将棋界の気になるつぶやき






2016年08月10日

みなぎる闘志、そして強さ。。第57期王位戦7番勝負/第3局「羽生王位、熱き連勝」

テーマ:ブログ

第57期王位戦中継サイト

中継ブログ


6連覇を目指す羽生善治王位に

木村一基八段が挑戦する、第57期王位戦7番勝負。


ここまで2局を消化し、1勝1敗のイーブン。

あらためて仕切り直しとなった注目の第3局が

昨日より、北海道旭川市「扇松園」にて開幕。。



第3局の舞台は北海道



王位戦/第3局・柔らかいプレビュー



第3局の先手は羽生王位。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、木村八段は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。



3

3手目▲2六歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: なし

△木村八段: なし


早々と居飛車を明示した後手に対して

羽生王位は3手目▲2六歩として、まずは

「角換わり」を目指す出だしとなりました。。



8


8手目△8五歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: なし

△木村八段: なし


しかし、木村八段が4手目に飛車先を決めず

先に△3二金と角頭を受けて含みを持たせると
羽生王位も同じく角頭を金で受け(5手目▲7八金)

「横歩取り」を目指す進行へと変化します。。



15


15手目▲3四飛。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩3

△木村八段: 歩2


そのまま定跡手順の進行となり

互いに飛車先で歩を交換して迎えた

上図の局面で、羽生王位が2筋の浮き飛車で

お隣り3筋の歩をかすめとり、戦型は「横歩取り」。


次に、木村八段は

3筋に回った先手の飛車先を角で受けました。

(16手目△3三角)



23


23手目▲5八玉。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩2

△木村八段: 歩2


飛車を8四の地点に引いた

木村八段が玉を立てると(22手目△5二玉)

羽生王位も追随し、「相中住まい」に。。


次に、木村八段は銀を立て(24手目△7二銀)

自陣の右側に「美濃囲い」を築くと。。



25


25手目▲3八銀。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩2

△木村八段: 歩2


何と、羽生王位も銀を立て

自陣の右側に「美濃囲い」を築きました。。


後手の形は現在の流行形ですが

先手は左右の金を開く「金開き」が主流となっており

この一手に羽生王位の事前準備が見え隠れします。。


34


34手目△8八角成。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩3

△木村八段: 角、歩2


先に仕掛けたのは、木村八段。。

7筋の歩を突き合わせ、先手の飛車を呼んでから

自ら角交換を敢行します。。



36


36手目△2八角。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩3

△木村八段: 歩2


角交換成立後

木村八段は手にしたばかりの角を

すかさず先手陣に投入。。


この局面で、終了時刻(午後6時)となり
羽生王位が次の手を封じて、一日目は終了。。

二日目に指し掛けとなりました。。



「本格開戦間近。。封じ手は羽生王位」



一夜が明け

迎えた本日、決着の二日目。。



37


37手目▲4六角。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩3

△木村八段: 歩2


羽生王位の「封じ手」は

自らもごての香車を狙う▲4六角。。

大本命の一手から、スタートとなりました。。


この「封じ手」に対して

木村八段は△7四歩(38手目)と返して

羽生角の突進を阻止しました。。


代えて△6六歩の方が有力に思われましたが

木村八段はより深く、確実な受けを選択しますが。。



39


39手目▲7四歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩2

△木村八段: 歩


羽生王位は

21分の考慮で7筋に歩をぶち込み

木村八段が閉じたばかりのラインを強引に

こじ開けに掛かりました。。


もちろん△同歩とは応じることの出来ない

木村八段は6筋の歩を突いて(40手目△6四歩)

