桜の花びら咲く頃に その1

テーマ:

きっと・・・もう一度だけ


嵐山でその言葉を聞いたのは去年で・・・


舞い落ちる桜の花の中、彼女はいった


多分、それはもう一度やり直せることだと・・・


その時は思ったんだ・・・


********




日々は流れ、日常の多忙に忙殺されていた僕は


もう冬も終わりの季節に


ふっとその言葉を思い出した




甘い香り

桜色の思い出の中で

輝いていた思い出の一ページ




家への帰り道

電車に揺られながら、京都に再び行くことを決めた


あの街に・・・行かなければならない気がしたから



それは多分、予感だったのだろうと思う



********






AD

チャーハンが食べたい

テーマ:

チャーハンが食べたい

とりあえず財布の中にはチャーハン無料券(300円分)がある


ただ、チャーハンが食べたいからといって

チャーハンだけ食べるのはさもしい気がする

しかも無料券を使う予定


でも、チャーハンを食べたい

そうだ餃子(250円)をつければ形になるだろうか?

いや、そしたら餃子分(250円)だけ払って

店員さんに『あの人、チャーハンだけだと恥ずかしいから餃子も頼んでる』

とか思われるのは恥ずかしい


じゃあ、ラーメンを頼んだら

店員さんに『ああ、あの人、普通にご飯食べに来たんだな』

と思われるだろうか?思われるだろう


いや、でもな・・・。そこまでおなか減ってないんだよな

チャーハン食べたいだけなのに

食べたくないラーメン(680円)を食べなきゃならないのは嫌だな


ああ、チャーハンが食べたい

ぱらぱら熱々のチャーハンが食べたい


どうやったらチャーハンを食べられるんだろ?


AD

乾杯

テーマ:

「お疲れ様です」


帰える間際、軽く頭を下げ、先輩社員、同僚に笑顔を向けて

私は帰宅の戸についた


暇で、特にやることも無く、面白くない職場

そのくせ、人間関係はなかなかドロドロしている


私に与えられていることは

ただ黙って笑顔を振りまいて座っていること


かわいいから。綺麗だから

それ以外の理由は無いのかもしれない

あの会社に私がいる意味は


ほとんどの人は思っているのだろう

若くて綺麗なうちに、誰かと結婚して円満な寿退社をするのだろうと


そんな、普通過ぎるような普通の想像


バカみたい


だけど、最近はそれでも良いかと思ってきた

悪いわけじゃないもの

ただ、それはどうしよもなく退屈なだけだ


私はそんなことに目を瞑りながら生きている


みんなそうだと思う

みんなそうだから、この世界は上手くいっているのだろう


いつの間にか、繁華街に足を向けていた

綺麗で、そして汚い街


怪しく、それでも、何かを見せてくれる、夢見せてくれる


例え幻でも


「おっ、里緒ちゃん。いらっしゃい」

「うん。こんばんわ。いつものやつ、頂戴」



いつまで続くのだろう、この物語は


AD