将棋界の気になるつぶやき






2016年12月29日

力勝負。。第58期王位戦・予選/決勝「山崎八段-今泉四段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト

第58期予選トーナメント表

 

 

 

初手▲5六歩

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: なし

△山崎八段: なし

 

昨日で年内の公式対局が終了した将棋界。

今回はその中から、注目の初手合いとなりました

「山崎隆之八段-今泉健司四段」の模様を

振り返らせていただきます。

 

舞台は王位戦・予選/決勝。

先手・今泉四段は初手でいきなり中央5筋の歩を突き

2年前のプロ編入試験突破の原動力ともなった相棒

「中飛車」投入を宣言します。。

 

 

 

4手目△3ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: なし

△山崎八段: なし

 

山崎八段が2手目に角道を開くと

今泉四段はすかさず飛車に手を、5筋へと振り

宣言通りに「中飛車」に構えます。。

 

すると、次の瞬間

居飛車党の山崎八段も飛車に手をかけ3筋へ。。

本局の戦型は「相振り飛車」となりました。

 

 

 

14手目△3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: なし

△山崎八段: なし

 

ともに飛車のポジションが決まると

今泉四段は居玉を解除し玉を囲う準備を整えますが

山崎八段はその間に9筋の端歩を突き越し、居玉のまま

飛車をフワリと浮かせました。。

 

山崎八段の今期ここまでの成績は

33戦22勝11敗(.667)。順位戦はB級1組で7勝2敗。

悲願のA級昇格へ、堂々のトップに立ち新年を迎えます。

 

 

 

15手目▲5六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: なし

△山崎八段: なし

 

山崎八段が飛車を浮かせたのをみて

今泉四段も同じく飛車を浮かせて横の動きをけん制。

序盤から力勝負の気配が漂います。。

 

今泉四段の今期ここまでの成績は

30戦19勝11敗(.633)と安定して好調をキープ。

フリークラス脱出を決め、来期のC級2組順位戦参戦も

すでに決めており、充実のプロ二年目となりました。

 

 

 

35手目▲3八金。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩

△山崎八段: なし

 

感性豊かな攻め将棋が持ち味の

山崎八段は居玉のまま駒組みを進行。。

 

対照的に重厚な受けが自慢の今泉四段が

上図の局面で金を3筋に上げてバランスを取ると。。

 

 

 

36手目△5四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩

△山崎八段: なし

 

山崎八段はプロ入り前から親交のある今泉四段へ

挨拶代わりであるかのように5筋の歩を突き出しました。

この手をみて、今泉四段はジッと銀を引き下げます。。

(37手目▲6六銀)

 

 

 

47手目▲9八香。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩2

△山崎八段: なし

 

先手の飛車を押さえ込みにかかる山崎八段。。

今泉四段は下段に下げずに飛車を2筋に納めると

9筋の香車を上げて「穴熊」を明示しました。。

 

 

すると、次の瞬間。。

 

 

 

48手目△6五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩2

△山崎八段: なし

 

いまだ居玉の山崎八段は

6筋の歩を突き出し、先に仕掛けを開始します。。

 

今泉四段はここもジッと銀を引き(49手目▲7七銀)

以下、△8五桂~▲8六銀~△4五桂~▲8五銀に

△3六歩をみて、下図55手目▲4六桂と進行。。

 

 

 

55手目▲4六桂。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩2

△山崎八段: なし

 

左右の桂馬を跳ねた山崎八段に対して

銀で右の桂馬を食いちぎった今泉四段はすかさず

山崎飛車に当てて4筋に手にした桂馬を投入。

反撃に出ますが。。しかし

 

 

 

66手目△3七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩3

△山崎八段: 歩

 

涼しげに飛車を自陣に引いた(56手目△3三飛)

山崎八段は構うことなく攻め駒をグイグイと前進。。

続々と先手陣に到達し、瞬く間に火の手を上げます。。

 

 

 

78手目△6ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩5

△山崎八段: 歩

 

先手の陣形を乱し、十分に圧力をかけた

山崎八段は今泉四段の飛車取りを敢えて手抜いて

このタイミングで居玉を解除しました。。

 

 

 

84手目△6六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 歩5

△山崎八段: なし

 

盤上がいかにも山崎八段の色に染まり始める中

今泉四段は飛車を取り切ることなく玉を「穴熊」へ。。

(83手目▲9九玉)

 

この手をみて、山崎八段は

6筋に歩を垂らし、先手の角の前途を塞ぎます。。

 

 

 

94手目△8六角。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 金、銀、歩4

△山崎八段: 角

 

確実に先手の角を取り込んだ

山崎八段は上図の局面で見切り良く角切りを敢行。。

 

後手の狙いは

もちろん▲同歩と取らせて△7七「と」金ですが

その進行でもまだ「詰めろ」はかからなそう。。

 

 

 

95手目▲6四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 金、銀、歩4

△山崎八段: 角

 

しかし、今泉四段は角は取らずに6筋を叩き

果敢に攻め合いを求めました。。

 

ならば、と

山崎八段は角を成り込み(96手目△7七角成)

以下、▲8八銀~△6四銀~▲7七銀~△同「と金」に

▲8六角をみて、下図102手目△5五角と進行。。

 

 

 

102手目△5五角。

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 金、歩4

△山崎八段: 銀、桂、歩

 

見応えのある攻防戦にはじめて

差がついたのが上図の局面となりますでしょうか。。

 

8筋の歩を突かずに銀との交換で角を手にした

今泉四段はその角を8筋に打ち込み攻守に利かせますが

山崎八段は返す刀で天王山・5筋の位に同じく角を打ち込み

銀と「と」金の両方にヒモをつけ、先手玉も同時に捉えました。。

 

 

【 投了図・116手目△7八歩 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲今泉四段: 角、銀、歩5

△山崎八段: 金、銀

 

山崎八段リードで迎えた最終盤戦。。

今泉四段は最後まで勝利への執念を燃やしましたが

山崎八段は確実に攻め手を重ね、上図の局面をみて

今泉四段は無念の投了を告げました。

 

今年最後の対局で

バリバリのトップ棋士と熱戦を演じた今泉四段。

惜しくも敗れはしましたが、さらなる飛躍を目指す新年に向け

悔しさと同時に大きな手応えと収穫を得た一戦に感じました。

 

 

今泉四段の今期成績一覧

 

 

 

□□□

 

「三浦九段、不正疑惑を読む」

 

12月20日以降の動きを追加しました。

 

ぜひ

三浦九段の会見記事、概要を読んでから

連盟の会見概要をお読み下さい。

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

  

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。