将棋界の気になるつぶやき






2016年04月18日

第64期王座戦・二次予選/決勝「森内九段-中村六段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第63期王座戦中継サイト

第64期二次予選トーナメント表



2


2手目△3四歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


今回は先週の木曜日(14日)に行われました

第64期王座戦の二次予選/決勝の注目カード

「森内俊之九段-中村太地六段」の模様を

振り返らせていただきます。


先手は森内九段。

その初手▲7六歩に対して、中村六段も

2手目に同じく角道を開ける△3四歩と返して

対局はスタートとなりました。



3


3手目▲6六歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


続く3手目に

森内九段は開いたばかりの角道を止めて

振り飛車含みの出だしをみせると。。



9

9手目▲5八飛。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


上図9手目の局面で飛車に手をかけ、5筋へ。

森内九段は今期開幕戦で「中飛車」を採用しました。


中村六段は居飛車に構え戦型は対抗形に。

飛車のポジションが決まったところで、両者はともに

玉の囲いを目指します。。



25


25手目▲4六歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


森内九段は飛車を7筋に振り直してから

振り飛車の相棒「片美濃囲い」をまずは完成。。

さらに4筋に歩を突き、「高美濃囲い」への

組み替えを目指します。。


一方、先手に呼応して飛車を7筋に合わせた

中村六段は上図から、次に。。



26

26手目△1二香。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


1筋の香車を一段上げて

堅くて遠い「穴熊」を明示しました。。



31

31手目▲6五歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


森内九段は「高美濃囲い」を完成。

中村六段も「穴熊」に玉を潜らせますが

7二銀型ということで「銀のハッチ」閉じれず

次に2三銀として「銀冠穴熊」が濃厚。。


しかし、上図で森内九段が角道を開くと。。



32


32手目△8八角成。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: 角


中村六段はケレン味なく

このタイミングで角交換を敢行しました。。



34


34手目△3三角。


上図での持ち駒


▲森内九段: 角

△中村六段: なし


森内九段が▲同飛(33手目)で払って

角交換が成立すると、中村六段はその直後に

再び角を3三の地点に投入。。


この手に対して

森内九段は「角には角」の合わせで対抗しますが。。

(35手目▲6六角)



36


36手目△4四歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: なし


中村六段は4筋の歩を突いて角交換を拒否。

以後しばらくは、両者ともに角を内包したまま

駒組みが進行します。。



60

60手目△8五歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: なし

△中村六段: 歩2


森内九段は角を積極的に動かして

飛車を絡めての後手陣突破を目論見ますが

中村六段は冷静にいなして、揉み合いに。。



78


78手目△5四銀。


上図での持ち駒


▲森内九段: 桂、歩2

△中村六段: 桂、歩3


互いにわずかな隙を狙いながら

ジリジリと間合いを詰め合い、上図の局面で

中村六段は先手の角・銀に駒をぶつけますが。。



79

79手目▲7二飛成。


上図での持ち駒


▲森内九段: 桂、歩2

△中村六段: 桂、歩3


森内九段は構うことなく、飛車を突進。。

中村六段は次に△6二飛(80手目)として

以下、▲8三龍~△7三歩~▲9六歩に△6八角成~

▲7三龍に下図86手目△5五銀と進行。。



86


86手目△5五銀。


上図での持ち駒


▲森内九段: 桂、歩3

△中村六段: 角、桂、歩2


先手に催促される形で馬を作った

中村六段は飛車取りを無視して先手の角を捕獲。

長い中盤の攻防が終わりを告げ、いよいよ

終盤戦の幕が開きました。。



89


89手目▲2三桂。


上図での持ち駒


▲森内九段: 金、歩3

△中村六段: 角、桂、歩3


先に攻勢に出たのは、森内九段。

結局、ハッチは閉められることなく開戦を迎えた

「中村穴熊」へと襲い掛かります。。



102


102手目△2六歩。


上図での持ち駒


▲森内九段: 飛、銀、歩6

△中村六段: 角、金、桂2


しかし、それでも「穴熊」は遠く攻守交替。

中村六段は2筋の銀を歩で叩いて吊り上げてから
手筋の垂らしで反撃の形を決めると。。



112


112手目△2七金。


上図での持ち駒


▲森内九段: 歩6

△中村六段: 桂


猛烈な勢いで3筋に駒が積み上げられた後

中村六段は狙いの2筋にドスンと金を打ち込み

森内玉を寄せに出ます。。



【 投了図・130手目△2八金 】


130


投了図での持ち駒


▲森内九段: 角、金、桂、歩6

△中村六段: 金、銀、歩


策士・森内九段の老獪な指し回しの前に

ここまで苦しい展開を強いられた中村六段は

その鬱憤を晴らすように、最後の寄せで力を発揮。。


厳しく先手玉を追い詰めると、上図の局面をみて

森内九段は無念の投了を告げました。


激戦をものにした

中村六段は王座戦本戦出場が決定。。


一方、好局を落とした森内九段は

今期の初戦を白星で飾ることは成りませんでした。



□□□


全ての真実、そして結実。。


ザ・ノンフィクション 生きて


レポート一覧 (3月14日~20日分)


慶春onLINE







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。