将棋界の気になるつぶやき






2016年08月23日

第57期王位戦7番勝負/第4局「木村八段、快心の勝利。。番勝負は再びタイに」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト   

中継ブログ


6連覇を目指す羽生善治王位に

木村一基八段が挑戦する、第57期王位戦7番勝負。


ここまで3局を消化し、羽生王位が2勝1敗とリード。

番勝負も折り返しとなる勝負どころの第4局が、昨日より

福岡県飯塚市「麻生大浦荘」にて開幕。。



第4局は福岡決戦



王位戦/第4局・柔らかいプレビュー



第4局の先手は、木村八段。

何とか連敗を止めたい本局の初手は

角道を開ける△7六歩から。。


3


3手目▲2六歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: なし


対します、羽生王位は2手目に

飛車先を突く△8四歩と返し、対局はスタート。


早々と居飛車を明示した後手に対して

木村八段は3手目▲2六歩として、主戦に据える

「角換わり」での勝負を指向しました。。



10


10手目△7七角成。


上図での持ち駒


▲木村八段: なし

△羽生王位: 角


細かい駆け引きを入れつつ

羽生王位は先手の作戦を受けて立ち

上図の局面で自ら角交換を敢行。。

手損のない「ノーマル角換わり」に。。



27


27手目▲5六銀。


▲木村八段: 角

△羽生王位: 角


角交換成立後

両者は右の銀を中央5筋に繰り出し

戦型は「ノーマル角換わり」の常套手段である

「角換わり相腰掛銀」に決定。。


40


40手目△2二玉。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角

△羽生王位: 角


さらに前例を踏襲をしながらの駒組みは続き

最近の「角換わり」の隠れたテーマとなっている

両サイドの端歩をキッチリと受け合ってから

両者は息を合わせて玉の入城も完了。。



43


43手目▲4五歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角

△羽生王位: 角


双方、存分に駒を組み上げた上図の局面で

木村八段が威勢よく、4筋の歩を突き合わせ

仕掛けを開始します。。



「逸る木村八段、封じ手は羽生王位」



【 一日目終了図・47手目▲4四歩 】


47


上図での持ち駒


▲木村八段: 角、歩

△羽生王位: 角、歩


一日目は上図47手目まで進行。

木村八段が4筋の歩を取り込んだ局面で

羽生王位が次の手を封じて、終了となりました。



一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。



48


48手目△8六歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角、歩

△羽生王位: 角、歩


注目の羽生王位の「封じ手」は

飛車先8筋の歩を突き合せる△8六歩。。

木村八段は3分の少考で▲同歩(49手目)と応じ
二日目の対局はスタートとなりました。。



50


50手目△6四角。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角、歩2

△羽生王位: 歩


飛車先の歩を突き捨てた

羽生王位は次の手に29分、時間を使って

いきなり6筋に手持ちの角を投入します。。


あっさりと形を決めた後手に対して

木村八段は6筋の歩を突き出し(51手目▲6五歩)

後手の銀を呼んでから(52手目△同銀)。。



53


53手目▲4六角。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩3

△羽生王位: 歩2


「角には角」の格言通りに

木村八段も手持ちの角を4筋に放り込み

後手の角と相対峙させました。。


羽生王位は20分の考慮の後

二度目の角交換を敢行(54手目△同角)。。

以下、▲同金~△5四銀に下図57手目

▲6八飛と進行。。



57


57手目▲6八飛。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角、歩3

△羽生王位: 角、歩2


一連の流れの中で

木村八段は飛車を素通しの6筋に合わせ

一気に見晴らし良好、突破を狙います。。


後手は出遅れ、飛車を合わせることが出来ず

歩をあてがうなら6三の地点辺りが妥当ですが。。


しかし、それではぬるいと

羽生王位の次の手で先手の飛車先は受けずに

木村飛車に角を引っ掛け、攻め合いを求めました。。

(58手目△5九角)


