東京・埼玉の障害年金申請サポート 障害年金専門の社労士 吉成玲子 

うつ病等の心の病、けが、体の病気などで、充分に働けない方の障害年金請求手続きのサポートをしています。年金を受給しながら、安心して復職や就職を目指しましょう。

うつ病などの精神疾患やケガ、内臓の病気など、障害年金は、ほとんどの病気やケガが対象になっています。


このブログでは、障害年金を受ける資格のある方がみんな受けられて、安心して治療に専念し、ゆくゆくは就職活動をしたり復職を目指したりできるよう、いろいろな情報を書いていきます。⇒ サポート内容はこちら


テーマ:

知的障害と他の精神疾患の両方がある場合は、その内容によって同一疾病となったり、別疾病と取り扱われたりします。

 

ご相談の中で比較的多いのは、先に知的障害や発達障害があったために、社会的に適応できないことがあってうつ病になった、というようなケースです。

 

この場合は、同一疾病として取り扱われ、病状経過等の総合判断で決定されます。

 

病状経過を、診断書や病歴就労状況等申立書にしっかり書くことがたいせつになります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「知的障害」 の記事

テーマ:
障害年金でいう初診日とは、「障害の原因となった傷病につき、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日」です。

ですから、初診の診断名と現在の診断名が違うことも、よくあります。

また、「既往症」に何か書かれることもあります。

そのような場合、その関連性について「返戻」という形で、新たな文書を求められたり、厚生年金で出したのに国民年金にするように言われたりすることがあります。

そうなると、また審査の期間が長引いて大変です。

障害年金を請求する時、初診日や既往症で関連性を疑われそうな場合は、「関連がある」とか「関連がない」とか、申立て書や別紙にハッキリと書いておいた方が良いと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、今年ももう6月になりました。

 

無料相談会の日程は、以下の通りです。

 

ご自分が障害年金に該当するか不安な方、ぜひ一度ご相談ください。

 

6月10日(土) 13:00~17:00

 

6月24日(土) 13:00~17:00

 

原則として、お一人30分

 

場所:当事務所

    京浜東北線 蕨駅西口から徒歩2分

    蕨駅からお電話いただければ、ご案内します。

 

お申し込み

 

 お電話は 048-299-8473

 メールはこちらへどうぞ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)