学校が始まる時

テーマ:

ランドセルと靴袋をもって学校へ出かけた


「わすれものはない?」

「うん」


久しぶりの通学路には少し雪が残っている

今の気温は5度

冬にしては暖かい


歩きなれた道は朝早くにも関わらずちらほらと人の影が見えた

皆、早足でバスや電車に向かうのだろう


歩いている最中、路肩の藪の中でウサギを見つけた

多分、近くにある幼稚園の飼育小屋からまた逃げ出したんだろうなと思った


「うさうさ。こいこい。ちっちっちっ」


なんとなくウサギを呼んでみるけど何の反応も無い

興味がなさそうにウサギは再び藪の中へ


その時、雪解けで木に積もっていた雪が落ちてきた


ドサ


見事にウサギはその雪の下敷きになってしまった


たすけようか?


それを見てふとそう思ったのは気まぐれ

学校が始まるまでまだ時間があるし、助けるくらい訳がない


長靴の半分くらいを雪に埋没させながら藪に入っていくと

少しだけ盛り上がった雪の塊がもそもそ動いた


中から必死なウサギが飛び出してきた

毛の先まで濡れてとても寒そうだった


「寒いの?」


手を出して抱え挙げようとしたら

ウサギは驚いたように飛びのいて

文字通り脱皮のごとく逃げ出していく


その鮮やかな逃げっぷりが少し面白かった


「なにやってるの?」


声がして振り返ると友達のユキちゃんがいた


「うん。ウサギがいたんだ」

「え~、また逃げ出したんだ。もう、柵くらいちゃんと作ればいいのに

しょうがないな~。後で園長先生に言ってこよう」

「うん。それがいいね」

「それより、ああ~、びしょぬれじゃない。今から学校だよ」


見ると、雪解けの水で程よく制服が濡れている


「う~・・・寒い」

「もう、しょうがないな~。マフラー貸したげる」


首に巻いたユキちゃんのマフラーは暖かい


「行こうか」

「うん」


今日から学校が始まる


AD

暇つぶしの歌

テーマ:

暇つぶしの歌が聞こえた

駅のプラットホーム

落ちる雨音を聞きながら


ふと目を向けると会社帰りの若い女性が

白い息を吐きながら歌っていた


いや歌っていたにしては小さな音

そう、音としか聞こえないメロディー


若く、明るく、光をたたえながらも、やわらかな暖かさ


電車が来る

その音に歌はかき消されていく


だけど、なぜか忘れられなかった

心染みわたる歌を


幾年、幾千年、幾億年


とどくのだろう

この愛の歌を


AD

暁が広がる高高度の空の中で私は考えていた

何のために生きているのかを


もうこの世界には幸福と呼べるもののほとんどが何も無いというのに・・・


赤い戦闘用のロボット『ナイチンゲール』はスラスターを吹かせ

一筋のきらめきを天空に残し疾走する


その速度はすでに音速の3倍を超え、衝撃波での機体の軋みが耳を打つようになっていた

機器は負荷の許容限界値を超えていることを示す赤いランプを点灯させている


「だから、なんだっていうんだろう?」


例え、このまま機体がバラバラになって私が空の藻屑と消えたとしても

誰が一体それを悲しんでくれるのだろうか?


ただ、有能な駒が一つ無駄死にしたと思われるだけなのだろうか?


私はそんなくだらない存在なのだろうか?

多分そうなのだろう。その程度の価値しかすでに私には無い


では、何故だろう?どうして、こうなってしまったのだろう?


生きていて、産まれてきて、母と、父の愛を知った

それが何になるかは知らない

知らないけれど、よかったと思えるようになった


意味なんて無くていい。ただあるだけでいい


だけど、何もかもをなくしてしまった私はなんで?

なんで、私だけがまだ生きていて、そして、こんなことをしているの?


生きていたいから。望んでいるから。そうしたいと思っているから。


<何を?>


「分かるか。馬鹿」


ただ、今は死にたくないと思った。

無意味だろうと、有意味だろうと、今は死にたくないと思った


この先、何年、何十年生きることになったとしても

それだけは変わらないんだろう


『目標到達まで後3分』


私は、戦士だ。だから、今日も生きる。


だけど・・・

それに意味なんて無いんだろうなと思うと少しだけ涙が出てくるようだった。

AD

大森さんちの桜君

テーマ:

大森さんちの桜君は変わった人だ


特になにをするわけでもないのに道端でぼーっとしている

雨の日はさすがに家にいるみたいだけど

晴れの日は大体どこかで何かをしている


だから、ある日の土手で桜君を見つけたとき尋ねてみた


「ねえ、大森君。なにやってるの?」

「えっと・・・指を見てるの」

「指を見てる?自分の?」

「うん。どうして、指は指なんだろう?」


私はよく分からないと言う桜君のことがよく分からなかった

だけど、なんとなく気になる存在になった


<指か~・・・>


別の日、また桜君が工場の空き地でぼーっとしているのを見つけた

私はまた桜君に話しかけた


「ねえ、大森君。今度は何をしているの?」

「ああ、松林さん。こんにちわ」

「うん。こんにちわ。大森君はいつもいつも外で何かしてるよね」

「うん。外は面白いことが多いから」

「この前の指の話も?」

「指?」

「うん。指」

「綺麗だと思ったんだ。太陽も草も川もなんかいっぱいいっぱい。

松林さんも時々そう思う?」

「私は・・・」


どうなんだろう?別に気にしたことが無かった


「だから、今は工場を見てるの」


確かにこの空き地に隣接する工場を桜君は見ているようだった

それは夕日に照らし出されて綺麗に見えなくも無い


「あの辺りの何かはなにがいいんだろう?

僕はそれが分からないんだ。」


桜君はやっぱりわけが分からない


桜君としばらく話してから月日が流れた

今も桜君のことはよく分からない


なにがしたいの?あなたは?

どうして、いつもそうなの?

正直、あなたの突飛な話にはついていけません


「いってきます」

「いってらっしゃい」


だから、もう少し桜君の研究を続けます。

右手で殴ることがいいとは限らない

時には左手で殴ることがいいかもしれない


バスッバスッバスッ


20回くらい殴ったけど何も変わらない

ただ、手が少しだけ痛くなった


「大丈夫?」

「さあ」


そう言って、とりあえず殴る

ぎしぎしと音を立てたけど気にしない


「やっぱり無理だよ」

「そうかな?」

「そうよ」

「ふーん」


とりあえず左手では埒があかないので

右手も使って殴ってみる

でも、やっぱりバスッバスッバスッ


いつの間にか結構時間がたっていた


夕日、とんぼ、そして・・・


「帰らないの?」

「う~ん」


バスッバスッバスッ


「帰らない?」

「えっと・・・」


バスッバスッバスッ


「帰ろ」

「・・・うん」


・・・


「うん分かった」


やっぱり、殴るだけじゃ何も変わらないようだった

今日それが分かった。


明日もいい日でありますように

帰宅

テーマ:

さっき、帰宅した

忙しいのか忙しくないのか。

夕飯を10時くらいに食べるのにも慣れてしまった俺がいる。


後、昨日wiiをやる機会が合ったけど

今日なんか筋肉痛になってしまったの悲しい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

こんなに運動してなかったっけ?


ちなみに勝一はやせて筋肉もあるしメタボじゃ無いよ(・∀・)