将棋界の気になるつぶやき






2017年02月27日

本日、臨時総会。。第66回NHK杯/準々決勝「伏兵がベスト4進出」

テーマ:ブログ

第66回NHK杯将棋トーナメント

決勝トーナメント表

 

【 投了図・129手目▲3ニ角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲佐藤六段: 銀、桂、歩3

△村山七段: 角、金3、桂2、香、歩4

 

昨日、放送されました

日曜午前お楽しみ第66回NHK杯/準々決勝

注目の「村山慈明七段-佐藤和俊六段」は

上図129手までで、先手・佐藤六段が勝利。。

 

戦型は佐藤六段の「中飛車」に対し

村山七段が居飛車で迎え撃ち、対抗形に。。

積極的に仕掛ける佐藤六段が気持ちよく

駒を捌いてペースを握りました。

 

連覇を目指す村山七段も意地をみせますが

最後は佐藤六段がキッチリ後手玉を仕留め、完勝。。

 

3回戦で羽生善治三冠に勝利をおさめた

佐藤六段は前期NHK杯選手権者も下す快進撃で

堂々のベスト4進出が決定。。

 

初優勝を目指し

準決勝では橋本祟載八段と対戦します。。

 

 

さて、本日の将棋界では

公式対局はお休みとなり、臨時総会が開かれます。

 

2月6日に選任された佐藤康光新将棋連盟会長と

井上慶太新常務理事を除く常任理事解任が議題となり

一連の冤罪事件の責任を内部から追及する形に。。

 

すでに

事件発生時の最高責任者だった谷川浩司連盟会長と

渡辺明竜王主催の極秘会合の場に自宅を提供するなど

主導的な役割を果たしたとされる島朗理事は引責辞任。

 

連盟の正常化へ、棋士がどのような意思を示すのか。。

本日の臨時総会の結果に大きな注目が集まります。。

 

 

□□□

 

「将棋界の一番長い日」、戦いすんで。。

 

時の流れは静かに。。そして、確かに

 

 

盟友も、無念。。

 

A級/最終戦「羽生三冠、名人挑戦成らず」

 

 

 

「将棋界の一番長い日」、羽生世代の戦い

 

BIG3の運命は。。

 

羽生世代今期成績一覧

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。