将棋界の気になるつぶやき






2016年08月01日

百戦錬磨の底力。。第87期棋聖戦5番勝負/第5局「羽生棋聖勝利!棋聖戦9連覇成る」

テーマ:ブログ

第87期棋聖戦中継サイト

中継ブログ


9連覇を目指す羽生善治棋聖に

永瀬拓矢六段が挑戦する、第87期棋聖戦5番勝負。


ここまで4局を消化し、ともに譲らず2勝2敗のイーブン。

8月を迎えた本日、いよいよ決着となる最終戦/第5局が

新潟県新潟市「高島屋」にて行われます。。



決戦の舞台は新潟



棋聖戦/第5局・柔らかいプレビュー


/>

あらためて振り駒で決まる最終戦の手番で

先手を得たのは、永瀬六段でした。


2


2手目△8四歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: なし


永瀬六段の初手は角道を開ける▲7六歩。

対します、羽生棋聖は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。


早々と居飛車を明示し

戦型の選択権を先手に委ねた後手に対して

先手の作戦が明らかとなるのが、次の3手目。。



3


3手目▲2六歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: なし


代えて▲6八銀なら「矢倉」となりましたが

永瀬六段はこの大一番で3手目▲2六歩として

「角換わり」での勝負を指向しました。。



5


5手目▲7八金。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: なし


永瀬六段の3手目をみて

羽生棋聖は4手目△3二金として

「角換わり」を受けて立つ意向を示します。。


永瀬六段も後手に追随し角頭を金で受けた

上図から次の6手目が後手の作戦の分かれ道。


△8五歩と飛車先を決めれば一直線で「角換わり」

△3四歩と角道を開けば、「横歩取り」への変化が

それぞれ有力となりますが。。



6


6手目△9四歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: なし


注目の6手目はそのどちらでもない△9四歩。

羽生棋聖は端歩を突いて、先手に手番を渡しました。。


この手をみて

永瀬六段が9分の考慮の後、端歩を受けると。。

(7手目▲9六歩)



8


8手目△3四歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: なし


羽生棋聖は6分の考慮で角道を開きます。。

次に、永瀬六段が飛車先を決めたのをみて。。



10


10手目△8八角成。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: なし

△羽生棋聖: 角


羽生棋聖は狙いすました角交換を敢行。

戦型は後手の「一手損角換わり」となりました。。



20


20手目△6三銀。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角

△羽生棋聖: 角


角交換成立後

両者はともに攻撃の銀を中央へと繰り出す

「腰掛銀」を目指す駒組みをみせます。。


しかし、手損のない「ノーマル角換わり」では

手厚い「相腰掛銀」が常套手段となりますが
「一手損角換わり」の場合、一手得している

先手側に含みがあります。。


26


26手目△5四銀。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角

△羽生棋聖: 角


一方、後手の受けに敢えて手損で角を換えた

羽生棋聖は最も自然な「腰掛銀」に形を決めます。


この大一番で

かつて一世を風靡した「一手損角換わり」を

敢えて投入したからには、羽生棋聖に相当の

自信ありとみて、間違いなさそうです。。




29


29手目▲5六歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角

△羽生棋聖: 角


一方、永瀬六段は銀の態度を保留。

4筋の位を取ったのに続き(27手目▲4五歩)
居玉が構える5筋の歩も突き、けん制します。。


なかなか形を決めない先手に対して

羽生棋聖は上図から次に1筋の歩を突いて

間合いを計ります(30手目△1四歩)。。


永瀬六段がここも端歩を受けて返すと。。
(31手目▲1六歩)



32

32手目△4四歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角

△羽生棋聖: 角


羽生棋聖は4筋の歩を突き合わせ

早いタイミングでの仕掛けを開始しました。。


永瀬六段は15分の考慮で▲同歩と応じて

以下、△同銀に下図35手目▲6八玉と進行。。



35


35手目▲6八玉。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


4筋で歩の交換が成立してから

永瀬六段が居玉を解除した、上図の局面で

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。



【 お昼のメニュー  】


永瀬六段


にぎり寿司(わさび抜き)、アイスコーヒー(氷抜き)


