呉や熊野町や江田島からも来院のある鍼灸院専門ブログ

広島市東区の治療院です。0歳児から中学生までのお子様を対象に小児鍼をしております。すごくやさし~~鍼ですよ。呉や熊野町や江田島からの来院もありますよ~。


松鶴堂は広島市東区光町にあり広島駅新幹線

口から徒歩3分にある3階に治療部門と7階に美容部門を

あわせもつ鍼灸治療院ですニコニコ

それぞれ別場所でしています。



小児鍼は専門スタッフの板楠と院長の2人で対応しております。

小児部門について興味のある方はこちらから

右矢印広島の整体なら


広島で美容鍼をお探しなら専門の先生がいる

右矢印広島の産後の骨盤矯正なら




テーマ:

皆さんこんにちは。

 

 

今回は小児における湿疹についてお話しさせていただきます。

 

そもそもアトピーとはアレルギー性疾患の一つで、簡単に言ってしまうと

 

身体の中の免疫機構が、本来は害のないはずのもの(有名どころだと花粉、食物、

 

ほこりなど・・)に対して過剰に反応し、それを排除しようとした結果として、皮膚に

 

異常な赤みを帯びたり、かゆくなってしまう免疫反応のことです。

 

 

症状(かゆみ、皮膚が赤くなる)の発生する部位は固定的なものではなく、目の周りから

 

お尻、かかと、背中・・・と様々です。

 

 

アトピー性皮膚炎を患っている方は、皮膚炎にとどまらず、気管支喘息やアレルギー性鼻炎を

 

合併していることも多いのが特徴です。これは年齢を問いません。

 

さらにアレルギー症状の発生因子として、先ほどは花粉やほこり、カビなどを言いましたが、

 

ストレスとも大きく絡んでおり、要員は様々です。

 

 

一般的な病院で下される治療法といえば、そのかゆみといった炎症を抑える薬である

 

ステロイド軟膏によって症状を抑える方法がベターです。しかしこれは、身体が本来もっている

 

「よし、治すぞ!」という細胞たちの働きによる「炎症」を抑えようとしているとも考えられるため、

 

賛否両論なのです。

 

 

 

現代医学の段階でハッキリとした原因は分かっていないのが現状ですが、我々のテリトリーでも

 

ある東洋医学の鍼灸治療によって、身体の本来もっている免疫機能を高めることで

 

症状を緩和して完治に近づけることまでは確認されています。

 

 

また当院は小児の患者様の多く来院するため、子供の体に刺激の強すぎない治療を

 

心掛けています。小児のアトピー性皮膚炎でお困りの方がいらっしゃれば、是非ともご相談ください。



 

関連記事

広島市内での小児アトピーによる湿疹における鍼灸整体治療なら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。