将棋界の気になるつぶやき






2017年03月20日

第42期棋王戦5番勝負/第4局「渡辺棋王完勝、決着は最終局へ」

テーマ:ブログ

第42期棋王戦中継サイト
中継ブログ

 

 

5連覇を目指す渡辺明棋王に

千田翔太六段が挑戦する第42期棋王戦5番勝負。

 

ここまで3局を消化し、千田六段が2勝1敗とリード。

タイトル奪取に王手をかけて迎えた大一番/第4局が

本日、栃木県宇都宮市「宇都宮グランドホテル」にて

行なわれました。。

 

 

 

 

第4局の先手は渡辺棋王。

カド番に立たされもう後の無い本局の初手は

角道を開ける▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

対します、千田六段は

2手目に飛車先を突く△8四歩と返し

対局はスタート。。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

渡辺棋王の作戦が明らかとなる次の3手目。。

 

 

 

3手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

渡辺棋王は1分の少考の後

3手目▲6八銀とし、大一番はやはり

得意の「矢倉」での勝負を指向しました。。

 

 

 

17手目▲6七金。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

千田六段も先手の駒組みに追随し

いざ、「相矢倉」を目指す序盤の進行となると

渡辺棋王は早々と飛車先を決め(9手目▲2五歩)

最近の主流である「早囲い矢倉」を目指します。。

 

 

 

23手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

千田六段は角を戦場に迫り出し

先手の駒組みをけん制(22手目△6四角)。。

すると即座に、渡辺棋王も角を戦場に迫り出し

双方の角が向かい合った状態で駒組みが進行。。

 

 

 

37手目▲7八金。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

渡辺棋王は玉を7筋に囲う「片矢倉」ではなく

8八の地点に深く納めて囲う「金矢倉」を完成。。

 

この手をみて

金を事前に6筋に寄せた(36手目△6ニ金)

千田六段は次に、飛車を最下段へと引き下げます。

(38手目△8一飛)

 

 

 

40手目△4ニ銀右。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

午前の対局は上図40手目まで進行。

渡辺棋王が角を自陣に引き戻せば(39手目▲6八角)

千田六段が銀を囲いに引きつけた局面までで

昼食休憩突入となりました。。

 

【 昼食のメニュー 】

 

両者ともに「松花堂弁当」。

 

 

 

43手目▲2六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

午後の対局開始直後に

千田六段はさらに一手を費やし銀を移動

「矢倉囲い」を完成させます(42手目△4三銀)。。

 

渡辺棋王がその間に

飛車先に銀を乗せ、「棒銀」に構えると。。

 

 

 

44手目△4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: なし

△千田六段: なし

 

千田六段は57分の長考の末

4筋の歩を突き合わせ、仕掛けを開始しました。。

 

 

渡辺棋王はノータイムで

銀をサッと引き下げて受け(45手目▲3七銀)、以下

△4六歩~▲4八飛~△8五桂~▲8六銀~△4四銀直に

▲6五歩~△8ニ角~下図53手目▲4六角と進行。。

 

 

 

53手目▲4六角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 歩

△千田六段: 歩

 

渡辺棋王は後手の仕掛けを上手く利用し

自軍の駒を躍動、攻防の主導権を掴みます。。

 

 

 

64手目△2八角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀、歩2

△千田六段: 銀、歩

 

仕掛けたからには後には引けない

千田六段は角に続けて銀交換が成立後

手持ちの角を先手陣に投入し畳み掛けます。。

 

飛車を狙われた渡辺棋王が

格言通りに「角には角」を合わせるも(65手目▲3七角)

千田六段は交換には応じず、馬を作り力を溜めました。

(66手目△3九角成)

 

 

 

77手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀、歩2

△千田六段: 銀

 

しかし、馬は起点とはならず

結局、千田六段は二度目の角交換で馬を成算。。

その間も自然な応手を重ねる渡辺棋王が確実に

ポイントを稼ぎ、リードを広げて行きます。。

 

再度、先手陣に角を打ち込み

千田六段は桂馬を狙いますが(76手目△4八角)

上図から次の△同銀(78手目)をみて、渡辺棋王は。。

 

 

 

79手目▲3八歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀、歩

△千田六段: 銀、歩

 

桂馬の真下に歩を打ち込み

磐石の指し回しでつけ入る隙を与えません。。

 

 

 

91手目▲4ニ成銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 金、歩2

△千田六段: なし

 

攻守ともに完全に形を作り上げ

まずは後手の攻め手を切らせた渡辺棋王は

満を持しての寄せに出ます。。

 

 

棋王戦/第4局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・97手目▲4三同飛成 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 金2、銀、歩2

△千田六段: 角、銀、歩

 

渡辺棋王の猛攻の前に

千田六段は上図の局面で無念の投了。

渡辺棋王がカド番を凌ぎ、タイトルのゆくえは

フルセットまでもつれ込みました。。

 

 

 

□□□

 

止めたのは、次世代のオンリーワン。。

 

炎の七番勝負/第2局「藤井四段、初黒星」

 

 

 

 

 

 告発の果てに。。

 

白星は遠く。。三浦九段、復帰後3連敗

 

 

 久保新王将が冤罪事件に言及。。

 

切れ味鋭く、後味は苦く。。

 

 

1億から1兆へ。。橋本八段、謝罪

 

外堀は埋まり、矢面に。。

 

理事、3名を解任

 

事件はここに始まり。。

 

渡辺明竜王が独占告白

 

三浦九段、不正疑惑を読む

 

日本将棋連盟昨年末の会見

 

 

 アニーと仲間たち活動記録

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。