将棋界の気になるつぶやき






2016年10月28日

第29期竜王戦7番勝負/第2局「丸山九段、渾身の勝利」

テーマ:ブログ

第29期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

初防衛を目指す渡辺明竜王に

丸山忠久九段が挑戦する、第29期竜王戦7番勝負。

 

開幕戦を渡辺竜王が制して迎えた注目の第2局が

昨日より、神奈川県箱根町「箱根ホテル小涌園」にて

開幕の時を迎えました。。

 

 

 

 

竜王戦/第2局・柔らかいプレビュー

 

第2局の先手は渡辺竜王。

その初手▲7六歩に対して、丸山九段も2手目に

同じく角道を開く△3四歩と返して、対局はスタート。

続く3手目に、渡辺竜王が飛車先の歩を突くと。。

 

 

 

4手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: なし

△丸山九段: 角

 

丸山九段はノータイムで角交換を敢行。

開幕戦を落とし、絶対に負けられない本局で

拘りの十八番「一手損角換わり」を投入しました。

 

 

 

33手目▲8八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

角交換成立後

水面下で駆け引きを繰り広げながら

手損のない通常の「角換わり」の常套手段である

「腰掛銀」を目指す進行となりました。。

 

丸山九段は流行形の「△8一飛・6ニ金」型を採用。

先に銀を中央5筋に構えた渡辺竜王は上図で手堅く

玉の入城を完了させます。。

 

 

 

39手目▲9八香。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

丸山九段も遅れて銀を5筋に繰り出すと(38手目△5四銀)

渡辺竜王は9筋の香車を上げて、「穴熊」へのシフトを明示。

放って置くとどんどん先手陣が堅くなるとみた丸山九段は。。

 

 

 

42手目△6五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角

 

渡辺竜王が玉を「穴熊」に潜り込ませた

次の瞬間、6筋の歩を突き合わせ仕掛けます。。

 

しかし。。

 

 

 

49手目▲6四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 角

△丸山九段: 角、銀、歩

 

丸山九段の主導で6筋で駒を捌いてから

渡辺竜王は手にした桂馬をすぐさま打ち込み

強く反撃に転じました。。

 

 

「渡辺竜王、カウンター鋭く。。封じ手は丸山九段」

 

 

【 一日目終了図・53手目▲5一角 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: なし

△丸山九段: 角、銀、桂、歩

 

渡辺竜王が桂馬をオトリに「と」金を作り

角の王手で激しく後手陣に迫った上図の局面で

丸山九段が次の手を封じて、一日は終了。。

 

一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目は。。

 

 

 

54手目△3一玉。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: なし

△丸山九段: 角、銀、桂、歩

 

丸山九段の封じ手は本命の△3一玉。

この一手となったからには以下、▲2四歩~△同歩に

下図57手目▲同角成までは一本道。。

 

 

 

57手目▲2四角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 歩

△丸山九段: 角、銀、桂、歩2

 

ここまでが「封じ手」からの想定局面で

ようやく手番が回ってきた丸山九段にとっては

手の広い考えどころとなり、長考に入ります。。

 

 

 

58手目△3三銀打。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 歩

△丸山九段: 角、桂、歩2

 

1時間と27分にも及ぶ大長考の末

丸山九段は手持ちの銀を3三の地点に投入し

先手の馬に直接ぶつけます。。

 

この手に対して、渡辺竜王は3分の考慮で。。

 

 

 

59手目▲3三角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀、歩

△丸山九段: 角、桂、歩2

 

馬でこの銀を食いちぎり、畳み掛けます。。

丸山九段は△同銀(60手目)と払って、以下

▲4五桂に下図62手目△3七角と進行。。

 

 

 

62手目△3七角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀、歩

△丸山九段: 角2、桂、歩2

 

角と銀を交換した渡辺竜王は

右の桂馬を跳躍させて銀を狙いますが、しかし

丸山九段は銀取りに構うことなく空いたスペースへ

手持ちの角を打ち込み、ついに反撃の狼煙を上げました。

 

この局面で、切りよく

午前の対局は終了となり、昼食休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

両者ともに「松花堂弁当」

 

 

 

66手目△4六角成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀2、歩

△丸山九段: 角、桂2、歩3

 

午後の対局開始の一手で

渡辺竜王が桂馬を捌いて銀を手にすれば

丸山九段も馬を作って待望の基点が出来ました。

 

 

74手目△8七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀2、歩3

△丸山九段: 角、桂2

 

丸山九段がそのまま攻勢を強め

上図の局面で飛車先の歩を切ったその裏に

嫌らしく歩を垂らします。。

 

この手をみて、渡辺竜王は

32分の考慮でじっくり読みを入れ直してから。。

 

 

 

75手目▲4一銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀、歩3

△丸山九段: 角、桂2

 

後手の攻めは響いてませんよと言わんばかりに

後手陣に銀を打ち込み、形を決めました。。

 

 

 

82手目△5五角。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 銀、歩3

△丸山九段: 桂、歩

 

玉を3一の地点に留めた状態で受けに回った

後手陣目掛けて渡辺竜王は飛車を走らせますが

丸山九段は狙いすまして天王山に角を打ち込み

渡辺飛車を狙いつつ、金に紐をつけました。。

 

 

 

84手目△7六桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 金、銀、歩3

△丸山九段: 桂、歩2

 

渡辺竜王はそれでも構わず

飛車で金を捕獲しますが(83手目▲6四飛)

丸山九段は握った手番で力強く桂馬を跳ねると

この瞬間、先手玉には「詰めろ」が。。

 

長らく均衡を保ち続けた名勝負は、風雲急。。

丸山九段が主導権を握り、クライマックスを迎えました。

 

竜王戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・98手目△8八銀 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲渡辺竜王: 金2、銀、歩3

△丸山九段: 金、歩

 

渡辺竜王の反撃をものともせず

キッチリと先手玉に迫る丸山九段の前に

上図の局面で渡辺竜王は無念の投了。。

 

渾身の読み合い、攻め合いを制した

丸山九段があらめてその実力を満天下に示し

番勝負を1勝1敗の五分に戻しました。。

 

 

 

□□□

 

竜王戦/第2局一日目の所感。

 

一本道にはめ込むか、抜け出すか。。

 

読む将棋Ⅱにて

 

「三浦弘行九段、不正疑惑」を特集

 

不正は「あった」か「なかった」か。。

 

 慶春onLINE

 

 

 

 

    

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。