国々がエントリー済み。オランダ、スペイン、イタリア、ドイツ、チェコ、ベルギー、フランス、スウェーデン、イギリス、クロアチアがその面々となっています。残る2か国は、今年と来年に行われる予選大会でこれまで通り決定される予定です。

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/european-championships-moved-2019-part-tokyo-2020-qualification-fomat-change-final/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オーストリアリーグ(第1~3節)

 

第1節

21日

ウィーン・ワンダラーズ5-1ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

 

22日

トライスキルヒェン・グラスホッパーズ9-14ストックシティ・カブス

トライスキルヒェン・グラスホッパーズ4-5ストックシティ・カブス

ハード・ブルズ16-3フェルドカーシュ・カージナルス

ハード・ブルズ8-3フェルドカーシュ・カージナルス

アタナン=プッシュハイム・アスレチックス8-4カフシュタイン・バイキングス

アタナン=プッシュハイム・アスレチックス12-1カフシュタイン・バイキングス

ウィーン・ワンダラーズ0-6ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

 

第2節

29日

トライスキルヒェン・グラスホッパーズ3-13ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

トライスキルヒェン・グラスホッパーズ5-4ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

ウィーン・メトロスターズ9-10ウィーン・ワンダラーズ

ウィーン・メトロスターズ3-2ウィーン・ワンダラーズ

フェルドカーシュ・カージナルス1-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス

フェルドカーシュ・カージナルス0-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス

 

30日

ドーンビーン・インディアンス4-6カフシュタイン・バイキングス

ドーンビーン・インディアンス20-0カフシュタイン・バイキングス

 

第3節

6日

フェルドカーシュ・カージナルス7-6ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

フェルドカーシュ・カージナルス1-22ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス

ウィーン・メトロスターズ6-5ハード・ブルズ

ウィーン・メトロスターズ13-5ハード・ブルズ

ストックシティ・カブス13-0カフシュタイン・バイキングス

ストックシティ・カブス19-0カフシュタイン・バイキングス

 

7日

ウィーン・ワンダラーズ1-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス

ウィーン・ワンダラーズ5-8アタナン=プッシュハイム・アスレチックス

 

※ドーンビーン・インディアンス‐トライスキルヒェン・グラスホッパーズ2連戦は雨天中止

 

 今年からリーグ名称が「ベースボールリーグ・オーストリア」に変更され、レギュレーションも東西2地区に分かれての10球団体制となったオーストリアリーグ。レギュラーシーズンでは、各チームが同一地区のチームと各4試合、反対側の地区のチームと各2試合の計26試合を戦います。

 

 第3節までを終えて、東地区の首位に立っているのはカブス。アウェーで戦った第1節ではグラスホッパーズを接戦の末スイープ、ホームにバイキングスを迎えた第3節は、2試合連続零封&2桁得点で圧勝しました。1勝差で2位につけているのはメトロスターズ。第2節で実現したウィーンダービーでは、1回戦でメトロスターズが7回に一挙7得点を挙げて逆転するも、その直後にワンダラーズがアンドリュー・オーバーセラーの2点適時打で再逆転するなど、同郷対決にふさわしい熱戦が展開されました。

 

 西地区の首位は、ここまで6連勝と絶好調のアスレチックス。カージナルスとマッチアップした第2節では、2試合続けて10得点を挙げるなど打線が好調です。この2連戦では、1回戦で先発ライアン・ラップが7回1失点の好投。2回戦では先発スティーブン・ジョンソンが6回無失点と快投し2勝目をマークする一方、打っても3番打者として3打数2安打4打点の大活躍を見せています。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-april-21-22-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-april-29-30-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-6-7-2017/

 

スイスリーグ(第2~3節)

 

第2節

ウィル・デビルズ7-13シザック・フロッグス

ウィル・デビルズ6-10シザック・フロッグス

ルツェルン・イーグルス5-2チューリッヒ・バラクーダーズ

ルツェルン・イーグルス1-11チューリッヒ・バラクーダーズ

ベルン・カージナルス1-12サーウィル・フライヤーズ

ベルン・カージナルス2-8サーウィル・フライヤーズ

 

第3節

シザック・フロッグス6-9チューリッヒ・チャレンジャーズ

シザック・フロッグス7-6チューリッヒ・チャレンジャーズ

ウィル・デビルズ9-16チューリッヒ・バラクーダーズ

 