この手をみて、木村八段は。。



59


59手目▲6一飛成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 角、歩3

△羽生王位: 歩2


ズバリと飛車を走らせ、後手陣突破に成功。

気持ち良く攻防の主導権を握りました。。



61


61手目▲6四角。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩3

△羽生王位: 桂、歩2


羽生王位が馬を作ると(60手目△3七角成)

木村八段は制圧した6筋に手持ちの角を投入。

4筋の金にヒモをつけつつ、桂取りを狙います。。


この局面までで

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。


【 お昼のメニュー  】


木村八段: 親子丼

羽生王位: 冷やしうどん



62


62手目△7七歩。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩3

△羽生王位: 桂、歩


午後の対局開始の一手で

羽生王位は木村玉の頭上に叩きを入れます。


この手も予想された一手ですが

木村八段は22分、時間を使ってから

▲同金(63手目)と応じ、歩を払いました。。



64


64手目△8一桂。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩4

△羽生王位: 歩


先手の陣形を乱してから

羽生王位は手持ちの桂馬を自陣に投入。

飛車の急所であるコメカミを守る桂馬に、ジッと

ヒモをつけ守勢を強めます。。



65

65手目▲5五金。


上図での持ち駒


▲木村八段: 歩4

△羽生王位: 歩


羽生王位とは対照的に

ここが攻め時、チャンス到来とばかりに

木村八段は狙われた金を力強く繰り上げて

駒を捌きに出ました。。


羽生王位は読み筋だったか

ノータイムで△6三歩(66手目)と打ち、以下

▲5四金~△6四歩~▲7一龍~△9二飛~▲4三歩成に

△5四歩~下図73手目▲3二「と」金と激しく進行。。



73


73手目▲3二「と」金。


上図での持ち駒


▲木村八段: 金、銀、歩4

△羽生王位: 角、金


後手陣で駒が次々に捌かれて行き

いざ開戦と同時に、終盤戦突入となりました。。



81


81手目▲4三銀。


上図での持ち駒


▲木村八段: 金、桂2、歩3

△羽生王位: 角、金、銀、歩


激しい撃ち合いの後

さらに攻勢を強めたのは、木村八段。。


龍の見張りをつけて

羽生飛車を9筋に押し込んだ状態で

これまでの流れに乗って、一気呵成に

羽生玉へと攻め立てます。。


一方、苦しい展開となった

羽生王位は次に馬を引いて(82手目△4四馬)

銀取りをみせつつ、攻守に利かせますが。。



82


83手目▲3二銀成。


上図での持ち駒


▲木村八段: 金2、桂2、歩3

△羽生王位: 角、金、銀、歩2


木村八段は

逸る気持ちを抑えられないとばかりに

銀を飛び込ませて王手。。寄せに出ました。




89


89手目▲3二金。


上図での持ち駒


▲木村八段: 金、歩3

△羽生王位: 角、金、銀2、歩2


木村八段は二枚の桂馬を重ね打ちした

その先に、金を打ち込み王手・飛車取り。。

見栄えのする大技を決め、手がしなります。。




98


98手目△7八金。


上図での持ち駒


▲木村八段: 金、歩3

△羽生王位: 角、金、銀2、桂、歩2


防戦一方に立たされた羽生王位は

ようやく握った手番で反撃に転じますが。。

時、すでに遅し。。



王位戦/第4局の棋譜中継はこちら



【 投了図・109手目▲2一龍 】


109

投了図での持ち駒


▲木村八段: 金、銀、桂、歩4

△羽生王位: 飛、角、金2、銀2、歩2


羽生王位の反撃を受け切った

木村八段が再び寄せに入った上図の局面で

羽生王位は無念の投了を告げました。。



躍動感溢れる指し回しで

完勝を飾った木村八段が見事連敗と止め

番勝負成績を2勝2敗のイーブンに戻しました。



□□□

王位戦/第4局・一日目の所感


自然な指し手か、裏を取るのか。。  


羽生三冠の今期成績一覧  


慶春onLINE  





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。