傲慢SE日記 ~個人事業主として獅子奮迅中(TownSoft)~

40間近のフリーランスなSE日記です。TownSoftという屋号で仕事をしてます。仕事の依頼も受けてるよ!→http://townsoft.jp/

2006年9月 よりブログを書き始めて9年。もうすぐ10年目に突入する2015年になりました。
長い間読んでいただいている方には本当に感謝いたします。

正直読み返すのは恥ずかしい日記ばかりですし、あまり有益な情報もないのですが今年も頑張って書こうかと思います。

---請け負っている仕事---
主にWeb開発を請け負ってます。
ただし、金額次第ではCTOやマネージャーなどの常駐業務も請け負います。
お問い合わせはこちら から。

---好きな言語---
最近はSwiftにはまってます。Twitterの投稿もSwiftが増えてきたので、どこかでしっかりとした記事を書こうかと悩み中です。
相変わらずRubyは好きな言語で、JavaやPHPなども渋々やってますw
次のパラダイムシフトで訪れるのは宣言型言語とも聞きますので時代に乗り遅れないように頑張っていきます。

---PR---
僕が作ったゲームたちです。もしよければやってみてください。
※現在はSwiftでRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームを作成中です。

進撃の魔城

勇者たちに立腹した魔王が魔城を動かして、勇者を撃退するゲームです。
勇者を倒して得れる魂で魔物達を生成したり成長させていきます。

宇宙戦争のゲームでコインを集めて自機を成長させてクリアーしよう!

FlickRPG

記憶を失った主人公が送る壮大な物語。時空を超えて戦わなければならない敵がいる!
戦闘システムが画期的で、ハラハラしたバトルを楽しめます。

FlickRPG2

FlickRPGの戦闘システムを特化したゲームです。
シナリオはないけれど、戦闘システムが洗礼されてます。

※最近ブログ紹介系の内容の無いコメントが増えてます。その手のコメントは公開致しませんのでご了承ください。

テーマ:

週2日からのエージェントサービス、ITプロパートナーズを使ってみました。

結論から言うと僕は

 

二度と使わない

 

でしょう。

 

僕は週4日で仕事を探しているため、このような週2からのサービスは非常に魅力的だったのですが・・・

残念です。

 

僕のケースに当てはまるかどうかわかりませんが、サービスに不満を持った部分が多かったのでそれを書いておきます。

興味のある方の参考になればと思います。

 

1. 価格帯が合わない

僕は僕なりに自分の金額を決めてます。

なので、エージェントには事前に週4日で○○万円くらいで案件を探してくださいと伝えます。

ITプロパートナーズでも同様に伝えたところ、快く承諾してもらい一度あってほしいと言われました。

しかし、会った時に

 

「その金額は難しいですね。」

 

と言われた上に、

 

「我々は週5日よりも少なく働かせてもらってるんですよ。お願いして短く働かせてもらってるんですよ。そのへんが分かってますか?」

 

と言われる始末。

初めてのサービスだったので、このサービスのみで次の仕事を決めようと思ったけどこれはダメだと思ってこの時点で平行営業に切り替えました。

(電話対応時に金額を提示してるんだから、その時に難しいって言ってくれれば面談に行くこともこの記事を書くこともなかったのに・・・)

 

2. エージェントの質が悪い

昔を知っている人なら、今のエージェントの質の高さがとても高いことがわかるでしょう。

IT系の人材サービスは飽和状態にあるためサービスがとても重要になると思ってますし、結果を出せないエージェントを再び使うエンジニアは少ないでしょう。

 

1番で書いているように、エンジニアに(気づかないうちに)詰め寄るような営業をするなら結果を出す必要があります。

しかし、僕の提示する金額の案件を探せずに提示する側を

 

「自分の立場が分かってますか?」

 

と言う感じで詰め寄られてしまうサービスはなかなか使えない・・・。

 

3. エンジニアレベルについて

とはいえ、エージェントと面談に行ったからには案件を紹介してもらうしかなく案件の紹介をしてもらいました。

その際に紹介され方も微妙で、、、自分の持っている案件の良しを僕に紹介するだけで僕のスキルにはさほど関心が無い模様。

紹介する案件会社の素晴らしいところを伝えてエンジニアの心をくすぐろうと思ったのかもしれないけど、僕は

 

「このエージェントが紹介しているエンジニアは大丈夫なのか?」

 

と思うほど面談のレベルは低かった。

エンジニアレベルの高さを歌っているようだが、僕が見る限りではとてもこの面談ではエンジニアレベルを図ることはできないだろうな・・・と思った。

 

4. 平行営業に関する理解が狭い

申し訳ないのだが、このエージェントとの面談が終わった後すぐに他のエージェントに連絡したところ速攻でアポイントメントを取ってくれて次の案件はすぐに決まった。

とはいえ、ITプロパートナーズが紹介してくれた案件もあるので一応受けてその次の日に断りの連絡を入れたのだが・・・

 

