~松花堂昭乗研究所~

「松花堂昭乗研究所」に関する主な記事を掲載しています。
次回の講座の案内など、ご参考くださいね! 


テーマ:

こんにちはにひひ

松花堂昭乗研究所です。

午前中まで久しぶりの雨模様でした。

美術館では春季展も終了し、ちょっとさみしいような土曜日です。

雨のあがった午後、5月の定例講座を開催しました。

 

前半は松花堂昭乗の書状をよみました。

本日の書状は「十月廿一日」付の「式部卿」の署名のあるものです。

宛所は明記されていません。

先の2通の書状と同装されていた書状であることから、一連の書状と想像されます。

 

少し前の出来事でしょうか、先方(差出先の人物)が、男山に逗留していた様子。

せっかく逗留されていたのに、昭乗さんは忙しくてゆっくり話もできなかったようです。

昭乗さんは、先方に絵を描くよう依頼されている様子で、進捗について、

「進んでいます」と報告しています。

また、屏風のことも依頼されているようで、これはどのような用件かはっきりしませんが、

「今はそんな暇がないので、すぐには無理です」と報告。

そんな中、先方から「みぞれ酒」を頂いたようで、そのお礼を書き添えています。

 

さて、後半は引き続き「八雲御抄」を読み進めています。

冬の景物が続きます。冬の季語である「網代」がでてきましたが、

「網代打つは秋なり」という文言もみえます。

間違いがちなので、注意しましょう、ということなのでしょう。

 

来月も引き続きよろしくお願いいたします。

 

来月の定例講座は6月10日(土)となりますニコニコ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松花堂昭乗研究所ですニコニコ

 

4月8日(土)の午後、平成29年度、4月定例講座を開催しました。

当日は暖かな雨模様でした。

松花堂昭乗研究所の活動は、今年の秋、まる8年目を迎えます。

10年続けてゆくことを目標に、本年度も続けてまいります。

よろしくお願いいたします。

 

さて前半は、昭乗さん式部卿時代の「正月十六日」付の書状。

宛所は「児傳兵」とあります。

前回よんだ昭乗に続く時期のものと想像されます。

追而書から、「児傳兵」は筆道修行に精進している様子がうかがわれます。

昭乗さんに清書をみてもらっているようです。

昭乗さん、

「見事ですね。かなり筆道の奥深いところも理解されていますね!」

と、絶賛です。

褒められると、ひとは上達するのですよね、きっと。

 

後半では、「八雲御抄」(仮)をよみ進めました。

内容的には冬の風物が続き、それぞれに「付合」となる語が付されます。

このテキストを読んでいると、連歌や俳諧の季寄せなんだろうと感じられます。

ただ、全巻揃った本ではないので、全体像ははっきりしません。

もう少し読み進めたいと思っております。

 

来月もよろしくお願いいたしますにひひ

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはニコニコ

松花堂昭乗研究所です。

 

3月11日(土)は、平成28年度の研究所最終行事として、研究報告会と講演会を開催しました。

午前10時30分から12時までは研究報告会。

 

3名による研究報告がありました。

 

報告①草庵「松花堂」の襖の書について

報告は、当館川畑薫より。

松花堂庭園内にある草庵「松花堂」。

その内装品である襖に貼られた書について、筆者とその内容についての報告。

普段、いつもそこにあるものとして目にしている草庵内の襖ですが、そこに書かれている内容について、改めて確認しました。

 

報告②乗祐と実乗ー瀧本坊と茶の湯ー

報告者は、研究生の奥山邦彦氏。

松花堂昭乗の師である瀧本坊実乗、そしてその実乗の師・乗祐。

彼らはともに当代にあって茶の湯に通じた僧侶でした。

書状などを通して窺われる彼らの活動を、丹念に追跡されました。

 

報告③松花堂昭乗の映画作り

報告者は、研究生の田中千世子氏。

文化ドキュメンタリー映画『男山の松花堂昭乗』の制作に取り組んでいらっしゃいます。

そのプロローグ約10分の映像をスクリーンに写してご紹介いただきました。

 

昼休憩をはさんで、午後1時30分より、講演会を開催しました。

 

茶道史研究家の深谷信子先生より、以下のテーマでご講演頂きました。

 

小堀遠州と松花堂昭乗の瀧本坊茶室

ー寛永十年六月二十九日の茶会を中心にー

 

 

寛永10年6月29日の朝、瀧本坊の茶室「閑雲軒」を中心に行われた茶会には、板倉周防守重宗、永井信濃守尚政、永井日向守直清、そして小堀遠州が招かれました。

 

寛永10年とえば、前年に徳川秀忠が亡くなり、寛永3代将軍・家光の治世のもと、政治体制強化へと向かう時期にあたります。

 

男山の瀧本坊茶室で開かれた茶会に集った大名らは、雲に浮かぶような茶室「閑雲軒」で、どんな話に興じたのでしょう。

瀧本坊の茶室は、知られざる歴史の裏舞台であったのかもしれません。

 

亭主である昭乗は、普段と変わらぬ、お気に入りの茶道具で、彼らをもてなしたようです。

戦のない穏やかな世を願う昭乗の心が、そのもてなしに込められていたと、思わずにはいられません。

 

松花堂昭乗尽くしの本日の行事は、お陰様をもちまして無事終了しました。

ご参加いただきました皆さま、そして深谷信子先生、誠にありがとうございました。

 

4月より、新年度が始まります。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。