将棋界の気になるつぶやき






2016年09月13日

さすがの勝負強さ。。第57期王位戦7番勝負/第6局「羽生王位完勝、決着は最終戦へ」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト

中継ブログ

 

6連覇を目指す羽生善治王位に

木村一基八段が挑戦する、第57期王位戦7番勝負。

 

ここまで5局を消化し、木村八段が3勝2敗とリード。

悲願の初タイトル獲得へ王手をかけて迎えた第6局が

昨日より、神奈川県秦野市「元湯 陣屋」にて開幕。。

 

 

王位戦/第6局・柔らかいプレビュー

 

第6局の先手は、意気上がる木村八段。

その初手は普段通りに角道を開く▲7六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: なし

 

対します、カド番でもう後のなくなった

羽生王位は2手目に飛車先を突く△8四歩と返し

注目の対局はスタート。。

 

 

 

 

8手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: なし

 

木村八段は3手目▲2六歩として

十八番に据える「角換わり」での勝負を指向。。

 

一方、羽生王位は 

出だしから小刻みに時間を使いながら慎重に

戦型を確定させず駒組みを進めます。。

 

しかし、上図の局面で羽生王位が

飛車先を決めたことで、「角換わり」が有力に。。

 

 

 

12手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: 角

 

そのまま定跡手順の進行となり

上図の局面で羽生王位から角交換を敢行。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。

 

 

 

18手目△6四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: なし

 

角交換成立後は

双方、「ノーマル角換わり」の常套手段である

「腰掛銀」を目指す動きをみせますが。。

 

 

 

26手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角

△羽生王位: 角

 

互いに右銀のポジションを保留したまま

神経質な駒組みがしばし続きます。。

 

 

 

36手目△5四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角

△羽生王位: 角

 

上図の局面でようやく

先に形を決めた先手に続いて(31手目▲5六銀)

羽生王位も銀を中央5筋へと繰り出し、戦型は

「角換わり相腰掛銀」に決定。。

 

しかし、次に木村八段が4筋の歩を突くと。。

(37手目▲4五歩)

 

 

 

38手目△6三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角

△羽生王位: 角

 

羽生王位はスッと「腰掛銀」を自陣に引き下げ

以後、再び神経質な駒組みが続きます。。

 

 

「羽生王位は右玉。封じ手は木村八段」

 

 

【 一日目終了図・48手目△4四歩 】

 

 

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: 角

 

一日目は上図48手目まで進行。

ここまで専守防衛の構えをみせた羽生王位が

いきなり、4筋の歩を突き合わせ仕掛けた局面で

木村八段が次の手を封じて指し掛けに。。

 

一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。。

 

 

 

49手目▲4四同歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 角

 

木村八段の「封じ手」は

突き合わされた4筋の歩を取り込む▲4四同歩。

羽生王位の△同銀(50手目)まではこの一手で

次の51手目が、先手の方針の分かれ道。。

 

▲8八玉と囲いの完成を優先すれば

手番を後手に渡してしばらくは受ける展開に。

争点となった4五の地点に先に歩を打ち込めば

先手から仕掛ける展開となりますが。。

 

 

 

51手目▲4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: なし

△羽生王位: 角、歩

 

悲願の初タイトル奪取へ

受身になんかなってられないと、木村八段は

2分の小考で▲4五歩と打ち込み、攻勢に転じました。

 

この手に対し、羽生王位は

追われた銀を5筋に引いて(52手目△5三銀)、以下

▲2四歩~△同歩~下図55手目▲同角と進行。。

 

 

 

55手目▲2四同角。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 角、歩2

 

木村八段は事前に4六の地点に据えた

基点となる角を飛車先2筋へと迫り出しました。。

 

ここまではほぼ一本道。

手番を握った羽生王位は、次に。。

 

 

 

56手目△2七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 角、歩

 

出番に備える木村飛車の頭上を歩で叩きました。。

この手に、木村八段は長考に入ります。。

 

