東京・埼玉の障害年金申請サポート 障害年金専門の社労士 吉成玲子 

うつ病等の心の病、けが、体の病気などで、充分に働けない方の障害年金請求手続きのサポートをしています。年金を受給しながら、安心して復職や就職を目指しましょう。

うつ病などの精神疾患やケガ、内臓の病気など、障害年金は、ほとんどの病気やケガが対象になっています。


このブログでは、障害年金を受ける資格のある方がみんな受けられて、安心して治療に専念し、ゆくゆくは就職活動をしたり復職を目指したりできるよう、いろいろな情報を書いていきます。⇒ サポート内容はこちら


テーマ:

心臓の病気で、人工弁を装着した場合は、原則として3級になります。

 

人工弁を装着して、日常生活や就労がほぼ発病前と同じようにできている場合は、初診日(初めてその病気に関係する症状で医師の診察を受けた日)が厚生年金加入中とはっきりしていて、初診日までの年金保険料の納付にも問題がない場合は、ご自分で手続きしても、難しくはないと思います。

 

年金事務所に何回か行くことになると思いますが、今は予約ができますので、予約して行けばそんなに待たされることもないでしょう。

 

人工弁を装着しても、日常生活や就労に支障がある場合は、検査数値などを見た上で2級あるいは1級になることがあります。

 

そのような方は、一度ご相談いただければと思います。

 

【お問い合わせ】

電話: 048-299-8473

メール: info@shogainenkin.biz  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 新しい年の初めの日、良く晴れた日で、よかったです。

 暗いニュースが多いけれど、こんな素晴らしい初日だと、今年は良い年になりそうな気がしてきます。

 

 昨年は、後半に難解な案件が重なり、ブログもだいぶお休みしてしまいました。

 今年は心を入れ替えて、皆様のお役に立つ情報をコツコツと投稿したいと思います。

 

 今年もよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

障害が複数あるとき、併合判定と言って、両方を合わせて、それぞれの等級より上がる場合があります。

 

たとえば、

①原因が同一の場合。 糖尿病で人工透析の方が、糖尿病性網膜症で視力障害2級となった場合。

 

  人工透析2級+視力障害2級⇒1級

 

②原因が別の場合。聴力に障害がある方が、けがで下肢の3大関節のうち2関節が使えなくなった場合。

 

  聴力障害3級+肢体障害3級⇒2級

 

  等。

 

ただし、同じ個所に重ねて障害を負った場合は、差し引き認定といって、認定が軽くなってしまいますので、ご注意ください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)