※ベルン・カージナルス-ルツェルン・イーグルス2連戦、ウィル・デビルズ‐チューリッヒ・バラクーダーズ2回戦は雨天中止

 

 スイスリーグは第3節までを終え、チャレンジャーズとフライヤーズがともに3勝1敗で首位に立っています。チャレンジャーズは第3節でフロッグスと対戦。1回戦では初回にブラディミール・デラロサの2点適時二塁打などで一挙5得点を挙げるなど、相手先発ダニエル・トライナを8回9失点と攻略したものの、2回戦では2番手ロバート・セディンが4回5失点と大誤算。打線も中盤から終盤にかけての打ち合いをものにできず、今節試合のなかったフライヤーズに並ばれる結果となりました。

 

 そのフライヤーズは、第2節でカージナルスを投打に圧倒するなど絶好調。1回戦では相手先発のティエリ・バークハートを5回6失点KOし勢いに乗っています。この試合では主砲スヴェン・レーマンが3打数2安打1本塁打5打点の大暴れ。切り込み隊長のエイドリアン・カウフマンも好調で、次の2回戦までを終えた4試合終了時点で打率.500、出塁率.667、長打率.750と手が付けられない状態です。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-swiss-nationalliga-april-29-30-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-swiss-nationalliga-6-7-2017/

 

イギリスリーグ(第1~5節)

 

第1節

サウザンプトン・ムスタングス9-13ロンドン・メッツ

サウザンプトン・ムスタングス5-4ロンドン・メッツ

ブライトン・ジェッツ1-6ハーツ・ファルコンズ

ブライトン・ジェッツ6-11ハーツ・ファルコンズ

 

第2節

ロンドン・キャピタルズ3-20エセックス・アローズ

ロンドン・キャピタルズ16-5エセックス・アローズ

ハーツ・ファルコンズ7-7サウザンプトン・ムスタングス(※)

ハーツ・ファルコンズ2-18サウザンプトン・ムスタングス

 

※登録資格を満たさない選手がプレーした疑いが生じ、6回終了時点で試合中止。事態発生時の詳細な状況は不明ですが、現在BBFが裁定中とのこと。この試合については、5/12現在公式記録上未消化の扱いとなっています。

 

第3節

ロンドン・キャピタルズ3-11サウザンプトン・ムスタングス

ロンドン・キャピタルズ1-4サウザンプトン・ムスタングス

ブライトン・ジェッツ13-20エセックス・アローズ

ブライトン・ジェッツ11-12エセックス・アローズ

ハーツ・ファルコンズ0-15ロンドン・メッツ

ハーツ・ファルコンズ4-14ロンドン・メッツ

 

第4節

サウザンプトン・ムスタングス21-0エセックス・アローズ

サウザンプトン・ムスタングス10-5エセックス・アローズ

ロンドン・メッツ16-4ハーツ・ファルコンズ

ロンドン・メッツ16-0ハーツ・ファルコンズ

ブライトン・ジェッツ1-16ロンドン・キャピタルズ

ブライトン・ジェッツ2-15ロンドン・キャピタルズ

 

第5節

ロンドン・メッツ5-6エセックス・アローズ

ロンドン・メッツ5-8エセックス・アローズ

ロンドン・キャピタルズ4-9ハーツ・ファルコンズ

ロンドン・キャピタルズ7-5ハーツ・ファルコンズ

 

 今季は計6チームで争われるイギリスリーグ。シーズン開始前、昨シーズン7番目の球団としてプレーしたサウスロンドン・パイレーツが、リーグを脱退する旨がアナウンスされました。ここまで第5節までを消化し、ムスタングスがリーグ首位に立っています。

 

 ムスタングスは昨季王者メッツとの開幕戦こそ打ち合いの末に落としたものの、その後6連勝と勢いに乗っています。極めつけは何と言っても第4節での対アローズ2連戦。1回戦では相手先発ヴィルニス・ゲイダンスを打線が2回に捉え、1回0/3で10失点と滅多打ちに。この試合では9番ジョバンニ・エスカローナが4打数2安打4打点の活躍を見せるなど、上位下位に関係なく打線が火を噴き続けました。

 

