将棋界の気になるつぶやき






2016年12月22日

最後はらしく。。第29期竜王戦7番勝負/第7局「渡辺竜王完勝で防衛達成」

テーマ:ブログ

第29期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

通算11期目の防衛を目指す渡辺明竜王に

丸山忠久九段が挑戦する、第29期竜王戦7番勝負。

 

ここまで6局を消化し、3勝3敗のイーブン。

勝者がタイトルを手にする大一番・最終戦/第7局が

昨日より、新潟県魚沼市「温泉御宿 龍言」にて開幕。。

 

 

 

 

竜王戦/第7局・複雑なプレビュー

 

あらためて振り駒で決まる最終戦の手番で

幸先よく先手を得たのは、渡辺竜王でした。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: なし

△丸山九段: なし

 

渡辺竜王の初手は角道を開く▲7六歩。。

対します、丸山九段も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返して、対局はスタート。。

 

続く3手目に、渡辺竜王が

飛車先の歩を突き居飛車を明示すると。。

 

 

 

4手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: なし

△丸山九段: 角

 

丸山九段はノータイムで角交換を敢行。

長年に渡り愛用し、独自の研究を積み重ねる

拘りの十八番「一手損角換わり」を投入しました。。

 

 

 

20手目△7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

角交換成立後

両者は右銀のポジションを明かすことなく

慎重に駒組みを進めます。。

 

しかし、先に渡辺竜王が銀を

3筋に繰り上げたのをみて(19手目▲3七銀)

丸山九段も同じく飛車のコビンに銀を繰り上げ

「相早繰り銀」模様が描き出されました。。

 

 

 

25手目▲8八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

玉形の厚い堅陣を好む

渡辺竜王は上図で堂々と玉の入城を完了。

自然な手を重ねながら、後手から仕掛けを待ちます。。

 

対照的に、型にはまることを好まず

相手の言い分にも耳を関さない孤高の天才

丸山九段は、上図から次に。。

 

 

 

26手目△7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

先手に追随して玉には手をかけずに

7筋の歩を突き合わせ、血気盛んに仕掛けを開始。。

両者の棋風が盤上で交錯します。。

 

 

 

42手目△9五同銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、歩2

△丸山九段: 角、歩2

 

「早繰り銀」を「棒銀」にシフトした

丸山九段は教科書通りに9筋の端で銀を捌いて

一直線に攻勢を強めます。。

 

 

「丸山九段、熱き攻勢。。封じ手は渡辺竜王」

 

 

【 一日目終了図・56手目△8四桂 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、香、歩2

△丸山九段: 角、歩

 

一日目は上図56手目まで進行。

丸山九段が桂馬を飛車先に打ち込んだ局面で

渡辺竜王が長考の末、次の手を封じて

指し掛けとなりました。。

 

 

一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。。

 

 

 

57手目▲6七金直。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、香、歩2

△丸山九段: 角、歩

 

注目の渡辺竜王の「封じ手」は▲6七金直。

まずは本命の一手から二日目はスタート。。

 

 

 

58手目△7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、香、歩2

△丸山九段: 角

 

ジッと受けに回った先手に対して

丸山九段は8分の考慮で気息を整えてから

狙いの筋である△7六歩を投入しました。。

 

次に、渡辺竜王が4分の少考の後

▲同銀(59手目)でこの歩を払うと。。

 

 

 

60手目△9七香成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、香、歩3

△丸山九段: 角、歩

 

丸山九段は香車ロケットを発射し、戦闘開始。。

渡辺竜王はすぐに▲同玉(61手目)と応じて、以下

△9ニ飛~▲8八玉~△7六桂~▲同金に△7七歩~

▲同玉~△9九飛成~下図69手目▲7九香と進行。。

 

 

 

69手目▲7九香。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、桂、香、歩4

△丸山九段: 角、銀

 