「私たちがこんなに頑張ったのに、他で決めるんですね。」

 

と言うバツの悪い終わり方をされてしまった。

本当はもっと揉めそうだったのだが、うまく言葉巧みに交わしたのだ。

この点は本当に苦労した。。。

(なんで僕がこんなに気を使わなければならないんだ・・・。)

 

他のエージェントでこのような事があっても

 

「次回は良い案件を探しますので、また連絡させてください!」

 

と、次もお願いしたくなる感じで終わらせるのが近年の精錬されているエージェントなんだとおもうのだが・・・。

ITプロパートナーズは、まるで10年前のようなエージェントだった。

 

エージェントは希望する案件を探してくれれば、多少サービスが悪かろうと気にはならない。

しかし「希望の案件は無い」と初めに言われた上に、サービスもこのような対応をされてしまったのは本当に残念だった。

 

僕が提示した条件は、約一週間で他のエージェントで探してもらえたので変な条件では無いと思う。

それにも関わらず決めてもらえなかったのは残念である。

 

後日談

ちなみに、この話は少し前の話である。

このエージェントはSES契約でエンジニアと契約を結ぶと言っていたが、実態は時間単位のバイト感覚で契約を結ぶそうだ。

その点も少々仕事がしにくいと思った点である。

 

ただ、バイト感覚で仕事を探したい方にはうってつけでは無いだろうか?

もう少しエージェントのレベルが上がればの話だが・・・

 

着眼点は面白いし、空いた時間をお金に変えたいエンジニアは多いと思う。

なので、このようなビジネスが発展することを切に願っている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

iPhone、RPGゲームの偽りの物語が以下のサイトで1位になりました!

 

-------

週刊アスキー -個人開発者アプリランキング- 1位
http://iphone.ascii.jp/2016/04/12/ranking885944/

 

Applion -有料 ドット絵RPG- 1位
http://applion.jp/iphone/topic/100073/paid/

-------

 

ご購入していただいた方、本当にありがとうございます!

自作は無料アプリを公開予定ですので、今作ともによろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも偽りの世界を遊んでいただきありがとうございます。

 

え?

遊んでないって?

 

では、これを機会に偽りの世界をお楽しみください!

 

 

偽りの世界では

 

 

こーんな感じでレトロなRPGを楽しめます!

とっても楽しいです!

そして、かなり意外な結末が待ってます。(RPG至上初だと思う。)

 

しかし・・・

配信初日に

 

重大なバグ

 

が発生してしまいました。

しかも、それを知ったのが配信日の深夜12時・・・orz。

 

僕はアプリをリリースして、ホッとしたような「ランキングが伸びないなぁ」と初日のドキドキ感を感じてました。

またこの日のようにランキングには入っていなく、150位以降にいました。

 

「まぁ、仕方ない。寝るか。」

 

と思ったところに一本のメールが。

 

「偽りの物語を楽しんでいるものですが、酒場で仲間を増やそうとしてもお金だけ減って増えないんです。」

 

とのこと・・・。

えぇぇ・・・。

今、12時だよ。

 

しかし、このメール本当に丁重で

 

「お時間のある時で構わないので調査していただければと思います。」

 

と、こちらのことへの気遣いまで。

 

・・・どうする?

どうする?僕。

やる?寝る?

 

・・・やることに決めた。

 

やることに決めたのは、時差だ。

今の時間はクパティーノ(apple本社)は8時。

まだ出社前。

今なら

 

特急審査

 

が使えるかもしれない。

 

そう、この機会を逃すと何日待たせるかわからない上に他のユーザーも同じバグに行き着く・・・。

(連絡をくれた人は他の人よりストーリーが進んでいた。google analyticsは重要!)

そうなる前に!

 

ということで原因の調査。

原因はすぐにわかった。

3部で導入した酒場の機能が、1部と2部の酒場の機能を打ち消していたのだ。

しっかりテストをしておけば、、、とはいえ一人で作っているからテストが弱いのは仕方がない。

 

などとブツブツ言いながら5分で原因追求&修正を行い、10分のテストで解決!

しかし、ここからが長かった。

 

偽りの物語は200MBを超える超大作!

すなわち・・・

 

コンパイル(Archive作成)に

 

30分

 

近くかかるのだ。

※Macbook Airだから・・・というのも事実。

 

そして、その後Appleへ送信するのに5分。

長い・・・。

 

そして、Apple内でバイナリの処理をするのに

 

30分以上

 

かかる。

結局この時点で約2時間。

 

バイナリを提出したら今度は特急審査!