 そのアローズは続く第5節で、メッツ相手にうっぷんを晴らさんとばかりにスイープ達成。昨季4位が前年度王者をスイープするという金星で、シーズン成績でも5勝3敗で2位タイとしています。唯一の全敗で最下位のジェッツは、第4節の対キャピタルズ2連戦で実力差を見せつけられました。直前の第3節でアローズとの大花火大会を2度続けて演じながら、2試合ともものにできなかったのが悔やまれるところです。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-april-2-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-april-9-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-april-23-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-april-30-2017/

http://www.britishbaseball.org/schedule/day/league_instance/52891/2017/4/30?subseason=375354&referrer=3146481

http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-7-2017/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オランダリーグ(第3~4節)

 

第3節

28日

キュラソー・ネプチューンズ10-5オースターホート・ツインズ

DSS0-17HCAW

UVV2-4ホーフドループ・パイオニア―ズ

 

29日

HCAW4-1DSS

ホーフドループ・パイオニア―ズ8-3UVV

オースターホート・ツインズ4-8キュラソー・ネプチューンズ

 

30日

キュラソー・ネプチューンズ16-0オースターホート・ツインズ

DSS8-7HCAW

ホーフドループ・パイオニア―ズ10-5UVV

 

第4節

5日

オースターホート・ツインズ1-8L&Dアムステルダム・パイレーツ

HCAW0-9キュラソー・ネプチューンズ

ホーフドループ・パイオニア―ズ6-1DSS

 

6日

キュラソー・ネプチューンズ2-0HCAW

DSS3-4ホーフドループ・パイオニア―ズ

L&Dアムステルダム・パイレーツ11-1オースターホート・ツインズ

 

7日

HCAW3-1キュラソー・ネプチューンズ

ホーフドループ・パイオニア―ズ3-4DSS

オースターホート・ツインズ1-9L&Dアムステルダム・パイレーツ

 

 オランダリーグ第3節では、ネプチューンズが最下位ツインズ相手にその地力の差を見せつけました。1回戦で先発ディエゴマー・マークウェルが6回無失点と好投して勝利すると、続く2試合も制してスイープ達成。特に3回戦は、相手先発ブレンダン・シューメイカー以下3投手から計16得点を奪う圧勝でした。この試合では3番クリスティアン・ディアス以外の全野手が安打を放ち、8番アーヴィング・ケンプは3打数3安打3得点の大活躍を見せています。

 

 ツインズの受難は続く第6節でも続き、今度はネプチューンズと昨年のファイナルを争ったパイレーツに一蹴される結果に。ここまでリーグで唯一勝ち星がないツインズ、早く光明を見出したいところです。パイオニアーズはDSSとの3連戦を2勝1敗と勝ち越すことに成功。ただ、3回戦の最終回に4番手マイケル・リーテルが勝ち越し打を許し、惜しくもスイープは逃してしまいました。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-dutch-hoofdklasse-april-28-30-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-dutch-hoofdklasse-5-7-2017/

 

イタリアリーグ(第3~4節)

 

第3節

UGFフォルティチュード・ボローニャ6-1パルマ・エンジェルス

UGFフォルティチュード・ボローニャ10-0パルマ・エンジェルス

エンジェルサービス・ネットゥーノ4-1パドゥーレ

エンジェルサービス・ネットゥーノ7-2パドゥーレ

A.S.D.リミニ6-5トマッシン・パドーヴァ

A.S.D.リミニ10-9トマッシン・パドーヴァ

T&Aサンマリノ・タイタンズ4-2ノヴァーラ・ユナイテッド

T&Aサンマリノ・タイタンズ9-0ノヴァーラ・ユナイテッド

 

第4節

ノヴァーラ・ユナイテッド2-3トマッシン・パドーヴァ

ノヴァーラ・ユナイテッド8-0トマッシン・パドーヴァ

パドゥーレ6-5エンジェルサービス・ネットゥーノ

パドゥーレ2-4エンジェルサービス・ネットゥーノ

パルマ・エンジェルス0-11UGFフォルティチュード・ボローニャ

T&Aサンマリノ・タイタンズ3-5A.S.D.リミニ

T&Aサンマリノ・タイタンズ0-6A.S.D.リミニ

 

※パルマ・エンジェルス‐UGFフォルティチュード・ボローニャ2回戦は雨天中止

 

 イタリアリーグは第3節を以て、AとB2つのグループに分かれて戦うレギュラーシーズンの第1フェーズが終了。グループAでは第2節で相まみえたボローニャとネットゥーノが、揃ってスイープを決めて有終の美を飾っています。一方グループBでは、リミニとタイタンズがこちらもスイープ達成。リミニはパドーヴァ相手に、2試合続けての1点差ゲームを制するタフな週となりました。