▲同飛と応じる手も当然、有りますが

次の△5九角が厳しく、先手はどこまで成算を持てるか。。

勝負どころの難しい局面を迎えました。。

 

 

 

57手目▲2九飛。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 角、歩

 

木村八段は35分の長考の末

▲同飛を断念、飛車を自陣最下段へと引きました。。

この局面で午前の対局は終了、お昼休憩に突入。。

 

 

【 お昼のメニュー 】

 

両者ともに「陣屋特製カレー」。

 

 

 

58手目△5九角。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 歩

 

午後の対局開始の一手で

羽生王位は手持ちの角を先手陣に投入。。

ジワリと、攻撃の形を整えて行きます。。

 

この手に対して、木村八段が

2筋に迫り出したままの角を一旦、引き戻し

狙われた3筋の桂馬にヒモをつけると。。

(59手目▲4六角)

 

 

 

60手目△2八歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩

△羽生王位: 歩

 

羽生王位は2筋の歩突き出して

木村八段にいざ開戦を告げました。。

 

木村八段はノータイムで▲同飛(61手目)と応じて

以下、△3九角成~▲2六飛~△3三桂~▲5七金に

△2五歩~▲同桂をみて下図68手目△4五桂と進行。。

 

 

 

68手目△4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩3

△羽生王位: 歩

 

序盤の重い展開から一転

羽生王位は流れるような指し回しで攻勢を強めると

急に受けに忙しくなった木村八段が次に狙われた

桂馬を引いたのをみて(69手目▲5八金)。。

 

 

 

70手目△5七桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 歩3

△羽生王位: 歩

 

羽生王位はそのまま軽快に桂馬をダイブ。。

先手は次に▲同角では△同馬~▲同金に△4八角が

痛打となり形勢を損ねるので角ではこの成桂を払えず。。

シビレる一着で、後手が形勢を掴みます。。

 

木村八段は苦肉の策で

9筋の端歩を合わせますが(71手目▲9五歩)

以下、△5八成桂~▲同銀~△4八馬~▲2八飛に

△5八馬~▲同飛(77手目)と進行。。

 

羽生王位は角・桂と金・銀の二枚換えを実現。

さらに握った手番で。。

 

 

 

78手目△4七金。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角、桂、歩3

△羽生王位: 銀、歩

 

金を先手陣に打ち込み飛車・角両取り。。

面白いように駒を回転させながら、先手陣を

かき乱します。。

 

 

 

90手目△4一歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角、桂、歩3

△羽生王位: 角、銀、桂、歩

 

木村八段も意地をみせ

先に飛車の成り込みに成功しますが

しかし、羽生王位は飛車の真下に歩を配置し

簡単には自陣の突破を許しません。。

 

 

 

95手目▲2九龍。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角、桂、歩3

△羽生王位: 銀、桂、歩

 

生王位が金に角を引っ掛け(94手目△6九角)

寄せに態勢入ると、木村八段は慌てて龍を引き戻し

得意の受けに全てをかけます。。

 

が、しかし。。

 

 

 

96手目△7八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角、桂、歩3

△羽生王位: 金、銀、桂、歩

 

羽生王位は構うことなく角をぶつけて王手。。

勝負を決めに出ました。。

 

 

王位戦/第6局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・114手目△6一玉 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲木村八段: 角2、香、歩5 

△羽生王位: 歩2

 

 

羽生王位の猛攻を前にして

木村八段は為す術を失い、上図の局面をみて

無念の投了を告げました。。

 

羽生王位はさすがの勝負強さをみせつけ

カド番を凌ぎ、番勝負は3勝3敗のイーブンに。。

決着は最終戦、第7局までもつれこみました。。

 

 

□□□

 

王位戦/第6局・一日目の所感。。

 

攻めるも、守るも。。

 

慶春onLINE

 

 

 

 

    

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。