乾杯

テーマ:

「お疲れ様です」


帰える間際、軽く頭を下げ、先輩社員、同僚に笑顔を向けて

私は帰宅の戸についた


暇で、特にやることも無く、面白くない職場

そのくせ、人間関係はなかなかドロドロしている


私に与えられていることは

ただ黙って笑顔を振りまいて座っていること


かわいいから。綺麗だから

それ以外の理由は無いのかもしれない

あの会社に私がいる意味は


ほとんどの人は思っているのだろう

若くて綺麗なうちに、誰かと結婚して円満な寿退社をするのだろうと


そんな、普通過ぎるような普通の想像


バカみたい


だけど、最近はそれでも良いかと思ってきた

悪いわけじゃないもの

ただ、それはどうしよもなく退屈なだけだ


私はそんなことに目を瞑りながら生きている


みんなそうだと思う

みんなそうだから、この世界は上手くいっているのだろう


いつの間にか、繁華街に足を向けていた

綺麗で、そして汚い街


怪しく、それでも、何かを見せてくれる、夢見せてくれる


例え幻でも


「おっ、里緒ちゃん。いらっしゃい」

「うん。こんばんわ。いつものやつ、頂戴」



いつまで続くのだろう、この物語は


AD