雪道を走ると

テーマ:

峠を一人、車を走らせていた


久しぶりにクソ寒い日で雪までちらほらと舞っている


「こんな日に限って・・・」


と一言くらい文句を言いたくなる

今日は4日間の出張が終わり、出張先から帰る日

運悪く今年は大人しかった冬将軍が押し寄せていていた


雪が降ると、幹線道路の山道は大抵溶雪機が動き出して

路上に雪を積もらせまいと水が噴出している


この水には凍結防止と融雪作用促進のための粉が混ぜられているので

車に水がかかってしまうと後でひどく汚れるのだ


「明日は洗車かな・・・」


正直な話、出張帰りの明けの一日くらいのんびりしたい

だけど、愛車が汚れまみれでは

融雪機の存在すら知らない南国の人(主に同僚や上司)に

車の管理もしないルーズな人と思われてしまうかもしれない


それは嫌だ。几帳面な人、清潔な人で会社では通っているのに

そんなことで変に思われたくない

出来れば、人並みに評価を受けて、出来れば昇給を順調に遂げたいのだ


「しょうがないな・・・」


そう思って車を飛ばすこと3時間

どうせなら高速でも使えばよかったなどと思ったが

後の祭りでなんとか我が家に着いた


見ると部屋の明かりが点いている

一人暮らし、ワンルームマンションに部屋の明かりが点いている理由はただ一つだ


予感と確信を持ちながら部屋に行くと

予想通り、彼女が帰りを待ち構えていた


「おかえり~」

「ただいま。どうした?」

「へへ、今日出張から帰るって聞いていたから。ごくろうさま。つかれた?

でも、ちょっと遅すぎない?なにしてたの?」

「下道で帰ってたから遅くなった。正直高速使って帰ればよかったよ」


部屋の中に入ると食事が簡単ながら作られていた

これは悪いことをしたと思いながら

一言言ってくれれば高速使ったのにと心の中で八つ当たりをしてしまう


「ご飯できてるよ?食べる」


ここで食べないわけにはいかないだろう

たとえつい先ほど食事を食べてきたとしても

それがまだ知り合って半年の彼女に対する誠意と言うものだ


と、言うわけで食事を何とか終えた後(失礼)

彼女は家に帰ると言うので車で送っていくことにした


「うわっ。泥だらけ・・・どうしたの?これ」

「ちょっとな。ひどい道を帰ってきたから」


融雪機に含まれる粉が云々はこちらの人には話さないでおいた

意味がないし、説明するこちらも疲れる


「明日、洗車しようか?」

「そうだな。でも明日仕事は?」

「明日は休みだよ。何言ってるの?ほら?」


そう言ってスケジュール帳には祝日のマーク

それを見てまず思ったのが出張明けの休みを損したなだった


「じゃあ、また明日」


彼女を家まで送り届けて、帰路につきながら

なんとなく我が愛車の状態を再認識する


彼女も少し引いていたようだし

やはり、体裁を考えれば・・・・


「明日は洗車だな」


多分、二人で・・・

AD

1月があっという間に過ぎた

1年でなおすと12分の1が過ぎたことになる


これが12回過ぎるとして1年

これが10回繰り返されれば10年

そして、10年が10回くれば100年だ


子供はたけのこ

すくすく育つ

子供のうちは分からない


10年が過ぎる意味が

なぜなら10年生きていない

生きていても10年前の記憶がないからだ


大人は不便だ

10年前のことを、ついこの間のことをして記憶している


記憶の連鎖が続けば

ある事象に対して関係あることを思い出す


そして、それが何年前かを思い出す

それが1年、10年たってもだ


人は産まれ、人は育ち、人は何かに向かって歩く

その先にあるものはほとんどの人にとって意味のない結果でしかなくて

生きること以上の意味しかないとしても

それでも一歩一歩進んでいく。進まされていく


時の流れは速い

速い時の流れに身をゆだね

今日も生きていくのだろう


*****


ここまで書いたとき私は筆を置いた

定められたノートには黒いインクが一面にびっしりと文字を連ならせている


不意に後ろの扉が開くのを感じた

振り返ると家内の姿が見える


「こんな遅くまでお仕事ですか?」

「いや。・・・ただね。」


そう言って私は本を閉じた

人に見せるには少し恥ずかしいと感じたからだが

私に家内は何も言わず微笑んでくれていた


「あまり、無理をなさらないでくださいね」

「ああ」


それだけを言って寝室に戻っていく家内の姿を見ながら

ふっと一つのひらめきが頭をよぎった


私は忘れないうちに急いで先ほどの文章

その最後にこの言葉を連ねた


『ただ、私は幸せなんだと言える』

AD