未来予想図

テーマ:

ある日、十数年ぶりに私は未来予想をしてみた。

なんてことは無い。

ただ、白紙の紙に向かってこれからの自分のことを考えてみたんだ。


10歳のころ。まだ小学生だった僕は『宇宙飛行士になりたい』と

そう、作文に未来予想をかいたんだ。

まだまだ、あどけない夢にあふれていたんだ。


14歳のころ。中学生だった俺は『科学者になりたい』と

そう、文集に未来予想をつづったんだ。

夢をもって未来へと走っていたんだ。


18歳のころ。高校生だった俺は『技術者になる』と

そう、教師に未来予想をかたったんだ。

ただ、漠然と未来へ向かって歩んでいたんだ。


25歳のころ。社会人だった俺は『出世をしたい』と

そう、後輩に未来予想をかたっていたんだ。

ただ、漠然と日々の日常に忙殺されていただけの日々だったんだ。


そして、今、40歳を越えて、私が思うこと


―――未来予想―――


絶え間なく流れていく中で、すでに未来への夢、希望

それは流れ落ちる水のように時の流れの中に落ちてしまっていた。

私はただいつか訪れるであろう死に向かって

『ただ、健やかに・・・』と日々を過ごすことができたら


―――未来予想―――


だけれども、私『達』の夢、希望

それはいまだ死んでいないのだと気付いている。


それは、今私の傍らに眠るこの子達がいるからなのだ。


小さな子供達の命の中に私の未来予想は詰まっている。


私の子供が書いた未来予想

『僕は大きくなったら宇宙飛行士になりたい』


そう、私の未来予想図はまだまだ続くのだ。

AD