27日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見てきました。

アスカが登場しない、この一点だけで

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序は見てすらいない私ですが

破は27日に並んでまで見に行くという手のひら返しで

感想のほうをつらつらと書いていこうかと思います。


えー、なぜ29日終わりに27日昼間に見た映画の感想を書くかだって?

まあ、それは色々とあるわけなんですよ。。。


では、ネタばれ開始ですので、好ましくない方、まだ見ていない人は退出を願います。




<以降ネタばれ感想>



劇場版:破、見ましたけど、とても後味悪すぎ。

あー、ロボットカッコイイですね。使徒すごい!斬新!かっこいいっ!無敵のシンジ様っ!

んなもん、だからなんだと?

ええ、ロボットアニメとしてはまあ良いんじゃないですか。

新規の客層も獲得しやすそうな映画ですね。


熱いし、話も一本筋が通っている。分かりやすい映画らしい起承転結

特にラストのゼルエル編のレイを助けるところなんて

シンジ君まるでロボットアニメの主人公みたいじゃないですか?


「私が死んでも変わりはいるもの」

「変わりなんていないっ!こいっ!レイィ!」


はあ、まあそう、いやまあ、おい、アスカ助けろコラ

助けないで良いから画面に出せコラ

無視ですか、アスカはいらない子ですか

そうですね、昔からあの子はいらない子でしたから

今回の劇場版でもいらない子ですよね。製作サイドとしては

パンフにもっともらしいこと書いてあったけど

要約するといらない子だから、早々に退場ということですか


別にシンジ&レイの組み合わせはそれで良いし問題無し。好きにすればいい

アスカが不遇で物語上いらない子でもまあ良い。良くないけど

戦って負けたってっていい。明るさが絶望に塗り固められたっていい

凹んで、落ち込んで、死に掛けて、絶望しかのこらなくても、まあいい


だけど、頑張ったアスカを無視で以後出演無しなのはいかがですか?

せめてベットで植物状態で寝ているくらいの描写で何とかならんの?

シンジとは言わない、ミサトかレイか加持か誰かが

病室に来て「アスカ・・・」の一言でも同情の言葉がほしかった


「精神汚染の恐れがあるわ。」

「まさか処理されるって事はないですよね」

「あるわけ無いわ。貴重なサンプルですもの」


黒い棺見たいなもの(多分アスカが入っている) バンっ!


これ以後、全くの出番無し。話題にものぼらない


ひどい仕打ちだ。レイは助けて、アスカは見殺し

結局、アスカは自分が救われるためには

新・旧どちらの作品でも単独で何とかしないといけないのかと思うと不憫だなと思う


せめて主人公並みの見せ場があれば良かったのに・・・

どうせなら、3号機がグチャグチャにされるときに意識があって

泣き叫ぶ描写があれば、観客の心をつかめたのに・・・

あれじゃあ、ただの脇役もいいところですよ・・・実際


これでQの予告で見たアスカが


「ぼさっとしてんじゃないわよ」

「ア、アスカ?」

「久しぶりね。バカシンジ」

「体のほうはもう大丈夫なの?」


なんて登場の仕方をしたものなら、完全に三下ですね。そんなの嫌だな。

どうせならQのアスカも旧劇場版のように追い詰められて覚醒のような展開がほしい

もう出番無いけど・・・・多分。


マリがその役目っぽいし。謎キャラとしてね


また気が向いたら書きます。今日はこれまで。


AD