セントクンのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

『コミュニケーションは受けてから始まる。』とドラッカーは言っています。


確かにコミュニケーションは受けてが見たいと思うものしか見ません。


しかし障害年金の仕事のように、携わる人々がきちんとコミュニケーションを行わなければならない場合は、


受けては話してに対して敬意を持って接しなければコミュニケーションは成立しません。


たとえば、医師と患者さんの関係や、患者さんや代理人である社労士の関係、


あるいは診断書に書かれてある医師と受けてである日本年金機構の職員との関係、


代理人である社労士と機構側の職員との関係、


請求者と機構側の職員との関係、


それぞれがコミュニケーションの受けては話してに対して敬意を持って接しなければならず、決して上から目線で主張することで観ているようでは成立しないのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は役所などの行政サービスを民間の会社に業務委託を行う自治体が多くなってきています。

0市でもO社とP社が主に業務委託を行っており、それぞれの区役所で若い女性が住民票などの取得でのサービスを行っています。

先日もM区役所に障害年金に必要な住民票の取得のために訪れたのですが、年金請求時での住民票の取得はO市では無料になっているはずなのに有料であると言ってきかないのです。

『0市ではどこの区役所でも無料ですよ。』


『はい、M区だけは有料になっています。』


『それならば0市に問い合わせてみますね。』


『ちょっと待ってください、職員が対応させていただきますから。』


しばらくしてM区の職員が応対に現れて、


『誠に申し訳ありませんでした。0市では条例で無料になっています。これからは間違いがないように致します。』


どうやらO社の若い女性たちが間違った情報を教えてもらって対応していたようです。

『0市ではどこでも無料ですよ。O社が委託しているN区でも無料にしているのですからどうか確認してください。そうでなければP社は無料だけれどO社は有料だなんてまずいでしょう?』

『申し訳ありませんでした。』

このようにいくら民間を活用すると言ってもそれを活用する行政側に問題があればおそらく税金の無駄になるような気がしてなりません。


民間に業務委託をされても利用者のメリットは本当にあるのだろうか疑問にも思いました。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

年金情報125万件が流出した件で思うことがひとつあります。

今まで国は国民年金の保険料納付委託の市場化と称して、様々な企業に年金情報を提供してきました。


しかも、この委託事業はある期間を経過すると、再度入札が行われ、再び別の企業に委託されることになり、


年金情報は別の企業に提供されることになります。


この他、電話の保険料督促業務にも民間の業者が参入しており、多くの企業が年金情報を本人の了承もなく受けています。


確かに日本年金機構よりもこれらの民間の業者のほうがセキュリティ-はしっかりとしていると思うのですが、


年金の個人情報が本人の了承もなく民間の業者に流されていることは事実なのです。


このことが問題にならないのが不思議でなりません。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。