羽生棋聖


天ざるそば、おにぎり(鮭)



37


37手目▲2九飛。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


午後の対局開始の一手で

羽生棋聖は4筋に繰り出した銀を自陣に引き戻し

形を整えました(36手目△3三銀)。。


対します、永瀬六段は

飛車を自陣最下段へと下げ、流れによっては

縦だけでなく横への転換も視野に入れます。。



40


40手目△8五歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


しばし、両者は自軍の駒組みに没頭しますが

上図で羽生棋聖が飛車先の歩を突き越すと。。



41


41手目▲5八玉。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


永瀬六段は6筋に移動させた玉を

手損覚悟で5筋へと寄せました。。


伸び伸びと模様を描く羽生棋聖に対して

永瀬六段は徹底的に受けながら、自らが望む

「その時」を静かに待ちます。。



45


45手目▲4八玉。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


永瀬六段はさらに玉を動かし

自軍の左側から右側にポジションを取ります。


すると、次の瞬間。。



46

46手目△8六歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩

△羽生棋聖: 角、歩


羽生棋聖は飛車先8筋の歩を突き合わせ

再び仕掛けを開始ました。


永瀬六段は▲同歩(47手目)と応じて

以下、△同飛~▲8七歩~△8二飛~▲5八金に

△4五歩~▲5五歩~△4三銀ときて

下図55手目▲5七銀と進行。。



55


55手目▲5七銀。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 金、歩

△羽生棋聖: 金、歩


永瀬六段は一連の流れの中で

左の銀を引いて5筋の歩を浮かせました。。


いかにも仕掛けがありそうな

この手に対して、羽生棋聖は一旦下げた銀を

再び繰り上げ、果敢に歩を取りに出ます。。

(56手目△4四銀左)


すると、永瀬六段は次に。。



57


57手目▲4五桂。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩2

△羽生棋聖: 角、歩


模様が解れず、標的になりそうな

右の桂馬を歩との交換で捌きに出ました。。


しかし。。



58


58手目△6五桂。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、歩2

△羽生棋聖: 角、歩


羽生棋聖は手拍子では応じず

自らも右の桂馬を戦場へと跳躍させて

近づく開戦に向けて、力を溜めます。。



65


65手目▲5六歩。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角

△羽生棋聖: 角、歩3


盤中央で駒が密集する中

永瀬六段は飛車先の歩を突き捨ててから

中央5筋で歩を突き合わせました。。


羽生棋聖は△6六銀(66手目)と前に出て

以下、▲同歩~△8四角~▲6七金左に

下図70手目△7八銀と進行。。



70


70手目△7八銀。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 角、銀

△羽生棋聖: 歩3


銀交換からいざ、開戦を迎えると

羽生棋聖が一気に攻勢を強めます。。



84


84手目△2五香。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 金、銀

△羽生棋聖: 歩5


羽生棋聖の猛攻の前に

手数をかけて築いた先手の駒組みは崩れ

後手が攻防の主導権を握ります。。


一方、受け将棋が持ち味の永瀬六段は

馬を自陣に引き戻し、徹底抗戦の構えに出て

簡単には形勢を渡さず、勝利への執念をみせます。


しかし。。


100


100手目△2七銀。


上図での持ち駒


▲永瀬六段: 金、銀、桂

△羽生棋聖: 金、歩4


これまで幾多の修羅場をくぐり抜けてきた

百戦錬磨の勇者・羽生棋聖の手がしなり

永瀬玉を厳しく、追い詰めます。。


棋聖戦/第5局の棋譜中継はこちら



【 投了図・112手目△5七角 】


112


投了図での持ち駒


▲永瀬六段: 金、銀2、桂

△羽生棋聖: 桂、歩4


大きく形勢が振れ、大差となる中

最後まで粘り強く指し続けた永瀬六段でしたが

上図の局面みて万策尽き果て、無念の投了。。


カド番からの連勝を飾り

さすがの勝負強さをみせつけた羽生棋聖が

この瞬間、見事棋聖位9連覇を達成しました!




□□□


真夏の決戦を前に  


慶春onLINE


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。