以下、▲4五桂~△4六角成~▲同歩の進行で

角交換が成立。手番の木村八段は、さらに。。



44


44手目△7四飛。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩2

△木村八段: 角、歩2


間髪居れずに飛車もぶつけて

強気に大駒の捌きを先手に要求します。。



45


45手目▲7五歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩

△木村八段: 角、歩2


しかし、羽生王位は飛車の間に歩をあてがい

このタイミングでの飛車交換を拒否しました。。



49


49手目▲8六歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩

△木村八段: 角、歩2


午前の対局は上図49手目まで進行。

互いに飛車のポジションを変えてから

羽生王位が8筋の歩を突いたところで

お昼休憩突入となりました。。


【 お昼のメニュー  】


羽生王位: 納豆そば、ミニ親子丼、大根おろし、緑茶

木村八段: 盛りそば



51


51手目▲7四歩。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 角、歩

△木村八段: 角、歩2


午後の対局開始の一手で

木村八段が6筋の歩を伸ばすと(50手目△6五歩)

羽生王位は7筋の歩を突き合わせ、再び攻勢へ。。


この手に対して、木村八段は

3分の少考で△同歩(52手目)と応じると。。



53


53手目▲9六角。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 歩

△木村八段: 角、歩3


羽生王位は手持ちの角を9筋に投入。

木村飛車とその先の後手玉に狙いをつけます。。

木村八段は角には角の受けで対抗しますが。。

(54手目△6三角)


55


55手目▲7四角。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、歩

△木村八段: 歩3


羽生王位は躊躇なく、角で飛車を強襲。。

木村八段の△同角(56手目)をみて、以下

▲3四歩~△6六歩~▲同飛~△6三歩に

下図61手目▲7三桂と進行。。



61


61手目▲7三桂。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、歩2

△木村八段: 角、歩2


大駒の交換が成立すると

羽生王位は左の桂馬も跳躍させて

さらなる攻撃へ、戦力を補強します。。


しかし、ここで手番を握った

木村八段も黙ってはおらず、すかさず反撃へ。

まずは3筋の銀を叩いて吊り上げてから。。

(62手目△3七歩)



64


64手目△2九角成。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、歩3

△木村八段: 角、歩


角を先手陣に飛び込ませて馬作り。。

まずは基点を作りました。。


しかし。。


69


69手目▲3三桂成。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、桂、歩3

△木村八段: 角、歩2


しかし、攻守は入れ替わることなく

羽生王位は桂交換で弾みをつけて

一気呵成に後手陣へと襲い掛かります。。



86


86手目△5一金。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、歩

△木村八段: 香、歩4


攻勢強める羽生王位に対して

「千駄ヶ谷の受け師」木村八段も本領発揮。。

腰の据わった受け手を連発し、チャンスを待ちます。


上図から次に

羽生王位が飛車を1筋に振った(87手目▲1六飛)

一瞬の隙を、木村八段は見逃すことなく。。



88

88手目△7四香。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、歩

△木村八段: 歩4


7筋に香車ロケットを設置し、鋭く反撃。。

形勢は微妙な揺れを繰り返し、白熱の展開で

終盤戦を迎えました。。


しかし、それでも。。



91


91手目▲1四飛。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、角

△木村八段: 歩4


羽生王位の攻めの姿勢は揺るがず。。

上図で角との交換で飛車切りを敢行。。

己を鼓舞するように駒を前へと進めます。。



101

101手目▲5三桂成。


上図での持ち駒


▲羽生王位: 飛、金、歩

△木村八段: 角、金、歩4


羽生王位の厳しい攻めの圧力に押され

木村八段は徐々に防戦一方に追い込まれ

形勢の針はグイグイと、先手に傾き始めます。。


王位戦/第3局の棋譜中継はこちら



【 投了図・111手目▲3三銀 】


111


投了図での持ち駒


▲羽生王位: 金、歩

△木村八段: 金、桂2、歩3


最後まで粘った木村八段ですが

上図でついに万策尽き果て無念の投了。。


中盤以降、気力と闘志を漲らせ

圧倒的な強さで押し切った羽生王位が

見事な完勝を飾りました。。


この結果

番勝負は羽生王位が連勝で2勝1敗とし

見晴らしよく、リードを奪いました。。



□□□


王位戦/第3局・一日目の所感。。


羽生王位の趣向は功を奏するか。。  


慶春onLINE


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。