革の工房 昼行灯

革細工を2010年1月より始めました。
革細工は奥が深く悪戦苦闘しております。
日常感じた事等の通常のブログや革細工、工具類、材料等を紹介し記事にしてます。
又、各種革細工の製作・販売もお受けしてます、お気軽にご依頼下さい。
hiruandonsyowa@yahoo.co.jp


テーマ:

おはようございます。(^-^)

昨日は市のコミュニティーサークル祭りに行ってきました、そこで色々な手作りサークル倶楽部の手作りの展示や販売を行ってました。

手作り木工では色々な手作り作品がありまして、椅子やら色々とありましたが、そこで目をひいたのが大工道具箱です、昔の大工さんが道具を入れていた大工道具箱で現在の大工さんは使用してない?と思います。

革細工の道具や材料や完成品等色々と多用途に使用出来ると考えてます。


サイズは横が550㎜で縦が240㎜で高さが120㎜です。


昼行灯の革の工房-道具箱

上の写真が大工道具箱で昔の大工さんが大工道具を入れて仕事に行く時に肩に担いだりして持ち運んで使用されていたようです、その後自転車の荷台に載せたりオートバイの荷台に載せてたりして持ち運んだようです。

現在では使用されてないようですが地方等一部の地域では使用されてる大工さんがいるようです。


昼行灯の革の工房-道具箱3

上の写真は蓋をあけた所です、蓋を左右にずらす事によって蓋が開くようになっています。


昼行灯の革の工房-道具箱1

上の写真は蓋をあけた所です、内部はこんな風に箱になっており大工道具ののこぎりやノミ等を入れて持ち運んだようです。


珍しい物を発見して購入しましたが、革細工をやってる私にとっては革細工の工具や材料や完成品等を入れたり多用途に使用出来るんじゃないかと思っています。

手作り市や骨董品市とかフリーマーケット等、意外と珍しい物やお!っとする物が売ってたりして目の保養ににもなったりします。


★☆★
拙い記事で甚だ恐縮ではありますが、下の「革・革小物・にほんブログ村」と「革・革小物人気ランキング」をポチッ!と押してもらえると幸いです。(^-^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

昼行灯の革の工房の紹介です。


革細工は2010年1月より始めました。


サドルレザースタンダード「ヌメ革(素仕上げの革)などの総称でファッション用語の1つ」を主に使用して革細工(革細工小物全般)を製作してます。


基本的には麻糸を丁寧にロウ引きして愛情を込めて丁寧に手縫いで作品を製作してますが、ロウ引きされた丈夫なナイロン糸も使用しております。


コバはヤスリで丁寧に整えてからトコノールを塗り艶が出るまで丁寧に整え仕上げてます。


私の手縫いの拘りですが、銀面の縫い目が真っ直ぐになってます、通常の銀面斜め縫いとは逆にしていますが、通常で縫う場合もあります。


手縫いの革細工は同じ物は無いと言われてますので一つ一つがオリジナルと言っても過言ではありません。

ナチュラルなサドルレザーの革細工はエイジング(aging、経年変化)と言われる革色の変化が楽しめ使えば使う程飴色に変化され革細工独特の風合いが出てきますので長年使用される事で革細工の醍醐味が味えます。


是非、革細工を使用されてみて下さい。


ブログにも紹介しておりますが使う道具にしてもレーシングポニーや刻印を入れるツールラック等自作して使用しております、自分で製作出来そうな物は自分で製作しています。


当工房で製作した革小物を価格応相談でお譲りしますと共に新たに革小物製作の依頼もお受けしてますのでお気軽にメッセージして下さい、当ブログで製作して記事に紹介してる革細工を是非御覧下さい。

尚、私のブログを御覧になり革細工のレベルの範囲内で納得されたの上での製作・販売の受注を御受けします。

又、手作りなので多少のキズ等があります。


メッセージはブログの「メッセージを送る」からでも良いですし下のメールアドレスへのメールでも結構です。

各種革細工の依頼をお待ちしております。


メールアドレス:seiunstar@gmail.com


昼行灯の革の工房-馬

上の写真は自作のレーシングポニーで以前ブログでも紹介しましたこれを使って製作しております。


昼行灯の革の工房-馬A

レーシングポニーの高さが椅子に座って革細工を縫う際に低いので下に台を置き留める事により椅子に座って縫う際に丁度良い高さになっています。


昼行灯の革の工房-ツールラック

上の写真も前にブログで紹介しましたが刻印等を入れるツールラックですこれも自作です。

自作する事により見栄えは既製品よりは見劣りはするかもしれませんが、労力はいりますが材料費等安く作る事が出来ますし、作ってみて実際に使う事により問題点も見えてきて改良の余地が見つかります。


★☆★
拙い記事で甚だ恐縮ではありますが、下の「革・革小物・にほんブログ村」と「革・革小物人気ランキング」をポチッ!と押してもらえると幸いです。(^-^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんばんは。(^-^)


コバの磨き方と銀麺の処理の仕方には色々とあり革職人さんや革細工をしてる人によって多種多様です、私の場合はいたってシンプルです。


①コバの磨き方

コバをサウンドペーパーで擦ってコバを整えてからトコノールを塗り、革細工を始めた当初に購入した「レザーハンドソーイングセット」の中に入っている「ヘラ付ヘリミガキ」で擦ってます、擦る場合はヘラの部分で擦る事が多いです、艶が出るまで根気良く擦ります。

