将棋界の気になるつぶやき






2016年04月13日

振り飛車党の砦。。藤井九段の今期開幕戦を振り返ろう

テーマ:ブログ

第41期棋王戦中継サイト

第42期棋王戦予選トーナメント表



今期もその動向が大いに気になる「羽生世代」。

一昨日は「4人の名人」のひとり、丸山忠久九段

本日は郷田真隆王将 が、そして明日は待ちに待った

羽生善治名人が名人戦/第1局 以来の公式戦に登場 。。


まだ対局のない森内俊之九段をのぞいて

続々と新シーズンの公式戦を消化していますが

昨日は、振り飛車党のカリスマ・藤井九段が登場し

今期の開幕戦を戦いました。



3


3手目▲5六歩。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


舞台は第42期棋王戦の予選/3回戦。

東京都千代田区「都市センターホテル」にて

神谷八段と対戦しました。


先手は藤井九段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します神谷八段は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。


早々と居飛車を明示した後手に対して

藤井九段は3手目に中央5筋の歩を突いて

振り飛車投入を示唆します。。



5


5手目▲5八飛。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


藤井九段は上図で飛車を5筋に構え

最近よく採用する「中飛車」を投入。。。



19


19手目▲6六銀。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


飛車のポジションが決まったところで

双方、居玉を解除し囲いを目指しますが

ともに3筋に玉を留めた状態で6筋に銀を繰り出し

まずは「銀対抗」形が描き出されました。。



25


25手目▲1六歩。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


あらためて藤井九段は囲いを目指し

振り飛車の相棒である「片美濃」囲いを完成。。

(23手目▲3八銀)


次に、藤井九段が

1筋の端歩を突いて自陣に空気を入れると

現状では角が捌けずやや重い形の神谷八段も追随し

1筋の端歩を突きます(26手目△1四歩)。。



35


35手目▲3八金。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


駒組みに汲々と神谷八段を横目に

藤井九段は角のラインを変えてから(31手目▲5九角)

「美濃囲い」をリフォーム。変幻自在に、思う存分

自らが志向する模様を描いていきます。。


上図から次に、後手は

具体的に動かすべき駒が見当たりませんが。。



36


36手目△5四歩。


上図での持ち駒


▲藤井九段: なし

△神谷八段: なし


神谷八段は事前に飛車を合わせた

5筋の歩を突き合わせ、仕掛けに活路を求めます。。


藤井九段は▲同歩(37手目)と応じて、以下

△同銀~▲2六角~△7三桂に下図41手目

▲5九飛と進行。。



41


41手目▲5九飛。


上図での持ち駒


▲藤井九段: 歩

△神谷八段: 歩


飛車先で歩の交換が成立すると

藤井九段は後手の桂馬の跳躍を無視して

飛車を自陣最下段へと引き、余裕の手渡し。

後手からの攻撃を呼び込みます。



50


50手目△4六銀。


上図での持ち駒


▲藤井九段: 歩

△神谷八段: 歩2


「羽生世代」より前の最強世代

花の「55年組」に名を連ね、公式戦28連勝と言う

空前の大記録を持つ神谷八段は強気で知られる

その棋風通りに挑発を受けて立ち攻勢を強めます。。


右の桂馬を6五の地点にぶら下げると

1筋からののぞかせた角のライン上で銀をぶつけ

総攻撃の準備を整えました。。


が、しかし。。



53


53手目▲4四角。


上図での持ち駒


▲藤井九段: 銀、歩2

△神谷八段: 銀、歩2


銀交換成立直後

藤井九段は狙いすまして、角を前へ。。

神谷八段は手にしたばかりの銀を自陣に打ち込み

とにかく、香取りを防ぎますが(54手目△3三銀)。。



55


55手目▲7一角成。


上図での持ち駒


▲藤井九段: 銀、歩2

△神谷八段: 歩2


藤井九段は角を反対サイドに飛び込み馬を作って

以下、△8八歩~▲4三歩~△同金~▲5四銀~

△4二歩に下図61手目▲4三銀成と進行。。



61


61手目▲4三銀成。


上図での持ち駒


▲藤井九段: 金、歩

△神谷八段: 歩


流れるように手をつなぎ

藤井九段は我自我自流の寄せに入ります。。



【 投了図・85手目▲4四馬 】



85


投了図での持ち駒


▲藤井九段: 飛、金、銀、歩

△神谷八段: 飛、金、桂、歩2


直後に後手も反撃に転じ

激しい終盤の攻防となりましたが、しかし

馬引きの王手がかかった上図の局面をみて

神谷八段は無念の投了を告げました。


鮮やかな序盤の駒組みから

形勢を損ねることなく中盤、終盤を上手くまとめた

藤井九段が、らしさも全開に実に気持ちの良い

新年度白星発進を決めました。




□□□


第9期マイナビ女子OP/第1局終局後の感想。。


次につながる開幕戦


慶春onLINE







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。