将棋界の気になるつぶやき






2017年07月11日

急所で圧勝。。第88期棋聖戦5番勝負/第4局「羽生棋聖、棋聖10連覇達成!」

テーマ:ブログ

第88期棋聖戦中継サイト
中継ブログ

 

 

10連覇を目指す羽生善治棋聖に

関西の新若大将・斎藤慎太郎七段が挑戦する

第88期棋聖戦5番勝負。

 

ここまで3局を消化し、羽生棋聖が2勝1敗とリード。

タイトル防衛に王手をかけて迎えた大一番/第4局が

本日、新潟県新潟市「高島屋」にて開幕。。

 

 

 

 

棋聖戦/第4局・柔らかいプレビュー

 

 

第4局の先手は羽生棋聖。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△斎藤七段: なし

 

対します、斎藤七段も2手目に同じく

角道を開く△3四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: なし

△斎藤七段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

いざ、「横歩取り」を目指す序盤の出だしに。。

 

 

 

14手目△8六同飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩2

△斎藤七段: 歩2

 

そのまま定跡手順の進行となり

互いに飛車先で歩を交換して迎えた

上図から次に、羽生棋聖は。。

 

 

 

15手目▲3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩3

△斎藤七段: 歩2

 

2筋の浮き飛車でお隣り3筋の歩をかすめとり

戦型は両者得意の「横歩取り」となりました。

 

「横歩取り」は基本的に後手の動きが鍵となりますが

斎藤七段は3筋に回った先手の飛車先を定跡通りに

まずは角で受けます(16手目△3三角)。。

 

 

 

24手目△7二銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩

△斎藤七段: 歩2

 

飛車を8四の地点に構えた

斎藤七段は上図で玉に続いて銀も立てて

自陣の右側に「美濃囲い」を築く最新の駒組みへ。。

 

 

 

25手目▲4八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩2

△斎藤七段: 歩2

 

一方、▲6八玉型に構えた羽生棋聖は

銀を金の上に乗せ、自陣右側に壁を築きます。。

 

 

 

29手目▲3六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩2

△斎藤七段: 歩2

 

続いて端歩を巡る攻防となると

斎藤七段が9筋の端歩を突き越したのに対し

羽生棋聖は1筋はそのままに3筋の歩を突き

飛車の横利きが一瞬止まった、次の瞬間。。

 

 

 

30手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩2

△斎藤七段: 角、歩2

 

斎藤七段は角交換を敢行。

後手番ながらも自ら仕掛けて模様を動かします。

 

羽生棋聖は▲同銀(31手目)で角を払い、以下

△3三桂~▲3七桂~△2三銀に▲7七桂をみて

下図36手目△2四歩と進行。。

 

 

 

36手目△2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、歩2

△斎藤七段: 角、歩

 

角交換成立後

両者は「横歩取り」の主役である桂馬を跳躍。

来るべき開戦へ、力を溜めます。。

 

斎藤七段が2筋に歩をあてがい

そっとキズを消した上図の局面で、午前の対局は終了。

お昼休憩突入となりました。。

 

 

【 お昼のメニュー 】

 

両者ともに天ざるそば、おにぎり2個(鮭、梅)

 

 

 

39手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 角、歩2

△斎藤七段: 角、歩

 

午後の対局開始の一手で

羽生棋聖は4筋の金を5筋に寄せて駒を連結。

まずは玉の囲いをより強固に(37手目▲5九金)。。

 

 

次に、斎藤七段が7筋の歩を突き(40手目△7四歩)

右の桂馬の活用を見せると、羽生棋聖は3筋の歩を伸ばし

位を取りつつ、再び飛車の横利きを通しました。。

 

この手をみて、斎藤七段が

このタイミングで7筋の歩を突き合せると。。

 (40手目△7五歩)

 

 

 

41手目▲6六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩2

△斎藤七段: 角、歩

 

羽生棋聖は角を手持ち6六の地点に投入。

後手に飛車をけん制しつつ、攻守に利かせる

好所に打ち込み、形を決めました。。

 

このままでは7筋の歩を取り込めない

斎藤七段は飛車を5筋に動かし(42手目△5四飛)

以下、▲7五角~△7三桂~▲6六角~△3六歩で

▲同飛と呼んで、下図48手目△2八角と進行。。

 

 

 

48手目△2八角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩4

△斎藤七段: なし

 

斎藤七段は貴重な一歩を犠牲にして

敵陣に2筋に角を投入、同じく形を決めますが。。

 

 

 

49手目▲5六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩4

△斎藤七段: なし

 

羽生棋聖は飛車を滑らかに

斎藤飛車が居を構える5筋に移動させて

飛車交換を迫りました。。

 

 

 

53手目▲2一飛。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩4

△斎藤七段: 飛、香

 

斎藤七段が注文に応じ、飛車交換が成立すると

序盤の折衝から攻防の主導権を握る羽生棋聖は

手にした飛車を先に敵陣へ投入し、宣戦布告。。

 

 

 

66手目△4四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 香、歩2

△斎藤七段: 歩

 

一本調子で形勢を渡してなるものか、と

斎藤七段も直後に飛車を打ち込み(58手目△2九飛)

徹底抗戦の構えをみせますが。。

 

 

 

77手目▲3四香。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 歩4

△斎藤七段: 香

 

序盤の構想から一本の線の様に

指し手がつながる羽生棋聖の勢いは加速し

攻撃陣がグイグイと、後手陣に迫ります。。

 

 

棋聖戦/第4局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・127手目▲5三香 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生棋聖: 飛、銀、歩2

△斎藤七段: 飛、香、歩2

 

 

大差がついた終盤戦

斎藤七段は最後まで最善を尽くし粘りに粘り

勝利への執念をみせましたが、上図の局面で

ついに力尽き、無念の投了を告げました。。

 

大一番を完勝で飾った

羽生棋聖がこの瞬間、番勝負を3勝1敗で制し

見事、棋聖10連覇を達成しました!

 

 

 

□□□

 

棋聖戦/第4局開幕前夜。。

 

羽生棋聖今期成績一覧

 

 

□□□

 

覚醒の序章。。「佐々木五段、準々決勝進出」

 

 

 

 

□□□

 

神童対決を制し、連勝をストップ。。

 

無限の必然

 

 

 

 

□□□

 

 

藤井四段は再出発を白星で。。

 

藤井四段、仕切り直しは白星発進

 

 

 

 

本日、都成四段と今期三度目の対戦。。

 

藤井四段今期成績一覧

 

藤井四段前期成績一覧

 

藤井四段激戦譜(炎の七番勝負など)

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。