将棋界の気になるつぶやき






2016年08月08日

第66回NHK杯/2回戦「羽生三冠-阿久津八段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第66回NHK杯将棋トーナメント

決勝トーナメント表



羽生三冠登場



今回は昨日放送されました

第66回NHK杯将棋トーナメントの2回戦

「羽生善治三冠-阿久津主税八段」 の模様を

振り返らせて頂きます。。


先手は阿久津八段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、羽生三冠は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。



3


3手目▲6八銀。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: なし

△羽生三冠: なし


早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた羽生三冠に対して

阿久津八段は3手目▲6八銀とし「矢倉」での勝負を

指向しました。。。


この手をみて

羽生三冠が角道を開くと(4手目△3四歩)。。



5


5手目▲7七銀。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: なし

△羽生三冠: なし


阿久津八段は

7七の地点に銀を繰り上げ角道を止め

現在流行中の「早囲い矢倉」投入を示唆します。。



16


16手目△7四歩。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: なし

△羽生三冠: なし


自陣二段目を早々と空けて

囲いの一手短縮を目指す阿久津八段に対し

羽生三冠は7筋の歩を突き急戦含みとして

先手の駒組みをけん制します。。



25


25手目▲6八玉。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: なし

△羽生三冠: なし


前例を踏襲しながらの駒組みは続き

上図の局面で阿久津八段が居玉を解除。。


すると、次の瞬間。。



26


26手目△7五歩。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: なし

△羽生三冠: なし


羽生三冠は7筋の歩を突き合わせ

先に仕掛けを開始しました。。


阿久津八段は▲同歩(27手目)と応じ

まずは歩交換が成立(28手目△同角)。。


36

36手目△9二飛。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 歩

△羽生三冠: 歩


歩交換成立直後に阿久津八段が反撃。

戦場に迫り出した後手の角を追い払うと

自らの角を迫り出し(35手目▲4六角)

コビンの開いた羽生飛車を狙います。。


この手に対して

羽生三冠は飛車を9筋へと移動。。

当たりを避けつつ、端攻めの準備を整えます。。



42


42手目△2二玉。

上図での持ち駒


▲阿久津八段: 歩

△羽生三冠: 歩


一連の攻防が一段落すると

両者は再び自陣の整備に取り掛かり

羽生三冠はいち早く、「矢倉囲い」の中へと

玉の入城を完了。。


45


45手目▲7八金。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 歩

△羽生三冠: 歩


一方の阿久津八段も

玉を8筋へと深くおさめてから「矢倉囲い」を完成。

ガッチリと、「相矢倉」が組み上がりました。


55


55手目▲9六歩。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 歩

△羽生三冠: なし


さらに双方、微調整を施した後

阿久津八段が9筋の歩を突き合わせ

端から仕掛けを開始。。。


羽生三冠は△同歩(56手目)と応じて

以下、▲同香~△8五桂~▲9三歩に

下図60手目△7七桂成と進行。。



60


60手目△7七桂成。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 歩

△羽生三冠: 金、歩


阿久津八段が端から絡む間に

羽生三冠は軽快に桂馬を連続跳躍させて

先手陣へと飛び込み、戦端を開きました。。 



67


67手目▲9二歩成。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 桂、香、歩

△羽生三冠: 歩2


羽生三冠は桂馬との交換で手にした金を

すぐに盤上に再投入して(62手目△4五金)

先手の角を厳しく追い込みます。。


上図で阿久津八段は角をあきらめ

9筋の歩を成り込み、代償を求めますが。。

しかし、羽生三冠はあっさりと角を取り込むと。。

(68手目△3七金)



70


70手目△3九角。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 金、桂、香、歩

△羽生三冠: 歩2


手にした角を阿久津飛車に引っ掛けて投入。。

グイグイと形勢を引き寄せて行きます。。



79

79手目▲6二金。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 銀、桂、香、歩

△羽生三冠: 桂、歩2


阿久津八段は角と引き換えに得た

金を羽生飛車に当てる形で後手陣に投入。。

(73手目▲8三金)


事前に成り込んだ「と」金とのコンビネーションで

後手陣の右側を支配してから。。


83


83手目▲9七玉。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 銀、桂、香、歩

△羽生三冠: 桂、歩3


当初からの狙いであった

玉の上部脱出をいよいよ目指します。。


100


100手目△8三歩。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 銀、桂2、歩4

△羽生三冠: 金、歩


せっかく掴んだ形勢を「入玉」で逃してなるものかと

羽生三冠は猛攻に次ぐ猛攻で、阿久津玉の前進を

全力で阻止しようとしますが。。


121


121手目▲7四玉。


上図での持ち駒


▲阿久津八段: 角、桂2、香、歩4

△羽生三冠: 金2、銀2


劣勢に感じられた中盤戦から打って変わり

阿久津八段はしなやかに羽生攻撃陣をかいくぐり

小駒の護衛に守られながら玉は後手陣目指して

確実に前進を続けます。。


玉の動きと連動するように

飛車を左右に振りながらごての角を翻弄。。

妖しげな気配が盤上に漂い始めます。。。


が、しかし。。


「羽生三冠-阿久津八段」の棋譜はこちら



【 投了図・136手目△9一銀 】


136


投了図での持ち駒


▲阿久津八段: 桂2、香、歩3

△羽生三冠: 金2、銀、歩


阿久津玉は後手陣に到達するも

羽生三冠が9筋に銀を放り込んだ上図の局面で

阿久津八段は無念の投了を告げました。。


まだ戦えそうにも見えますが

7四の地点が先手玉の急所となっており

上図では△7四金からの詰めろとなっています。。


阿久津八段の執念の入玉により激戦となりましたが

しかし、羽生三冠の指し手は常に沈着冷静かつ正確。

先手にアヤを一切与えることなく、終わってみれば

羽生三冠、さすがの完勝劇となりました。



□□□



将棋の他、オリンピックや甲子園も。。


熱い夏


慶春onLINE






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。