 

 続く第4節からは、AとBの両グループの垣根を越えて争う第2フェーズがスタート。エンジェルス‐ボローニャの2回戦が雨天中止となり、予定されていた8試合のうち7試合が行われました。前節でパドーヴァに連勝したリミニは、その勢いのままタイタンズ相手に今節唯一のスイープを達成。1回戦では先発リカルド・ヘルナンデスが5回1失点の好投、2回戦では2番フレディ・ノゲイラが5打数4安打1打点の活躍を見せています。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-italian-baseball-league-april-28-29-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-italian-baseball-league-5-7-2017/

 

ベルギーリーグ(第3~4節)

 

第3節

29日

LLNフェニックス3-16ボーガーホート・スクイレルズ

LLNフェニックス5-7ボーガーホート・スクイレルズ

モートセル・スターズ3-4ドールン・スパルタンズ

ロイヤル・グレイズ0-2ブラスチャート・ブレーブス

 

30日

ドールン・スパルタンズ18-8モートセル・スターズ

ロイヤル・グレイズ8-12ブラスチャート・ブレーブス

 

第4節

6日

ブラスチャート・ブレーブス2-1ドールン・スパルタンズ

ブラスチャート・ブレーブス0-12ドールン・スパルタンズ

ロイヤル・グレイズ11-1LLNフェニックス

ロイヤル・グレイズ0-12LLNフェニックス

ボーガーホート・スクイレルズ6-5モートセル・スターズ

 

7日

モートセル・スターズ1-11ボーガーホート・スクイレルズ

 

 ベルギーリーグ第3節と4節では、計12試合が行われました。首位スパルタンズは第3節でスターズをスイープ。しかし第4節の対ブレーブス2連戦では、1回戦を接戦の末に惜しくも落とし連勝は6で止まりました。この結果、第3節からの4試合を全て制した2位スクイレルズとのゲーム差がなくなり、7勝1敗で両者が揃って首位に立つことになっています。

 

 フェニックスは第3節でそのスクイレルズにスイープを許し、第4節の1回戦でもグレイズに大敗。しかし、2回戦では大量12得点を奪って完封勝ちし、今季初勝利を手にしました。なお、対戦相手のグレイズも1回戦での白星がようやく今季1勝目となっています。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-belgian-bbg-april-29-30-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-belgian-bbg-6-7-2017/

 

スウェーデンリーグ(第1~2節)

 

第1節

29日

ストックホルム・モナークス2-6リュクサンド・ランバージャックス

ストックホルム・モナークス10-14リュクサンド・ランバージャックス

サンドバイバーグ・ヒート18-3レットビーク・ブッチャーズ

サンドバイバーグ・ヒート6-5レットビーク・ブッチャーズ

 

第2節

2日

サンドバイバーグ・ヒート17-2スウェーデンアカデミー

 

4日

ストックホルム・モナークス4-10スウェーデン・アカデミー

 

5日

ストックホルム・モナークス5-9サンズヴォール・モスキートス

ストックホルム・モナークス14-7サンズヴォール・モスキートス

サンドバイバーグ・ヒート11-2リュクサンド・ランバージャックス

サンドバイバーグ・ヒート12-4リュクサンド・ランバージャックス

 

 いよいよ開幕したスウェーデンリーグ。今季は合計7チームで優勝を争います。昨季王者のランバージャックスは、第1節でモナークス相手にスイープを決めて快調なスタート。開幕戦では「4番・三塁」で先発出場のダニエル・リンダーが5回からリリーフのマウンドに上がり、そのまま最後まで投げ切って今季最初の白星を手にしています。

 

 ただ、第2節ではヒートにいずれも2桁失点を喫して連敗してしまいました。1回戦では先発エミール・サーリンが4回に突然崩れ、この回を投げ切れずに7失点の大炎上(この試合では「1番・投手」での出場で、それがスタミナ面に関して凶と出たのかも?)。2回戦でも4回と5回に計7失点を喫し、中盤の攻防が2度続けて課題となりました。ヒートは今季打線が好調で、ここまで5試合を全勝してうち4試合が2桁得点。第2節のアカデミー戦では3回に一挙13得点を奪うなど、まさしく今ホットな状態です。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-swedish-elitserien-april-29-2017/

http://www.mister-baseball.com/results-swedish-elitserien-2-6-2017/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。