将棋界の気になるつぶやき






2016年11月14日

今夜実現。。第2期叡王戦/準決勝は「羽生三冠-佐藤名人」

テーマ:ブログ

第2期叡王戦特設サイト
本戦トーナメント表

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△佐藤名人: なし

 

本日、午後2時より行なわれました

第2期叡王戦・本戦Bブロックの2回戦

注目の「佐藤天彦名人-丸山忠久九段」は

振り駒の結果、丸山九段が先手に。。

 

その初手は飛車先を突く▲2六歩。

対します、佐藤名人も2手目△8四歩と

同じく飛車先を突き、対局はスタート。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△佐藤名人: なし

 

次に両者は角道を開けると

息を合わせて飛車先の歩を突き越し

佐藤名人が誘導する形で「横歩取り」を目指す

序盤の出だしとなりました。。

 

 

 

14手目△8六同飛。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩2

△佐藤名人: 歩2

 

「横歩取り」は両者得意の戦型。

確立された定跡手順をよどみなく踏襲し

双方の飛車先で歩を交換して迎えた上図から

次に、丸山九段が。。

 

 

 

15手目▲3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩3

△佐藤名人: 歩2

 

2筋の浮き飛車でお隣り3筋の歩をかすめとり

戦型はおなじみの「横歩取り」となりました。。

 

「横歩取り」のエキスパートで、特に後手番では

現代将棋界最強との呼び声も高い佐藤名人は

3筋に回った先手の飛車先を角で受けます。。

(16手目△3三角)

 

 

 

19手目▲9六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩3

△佐藤名人: 歩2

 

研究将棋の代名詞でもある「横歩取り」。

本局で先に動いたのは、丸山九段でした。。

 

通常では▲8七歩として

後手の飛車の追うのが一般的な上図の局面で

不急にも思える9筋の端歩を突きました。。

 

この手をみて、佐藤名人が

意に介さずとばかりに玉を4筋へと移動すると。。

(20手目△4一玉)

 

 

 

21手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩3

△佐藤名人: 歩2

 

 

丸山九段は7筋の歩を突き越し

何とこの態勢で飛車交換を要求しました。。

飛車・角の大駒が直接向き合う形となり

早くも緊張感が高まりましたが。。。

 

 

 

22手目△8ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩3

△佐藤名人: 歩2

 

佐藤名人はこの要求には応じず、スッと

飛車を自陣の元居た場所へと引き下げました。

 

 

 

27手目▲9五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩2

△佐藤名人: 歩2

 

いきなりの飛車交換が幻に終わると

丸山九段は左の桂馬を跳躍させて(23手目▲7七桂)

角道を塞ぎつつ、後手の飛車先を押さえこんでから

9筋の端歩を突き越す趣向の駒組みを披露。。

 

一方の佐藤名人は

6筋の金の上に銀を乗せ(26手目△6ニ銀)

「中原囲い」の骨子を築いてから、角を自陣へと引き

ラインを変えての活用を目指します(28手目△4ニ角)。

 

すると。。

 

 

 

31手目▲7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩2

△佐藤名人: 歩2

 

いつになく好戦的な丸山九段は

自らも角を9筋に動かしラインを合わせると

上図で7筋の歩をぶつけ、再び双方の角を

直接向かい合わせます。。

 

気合は十二分でしたが、しかし

結果的にはこの手が指し過ぎだったでしょうか。。

 

 

 

32手目△9七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩2

△佐藤名人: 角、歩2

 

次の瞬間、佐藤名人は角交換を敢行。

以下、▲同香~△7五角~▲9六飛に△5七角成~

▲9四歩~△同歩~▲9ニ歩~△同香をみて

下図41手目▲9一角と進行。。

 

 

 

41手目▲9一角。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 歩

△佐藤名人: 歩5

 

角交換成立後

すかさず7五の好所に角を打ち込んだ佐藤名人は

いまだ居玉の敵将の頭上に馬を作ります。。

 

スムーズな後手の指し回しに対して

丸山九段は手数をかけながら敵陣9筋のカドへと

角を打ち込みますが、みるからに陣形に差があり

形勢はすでに後手へと傾きます。。

 

 

 

50手目△7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 

△佐藤名人: 歩5

 

佐藤名人は冷静沈着。。

飛車を一段上げて角の当たりをかわすと、その真下に

歩を打ち込んでフタをし、さらには馬をも引き寄せて

丸山角を完全に9筋のカドで塩漬けにしました。。

 

 

 

59手目▲2一飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂、歩

△佐藤名人: 金、歩6

 

角が捕らえられ戦力が大幅にダウンした

丸山九段は飛車を2筋から成り込みましたが。。

 

しかし。。

 

 

「佐藤名人-丸山九段」の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・66手目△2一金打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂、香

△佐藤名人: 歩6

 

佐藤名人もすぐに飛車を成り込んでから

先手の飛車をあっさりと詰ませた、上図の局面で

丸山九段は為す術なく、無念の投了を告げました。

 

さすが名人と思わせる見事な圧勝を飾った

佐藤名人が貫禄の準決勝進出を決めました。。

 

 

そして。。

 

 

<第2期叡王戦・本戦トーナメント/準決勝>

 

羽生善治三冠-佐藤天彦名人

 

パンダ先生

 

 

決勝三番勝負進出を懸けて、本日午後7時より

大注目の「羽生三冠-佐藤名人」が行なわれます。

 

 

準決勝の棋譜中継はこちら

ニコニコ生放送はこちら

 

 

者は名人戦以来の顔合わせ。

ここまで13戦して、佐藤名人が7勝6敗と拮抗。。

現代将棋界最高峰の対局をぜひ、お見逃しなく!

 

 

□□□

 

「3月のライオン」にも。。

 

名人登場。

 

羽生三冠の今期成績一覧

 

羽生世代今期成績一覧

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。