アップル様に

 

「すいません、購入者から先に進めなくて困っているとの連絡をもらってます。お客さんのために早くバイナリを提出したいのですがなんとかしてもらえますか!?」

 

と日本語と英語の両方でメッセージを送った。

その間にお客さんに

 

「先ほどApple者へバイナリを送ったので、対応され次第お知らせいたします。」

 

とメールを送ったところ

 

「こんなにしっくりくるゲームは今までありませんでした。素早い対応ありがとうございます。楽しみにしてます。」

 

とのこと。

めっちゃ嬉しいじゃないですか。

 

・・・とはいえ、今日はこれ以上やることはないので寝ることに。

ドキドキしながら2時半に寝床についた。

 

そして、6時過ぎに目を覚ました。

ね、眠い・・・ん?

ふと携帯を見るとピコピコ光っている。

 

まさか!

 

アップル社からだった。

 

「今回は特別に1回だけ対応します。もし、リジェクトした場合でも再アップすればすぐに審査キューに回すからね。」

 

と英語で書かれていた。

 

キター!

 

特急審査(Expedited App Review)初成功。

こんな感じで流れていくんだ!?

審査はやっぱりキューになってるんだ!

 

などと感動してAppleStoreを見ると・・・

おぉ!

 

1.1リリース

 

されてました!

めっちゃ眠いけど、めっちゃ嬉しかった。

 

連絡をくれた方に連絡したらめちゃめちゃ喜んでくれたので、眠いながら対応した甲斐がありました。

(しかも、その後に結果も知らせてくれました。本当に言い方でした。感謝します。)

 

ということで、結論。

特急審査は1回しか使えないけど、成功すると2時間半(上記のメールは早朝5時過ぎにきていた)でAppleStoreに並ぶ

 

ウルトラCの大技

 

でした。

もう僕は使えませんが、お客さんに迷惑をかけている場合はどんな形でお客さんに迷惑をかけているかを切実に伝えると良いと思います。

 

その前にテストをしてから出す方がいいですが・・・w

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

iPhoneアプリ「偽りの物語」がAppliv様に掲載されました!

今回は

冒険する前から違和感の連続……このRPG、何かあるぞ!?

と、冒頭から何かを匂わせていただけるようなタイトルでユーザーの目を引く記事を書いていただきました。

いつもいつもポイントを押さえた記事を書いていただき、感謝しております。

 

偽りの物語は「装備」するものに特徴があります。

その特徴を上手い表現で記事にまとめてもらってます。

 

また、僕がストーリーに入れ込んだ違和感の部分もクローズアップされており嬉しい限りです。

 

どんな文章かって・・・。

ぜひこちらの記事を読んでください!

 

そんなAppliv様の記事はこちら

 

よろしくお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

AppStoreの順位ってどれくらい売れると入れるのか?

それによって儲かるのか?

という話を実体験をもとに書きます。

(見て分かる通り、スクエニのゲームはセール中にほとんど買いましたw)

 

僕が作ったアプリは

 

偽りの物語

 

です。

 

こんなゲームです。

この記事が役に立ったら買ってくださいw

 

4/5に発売されて1日のDLL数は・・・。

その前に4/7のランキングをお見せします。

 

 

ロールプレイング部門30位。

FinalFantasyを抜いてます。

 

 

どうやら約2時間ほどでランキングは変わるようです。

この時点でFinalFantasy5や聖剣伝説2を抜きました。

 

 

この辺りでランキングがグラグラしてました。

25位から32位あたりを行ったり来たりしてました。

 

 

ふと気づくとFinalFantasy5は20位に・・・。

 

 

最後は18位に落ち着きました。

さて、ここで問題です。

このようなランキングでどれくらい儲かるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは。

 

20~30DL

 

くらいです。

なので、もし1800円で販売していれば多く見積もって1日

 

1800 × 30 = 54,000円

 

なので、1ヶ月で

 

54,000 × 30 = 1,620,000円

 

162万円になります。

しかし、appleが30%のマージンを取るので48.6万ほど引かれ

 

114万/月

 

ほどです。

スクエニは高額でアプリを出しているから儲かりますが、僕のような個人ではそうもいきません。

 

もし120円で上記の計算をした場合はどうなるでしょうか?

 

120 × 30 = 3,600円

3,600 × 30 = 108,000円

108,000 - (108,000 × 0.3) = 75,600円

 

75,600円/月

 

となります。

ちなみに偽りの物語は制作期間9ヶ月。

この数値が割に合うかどうかは読者に委ねますが、このランキングもずっと取れるとは限りません。。。

 

買い切りアプリ開発は本当に儲かるのでしょうか・・・ね?

個人で作っている方はとにかくとして、会社としてアプリを作っている方は参考にしてください。

 

P.S.

日本に課金アプリが多いのはこのような事情があるからかもしれませんね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。