桜の花びら咲く頃に その1

テーマ:

きっと・・・もう一度だけ


嵐山でその言葉を聞いたのは去年で・・・


舞い落ちる桜の花の中、彼女はいった


多分、それはもう一度やり直せることだと・・・


その時は思ったんだ・・・


********




日々は流れ、日常の多忙に忙殺されていた僕は


もう冬も終わりの季節に


ふっとその言葉を思い出した




甘い香り

桜色の思い出の中で

輝いていた思い出の一ページ




家への帰り道

電車に揺られながら、京都に再び行くことを決めた


あの街に・・・行かなければならない気がしたから



それは多分、予感だったのだろうと思う



********






AD