踏み込んだからには攻め続けるしかない

丸山九段の昨日から続く、激しい攻勢に対して

渡辺竜王は自然な対応を重ね反撃の時を待ちます。

 

上図から次に、丸山九段は

手持ちの角を9筋に投入し、王手(70手目△9五角)。。

渡辺竜王は玉を6七の地点に逃がしました。

 

 

 

73手目▲7七角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀、桂、香、歩4

△丸山九段: 銀

 

丸山九段はすかさず

角を成り込みますが(72手目△5九角成)

渡辺竜王は「角には角」の合わせて消しに出ます。。

 

丸山九段の次の手は△同馬(74手目)。。

ここで渡辺竜王が▲同玉で馬を払うと、元の模様に戻り

「千日手」の可能性が生じますが。。

 

しかし

 

 

75手目▲7七同金引。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、桂、香、歩4

△丸山九段: 角、銀

 

優勢を意識する渡辺竜王は、もちろん

「千日手」にする気などなく、金を下げて馬を払い

局面を進めます。。

 

 

 

84手目△3八金。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、桂、香、歩4

△丸山九段: なし

 

先手に戦力を豊富に渡し

もはや攻め倒すしか勝機の見い出せそうにない

丸山九段は総力戦で先手陣に食らいつきます。。

 

上図では飛車取りがかかりましたが

渡辺竜王は構うことなく、銀で角を捕獲(85手目▲4九銀)。

丸山九段がお返しに飛車を捕獲したのをみて。。

(86手目△2八金)

 

 

 

87手目▲8三角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、桂、香、歩4

△丸山九段: 飛

 

渡辺竜王は手にしたばかりの角を投入。。

ついに、反撃の狼煙を上げました。。

 

この局面で

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

渡辺竜王: 天ぷらうどん

丸山九段: カツカレー、ミニ海鮮丼

 

 

 

89手目▲5六桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、香、歩4

△丸山九段: 飛

 

午後の対局開始の一手で

丸山九段は狙われた金を玉に連結させて

守りを固めます(88手目△5ニ金)。。

 

この手をみて

渡辺竜王は手持ちの桂馬を打ちこみ(89手目▲5六桂)

形を決めてから、手番を後手に渡しました。。

 

 

 

93手目▲5八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、香、歩4

△丸山九段: 桂

 

丸山九段は

切り札の飛車を後手陣に投入(92手目△2八飛)。

再び攻勢に出ますが、しかしすでに勢いはなし。。

 

渡辺竜王が銀を繰り上げ玉の横腹を守ると

丸山九段は金で香車を捕獲し(94手目△1九金)

戦力を補強しますが、次の瞬間。。

 

 

 

95手目▲4四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角、銀、香、歩4

△丸山九段: 桂、香

 

渡辺竜王は、駒音高く

先ほど配置した桂馬を跳ねて、銀を捕獲。。

そのまま勝負を決めに行きます。。

 

 

竜王戦/第7局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・107手目▲3四角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 金、歩4

△丸山九段: 銀、桂、歩

 

すでに終盤は大差となり

上図の局面をみて丸山九段、無念の投了。

 

証拠無き「不正疑惑」により出場停止となった

三浦弘行九段の代役として急遽、竜王戦出場となるも

フルセットにもつれ込む熱戦で番勝負を盛り上げた丸山九段。

 

しかし、最終戦の大一番では精彩を欠き

久しぶりのタイトル奪取には後一歩、及びませんでした。。

 

一方、「不正疑惑」の告発者として、日を追う事に

厳しい目が集まり、批判の声が高まる渡辺竜王ですが

虎の子のタイトル・竜王戦では最後の最後で底力をみせ

渡辺竜王らしい完勝で、見事防衛を果たしました。

 

 

 

□□□

 

竜王戦/第7局・一日目の所感。。

 

最後は棋風に身をまかせ。。

 

竜王戦/第7局開幕前夜

 

終わりなき決着戦。。

 

三浦九段、不正疑惑を読む

 

丸山九段今期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。