ヘリミガキには色々と値段が高そうな物とかありますが、私の場合は革細工を初めて2年強ですがこれで磨いてます便利であり、これで事が済みますので値段が高い物は購入せずとも済みます。


②銀面の処理の仕方

銀面はオイルを塗るだけです、カットやカービングを施し打刻した場合はオイルアップしてからレザーコートを塗ります、カービングを施し打刻した場合でアンティークを施す場合は、オイルアップ~レザーコート~アンティーク~レザーコートです、レザーコートを塗るのは塗り過ぎたアンティークを落とす意味合いもあります。

又、レザーコート~アンティーク~レザーコートでも構いません。


★コバにトコノールを塗る場合は綿棒で塗ればはみださないですし銀面に付着するのも防ぎますし手も汚れませんので便利です。

オイルやレザーコートを塗る場合は塗り専用の物もありますが、柔らかい布(綿製品等)があればそれで出来ますので買う必要も御座いません。


以上が私が行ってる方法です。


昼行灯の革の工房-ヘリミガキA

上の写真がヘラ付ヘリミガキです、以前にもブログで紹介しました、半円の部分が取れるようになってます。

半円の部分の溝でコバを磨く訳ですが、ヘラの方で磨く事が多いです。


昼行灯の革の工房-ヘリミガキB

上の写真はトコノールとヘリミガキです、床面を磨いてます。


昼行灯の革の工房-ヘリミガキC

上の写真はヘリミガキでコバを磨いてます、ヘラの部分で磨く事が多いです。


以上がトコノールを縫ってヘラ付ヘリミガキで磨く方法です。


レザーコートとオイルの写真は省きますので悪しからず。


★☆★
拙い記事で甚だ恐縮ではありますが、下の「革・革小物・にほんブログ村」と「革・革小物人気ランキング」をポチッ!と押してもらえると幸いです。(^-^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

こんばんは。(^-^)


ベルトは放置状態のままで、キーケースを製作してます。

キーケースに限らずどのようなデザインにするか?で悩む所でもありますし、完成した時に見た目が違ってきます、又、機能性を持たせる事でも使い勝手が違ってきます。


キーケースは前に記事にも書きましたが今回で3回目になるんですが、当初は革の吟面全体にカービングを施そうと考えたんですが、コンチョを取り付けてシンプルにカット(カービング)を施しました、キーケースの寸法は縦が120㎜で横が開いた時が170㎜(折りたたむと約60㎜)で、外も内も2㎜厚のナチュラルなサドルレザースタンダードを使用しました。


内側は鍵を取り付ける部分とコンチョを取り付ける部分が横が45㎜にして左側は40㎜にしました、左側が40㎜の方が折りたたみやすい感じがしたからです。


サイズ的にはLサイズだと思います、大きい方がカギがはみ出す事もないので良いと思ってます。

コンチョ部の革の波型のデザインは色々とHPを見て参考にしていますが波型のRの部分を鋭角にした事により参考の物とは又違った雰囲気を醸し出させてます。


昼行灯の革の工房-キーケースA

上の写真は自作のレーシングポニーでキーケースを縫ってる所です、ポニーの下に台を置いて高さを調節してるので椅子に座って縫う場合に丁度良い高さになってます。


昼行灯の革の工房-キーケースB

上の写真は表側で広げた所です、飾りとしてワンポイント的にシンプルに革にカットを施しました、カットの図案は私が革細工を始めた時に買った愛読書である「革の技法」から抜粋しました。


昼行灯の革の工房-キーケースC

上の写真は内側で広げた所です。


昼行灯の革の工房-キーケースD

上の写真は完成したキーケースです、コンチョを取り付けて、アクセサリーに革紐で編んだストラップを付けてみました。


革を縫う場合、一般的に通常は銀面(吟面)が糸が斜めになり床面が真っ直ぐになるんですが、私は(昼行灯の革の工房では)吟面を真っ直ぐにして床面を斜めにしてますので逆にしてます何故かと言いますと吟面が真っ直ぐの方見た目が良い感じで私的にはしっくりくるからです。


縫い目もほぼ真っ直ぐになり、数を熟せばだんだんと上達するものですね。


★☆★
拙い記事で甚だ恐縮ではありますが、ポチッ!と押してもらえると幸いです。(^-^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

おはようございます。(^-^)


昨日のブログにも記事にも書きましたが昨日はグリーンジャンボ宝くじを買いに行ってきました。

一等が良く出る売り場が2ヶ所あり、昨日はその片方の売り場で買ってきましたが・・。

案外、人気売場以外の所で当たったていう話は良く聞くので難しい所でもあります、良く何か当たる気がするとかどうもこの売り場に惹かれるとかそう言ったインスピレーションというかピンとくるというか第一感は宝くじを買うにあたって重要な事なのかもしれませんが、昨日買うにあたり何もそういった感覚はありませんでした。

5億当てたいなぁ!!と抽選日まで夢を色々と考えてます。


で、コンビニには良く行くんですが、ファミリーマートのフライドポテトは数あるコンビニの中で一番おいしいと個人的には思ってます、フライドポテトのノーマルな物と辛いのがあるんですが両方おいしいですが辛い方が好きなので辛い方を良く買います。

昨日もコンビニによってフライドポテトを買って来ました、熱々のフライドポテトはおいしいです。


昼行灯の革の工房-ポテト

上の写真はファミリーマートのフライドポテトです。


★☆★
拙い記事で甚だ恐縮ではありますが、ポチッ!と押してもらえると幸いです。(^-^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード