セントクンのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

このところ年金制度改革法案(年金カット法案)の影響からか、障害年金の請求も厳しくなっているように思います。

 

そもそも10年年金(老齢基礎年金が25年の受給資格期間がある方が受給出来ていたのが、10年の資格期間があれば貰えるようになる年金)を新たに新設する代わりに、

 

消費税を10%にして財源を確保する目論みがはずれてしまい、このような法案が出ているように思われます。

 

生活保護以下の年金額で懸命に暮らしておられる単身世帯の高齢者にとっては、一律カットになるような法案はとても厳しいものになります。

 

どうかそのようなぎりぎりで生活しておられる高齢者にはこういった法案が適応されないような配慮が必要です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

謝罪するという事は、自分に間違いがある事を認め、将来において自分が変わっていくという宣言だと思います。

 

自分が変わることを他の人に宣言するという意味においては相手がその事を受け入れるかどうかは別問題です。(勿論謝罪だけでは済まない事も多くあるとは思いますが・・・。)

 

しかしながらプライドが邪魔をするのか簡単には頭を下げないようです。

 

そうなればいつまで経っても同じ過ちを繰り返すでしょうし、第三者にもそういうシグナルを送ることになるのです。

 

自分が悪いと思ったことは素直に謝るという事の大切さを改めて学ぶことができました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、民進党の山尾議員から、『安部首相の答弁に関しては、自画自賛と相手に対する批判ばかりで議論にならない。』という趣旨の発言があった。

 

私は民進党支持者でも自民党支持者でもないが、

 

人とのコミュニケーションを行う場合には、相手に対して敬意を持っていなければ結局は安部首相のように人の話に耳を傾けなくなるものである。

 

このような事は障害年金の手続きを行っている場合にもよくあることである。

 

請求者が病気で苦しんでいるのに裁定者である日本年金機構や厚生労働省のお役人が、『認定基準が合致していないから。』という理由で全く耳を傾けている様子さえ伺えず、請求者の不満を増幅させているのである。

 

せめてもう少し丁寧に『あなたの訴えている苦しみは理解しますが、残念ながら認定基準に合致していないので障害年金を支給することができません。』の一言くらいを添えれば、請求者も訴えていることを聞き入れてもらっていると思うのではないだろうか。

 

上から目線で相手に接していてはいつまで経ってもコミュニケーションは成立しないものである。

 

どのような相手でも敬意を持ってその人の話を聞くことが出来ないのは、結局その人の人格に問題があるのである。

 

日本のリーダーがこのような人格の持ち主では情けない話である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。