~松花堂昭乗研究所~

「松花堂昭乗研究所」に関する主な記事を掲載しています。
次回の講座の案内など、ご参考くださいね! 


テーマ:

こんにちはニコニコ

松花堂昭乗研究所です。

 

3月11日(土)は、平成28年度の研究所最終行事として、研究報告会と講演会を開催しました。

午前10時30分から12時までは研究報告会。

 

3名による研究報告がありました。

 

報告①草庵「松花堂」の襖の書について

報告は、当館川畑薫より。

松花堂庭園内にある草庵「松花堂」。

その内装品である襖に貼られた書について、筆者とその内容についての報告。

普段、いつもそこにあるものとして目にしている草庵内の襖ですが、そこに書かれている内容について、改めて確認しました。

 

報告②乗祐と実乗ー瀧本坊と茶の湯ー

報告者は、研究生の奥山邦彦氏。

松花堂昭乗の師である瀧本坊実乗、そしてその実乗の師・乗祐。

彼らはともに当代にあって茶の湯に通じた僧侶でした。

書状などを通して窺われる彼らの活動を、丹念に追跡されました。

 

報告③松花堂昭乗の映画作り

報告者は、研究生の田中千世子氏。

文化ドキュメンタリー映画『男山の松花堂昭乗』の制作に取り組んでいらっしゃいます。

そのプロローグ約10分の映像をスクリーンに写してご紹介いただきました。

 

昼休憩をはさんで、午後1時30分より、講演会を開催しました。

 

茶道史研究家の深谷信子先生より、以下のテーマでご講演頂きました。

 

小堀遠州と松花堂昭乗の瀧本坊茶室

ー寛永十年六月二十九日の茶会を中心にー

 

 

寛永10年6月29日の朝、瀧本坊の茶室「閑雲軒」を中心に行われた茶会には、板倉周防守重宗、永井信濃守尚政、永井日向守直清、そして小堀遠州が招かれました。

 

寛永10年とえば、前年に徳川秀忠が亡くなり、寛永3代将軍・家光の治世のもと、政治体制強化へと向かう時期にあたります。

 

男山の瀧本坊茶室で開かれた茶会に集った大名らは、雲に浮かぶような茶室「閑雲軒」で、どんな話に興じたのでしょう。

瀧本坊の茶室は、知られざる歴史の裏舞台であったのかもしれません。

 

亭主である昭乗は、普段と変わらぬ、お気に入りの茶道具で、彼らをもてなしたようです。

戦のない穏やかな世を願う昭乗の心が、そのもてなしに込められていたと、思わずにはいられません。

 

松花堂昭乗尽くしの本日の行事は、お陰様をもちまして無事終了しました。

ご参加いただきました皆さま、そして深谷信子先生、誠にありがとうございました。

 

4月より、新年度が始まります。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

松花堂昭乗研究所ですニコニコ

 

2月18日(土)、定例講座を開催しました。

まだまだ寒いですね。

 

定例講座前半では、今回より、「松花堂墨跡巻」(個人蔵)所収の松花堂昭乗書状(全3通)を読んでまいります。

 

第1通目は、「式部卿」の署名のある「極月二十一日」付書状です。

宛先は「児傳兵様」とあります。

 

年末の書状ですね。「児傳兵」からの書状に対する返事です。

 

今年は徳川家「御上洛」のため、私もとても忙しく、無沙汰をしました。

もう今年も日が少ないので、来春はぜひ御登山ください。まってます!

 

「御登山」というと、リュックサック背負って・・・と妄想が広がりますが、石清水八幡宮へのご参詣ということになります。

男山で、昭乗さんが「来てねー」と手を振って待っているイメージですね。

 

昭乗さん、お歳暮に「杉原紙」を贈られ、そのお礼を述べます。

 

とても心のこもった温かなお心遣い、お礼の申し上げようもないです。

 

追而書(追伸)がありました。

「児傳兵」はちょうど富田辺りに滞在中とのこと。

 

「一郎兵」とはお話などなさいましたか?

「一郎兵」はちょっとした「手跡すき」ですからお会いされたかなと・・・。

 

「一郎兵」のことが話題になります。

一郎兵(衛)は、昭乗さんの門人、藤田友閑の名です。

友閑は摂津富田の人。

昭乗さんのことを敬慕してやまない人でした。

「昭乗さん大好き!」 であったわけです。

書の門人として、昭乗没後は書流「松花堂流」の確立に尽力しました。

 

「手跡すき」という言葉から、昭乗さんが友閑の筆道精進を認めていることが感じられますね。

ちょっとした一文ですが、興味深いです。

 

「児傳兵」も手跡仲間であったのでしょうか。

「児傳兵」とは、おそらく幕臣の児島(小島)忠余のことと想像されます。

昭乗さんとはどういう関係だったのでしょう?

今のところはっきりわかりませんが、2通目の書状の宛先も同人物ですので、課題としたいと思います。

 

後半は、「八雲御抄」(仮称)を研究生のFHさんの担当にて、よみ進めました。

FHさん、おつかれさまでした!

ここではまだ、初冬頃の季節の詞が続きます。

年度をまたぎますが、もうしばらく、よみ進めたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

来月は、定例講座にかえて、研究報告会と講演会の開催となります。

3月11日(土)の開催です。

 

一般のみなさんの聴講も歓迎です。

どうぞお誘いあわせください。お待ちしております。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

松花堂昭乗研究所ですニコニコ

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

1月14日(土)の午後、定例講座を開催しました。

年も改まり、気持ち新たにまいりたいところです。

 

前半は「松花堂昭乗他書状巻」所収の第8通目をよみました。

今回の書状にて、この書状巻は読了です。

 

昭乗とその門人、近しい人らの書状から、かれらの

日常的な空気に触れることができました。

 

古人の書状をよむとき、どんなことが書かれているのだろう、

と想像するどきどき感があります。

 

案外よんでみると、

 

「このあいだはありがとう」

 

といった日常の出来事が書かれてます。

今と変わらないな、と身近に感じたり。

へぇー、そうなんだ、と驚いたり。

ちょっとした内容であっても楽しいものです。

 

定例講座では引き続き、松花堂昭乗や門人などの

書状をよんでいきたいと思います。

 

後半は、「八雲御抄」(仮題)をよみ進めました。

晩秋の部が終わり、冬の部に入りました。

先月に引き続き研究生のOさんにご担当頂きました。

ありがとうございます。

来月の担当は FHさん。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この週末は雪模様となりました。

美術館では、「館蔵品展Ⅲ 鳥とりどり」 も始まりました。

ご来館、お待ちしております。

 

ともあれ、寒さが厳しいですので、皆様どうかご自愛ください。

 

それではまた来月にニコニコ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。