将棋界の気になるつぶやき






2017年02月15日

不穏を熱に。。第30期竜王戦ランキング戦1組/1回戦「羽生三冠-三浦九段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第29期竜王戦中継サイト

第30期1組トーナメント表

 

 

今回は月曜日(13日)に行なわれました

注目の第30期竜王戦ランキング戦1組/1回戦

「羽生善治三冠-三浦弘行九段」の模様を

ご紹介させていただきます。。

 

昨年の10月、冤罪事件に巻き込まれ

言われ無き公式戦出場停止処分を科された

三浦九段の実に4ヶ月ぶりの復帰戦となった本局。

 

 

佐藤康光新将棋連盟会長の立会いのもと

詰め掛けた多くの報道陣と無数のシャッター音を耳にしながら

指された先手・羽生三冠の初手は角道を開く▲7六歩。。

 

この手をみて、三浦九段は。。

 

 

 

すぐには次の手を指さずに額に手をあて、しばしの黙考。

万感迫る表情に、思わず胸が熱くなります。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: なし

△三浦九段: なし

 

およそ2分の考慮の後

三浦九段は2手目△8四歩と飛車先を突き

対局はスタート。

 

早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねました。

 

 

 

3手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: なし

▲三浦九段: なし

 

三浦九段の2手目をみて、報道陣は退室。

対局場に静寂が戻ってから指された3手目で

羽生三冠は▲6八銀とし、「矢倉」を志向します。。

 

 

 

15手目▲2五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: なし

△三浦九段: なし

 

「矢倉」は三浦九段も得意戦法。

手に沁みた戦型での勝負は願ったり叶ったりですが

しかし、羽生三冠は「相矢倉」の定跡形は踏襲せず

居玉のまま早々と飛車先を決め、力戦を志向します。。

 

 

 

22手目△7三桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: なし

△三浦九段: なし

 

売られたケンカは買うしかないと

三浦九段は玉を「左美濃」におさめてから

右の桂馬の活用を急ぎます。。

 

が、次の瞬間。。

 

 

 

23手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: なし

△三浦九段: なし

 

いまだ居玉の羽生三冠は

3筋の歩を突き合わせ、仕掛けを開始しました。。

 

三浦九段が△同歩(24手目)と応じて、以下

▲同角~△6四歩~▲2四歩~△同角~▲同角~

△2三歩~▲1五角~△1四歩に下図33手目

▲2六角と進行。。

 

 

 

33手目▲2六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 歩2

△三浦九段: 歩

 

事件の性質そのままに

異様な雰囲気の中で始まった復帰戦の緊張を解すように

羽生三冠は軽快に、角で盤上に弧を描きました。。

 

この手をみて、手番を握った三浦九段は。。

 

 

 

34手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 歩2

△三浦九段: 歩

 

逸る気持ちを押さえら得ないとばかりに

5筋の歩を突き合わせ、反撃を開始します。。

 

 

 

46手目△7八歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 歩3

△三浦九段: 歩

 

三浦九段は飛車を羽生玉が居座る5筋に合わせ

中央突破の下地を作ると、桂馬をオトリに敵陣7筋へ

嫌らしく歩を成り込み、羽生玉の動きを制限。。

 

上図から次に

羽生三冠が桂馬を取り込むと(47手目▲8五歩)。。

 

 

 

48手目△4四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 桂、歩3

△三浦九段: 歩

 

5筋の銀を4筋に繰り上げ

羽生角の前途を塞ぎ、自らの飛車先を開きました。

 

この手に対し、羽生三冠は次に

三浦飛車の頭上を叩いて(49手目▲5三歩)、以下

△同飛~▲7三歩成~△同金~▲2三歩~△同桂に

下図55手目▲3四歩と進行。。

 

 

 

55手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 桂

△三浦九段: 歩4

 

羽生三冠は細かく歩を突き捨て後手陣を乱すと

自らが呼んだ後手の桂馬の頭上に歩を打ち込み

「さあ、かかって来い」と、三浦九段からの攻撃を

居玉のままで受けて立ちます。。

 

 

 

58手目△5七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 桂

△三浦九段: 歩4

 

「ならば、行かせていただきます!」

三浦九段はもちろん、飛車先5筋から一気に

攻勢を強め、羽生玉目掛けて襲い掛かり

復帰戦は熱く、開戦となりました。。

 

 

 

79手目▲5七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 銀、桂、歩2

△三浦九段: 歩2

 

三浦九段の攻勢は続きますが、しかし

羽生三冠は駒を回転させつつ、重心低く受けに回り

決め手を与えず、形勢は混沌と。。

 

 

 

87手目▲3三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 銀、桂、歩

△三浦九段: 金、歩

 

 

切り札である飛車が捌けず

なかなか中央をこじ開けられない三浦九段に対し

その間に、手持ちの戦力を充実させた羽生三冠が

後手陣へと攻め入り、反撃の狼煙を上げます。。

 

 

 

107手目▲3三桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 金、銀、歩

△三浦九段: 角、金、桂、歩4

 

羽生三冠は鮮やかな指し回しで後手陣を崩壊。

三浦玉を丸裸にすると、その頭上に桂馬を成り込み

形勢をグイグイと引き寄せて行きます。。

 

が、しかし。。

 

 

 

114手目△5八角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 金、銀、桂

△三浦九段: 金、桂2、歩4

 

 

押しつぶされそうな不安と悔しさを耐え忍び

ようやく迎えた復帰戦を終わらせてなるものかと

三浦九段は魂の反撃で勝利への執念を滾らせ

最後まで目の離せない熱い攻防戦となりました。。

 

 

【 投了図・131手目▲5一銀打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生三冠: 金、桂3、歩2

△三浦九段: 歩3

 

しかし、羽生三冠の正確な指し回しの前に

先手に傾いた形勢をついに、引き寄せるには至らず

上図の局面をみて三浦九段、無念の投了となりました。

 

 

実戦感覚や最新研究の不足が心配された

三浦九段ですが、ブランクを感じさせない熱戦を展開し

その実力と健在ぶりを将棋ファンに大いにアピール。

今後の活躍へ期待が膨らみます。。

 

一方、三浦九段の将棋を堂々と受け止めた上で

見事な勝利を飾った羽生三冠は第一人者の貫禄を示し

あらためてその存在の偉大さとともに、大きな注目を集めた

復帰戦の価値をさらに引き上げました。

 

 

 

 

□□□

 

三浦九段が公式戦に復帰

 

復帰戦速報、封じ手予想も。。

 

三浦九段、ついに復活

 

 

 

 

冤罪事件は最終コーナーへ。。

 

千日手、そして双方向。。

 

魂の叫びは、優しく。。

 

新会長誕生から一夜、三浦九段が会見

 

佐藤康光新将棋連盟会長誕生

 

谷川俊昭と仲間たち、署名活動展開中

 

手書きの署名も受付中

 

素敵な翻訳者様に感謝感激

 

English Here

 

フランス語版はこちら

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。