[羽田書店]本屋大将、はねだぷりん(羽田プリン)を作ったり、本を読んだりする日記

京浜急行穴守稲荷駅前の本屋の丁稚の読書感想文他アレコレ。プリンを作ったり、喫茶営業をしたり、雅楽を奏したり。


テーマ:
1984年に小説家デビューし、1990年代後半にスペインでいくつもの文学賞を受賞しながら、2003年に50歳で亡くなった、チリ出身のロベルト・ボラーニョ。

現代文学に欠かせないラテンアメリカ作家の一人として数えられる作家です。

1998年に刊行した長編小説・『野生の探偵たち』で、ラテンアメリカの若手作家にとっての登竜門となる賞を受賞した事で、全スペイン語圏に名が知られるように。
ロベルトボラーニョ511wx0poupL.jpg

ロベルトボラーニョ51wx5yACNBL.jpg


短編集・『通話』は、主に売れない作家について書かれた作品群の第一部・“通話”、闇社会の人々のエピソードを描いた第二部・“刑事たち”、4人の女性の人生を描いた第三部・“アン・ムーアの人生”が収録されています。
ロベルトボラーニョ51AHlxIWRCL.jpg


1973年、青年であったロベルト・ボラーニョは、故郷チリで、軍部によるクーデターで時のアジェンデ政権が倒される機会に遭遇。自身も政治犯の疑いで8日間刑務所に拘留されました。

この体験を基にした様な短編が、第二部の表題作・「刑事たち」として描かれています。

この軍部のクーデターと、刑務所への拘留がボラーニョに大きなショックを与えたらしく、彼の作品には、姿がはっきりしない人生における様々な恐怖や、その恐怖に翻弄され人生を右往左往する人々を題材にしたものが多いらしいです。

この短編集・『通話』も、チリのクーデターで亡命した作家や、先程の自身の刑務所拘留を基にした「刑事たち」、病気や事件に巻き込まれた事から不安定な精神状態になった人々の人生を描いた短編など、収録された作品群は各話の主人公と周囲の人々が成長し、結婚し、離婚して・・・、と、よくある人生の一つひとつを書いている様でいて、何か少しズレているというか、しっくりとしない違和感を感じさせるモノが底に流れている様な気が、訳者あとがきまで読んでボラーニョの経歴や作品の特徴について知ってから、ようやくして来ました(^^;)。

何か、モヤモヤするのだが、何だろう??と思いながら読んでいた答えが、ちょっと分かった様な気がしました。

よくある人生の一つを生きていながら、何かがズレていて、無意識の内に不安や恐怖、時には美しさを抱えている。それでもごく普通に生きている。

現実に自分の知人友人の中にもいそうな、生々しく生きている登場人物達。

たくましく生きて行く者もいれば、色々な形で死を迎える者達もあり、消息も知れない者もいて、正に人生の様々な形を描いた作品群ですが、通低する何かへの不安や恐怖、人の力ではどうにもならないモノに翻弄される姿を緻密に描き上げる事で、“人間”というモノがあらわにされている様です。

ボラーニョさんを良くご存知ない方は、訳者あとがきを先に読んで、知識を仕入れておいてから本編を読むと分かりやすいのではないでしょうか??

なお、前掲の代表作・『野生の探偵たち』は、上下巻・各3,000円弱!

もっとジャンジャン売れれば、一冊ずつは当然安くなる訳で、正味の話が、活字離れ!などと言ってる場合でなく、ジャンジャン買って、ジャンジャン読んで、ジャンジャン安くなる方へ持っていければ良いですね(^∀^;)。












AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本なんてものは、読んでいれば、いつかは読み終わるもの。

漫画なんてものも、どれだけ人気だったとしても、いつかは連載が終了してしまうもの。

で、つい最近、9年に渡る連載を終えたのが、

『侵略!イカ娘』!!

51m2x7XC-uL.jpg

海を汚す人類に復讐・征服するために、深海からやって来たイカ娘が、気付けば浜辺の海の家で働きつつ、人間生活を、フツウに満喫しているこの作品。

恐ろしいのは、9年の連載の間、毎回必ず笑える作品だった!という事です!!

海の家が舞台なので、作品世界は、常に夏休み中!

この限られた時間・空間の中で、毎回必ず笑いを提供する事がどんなに高度な事か!

多くのギャグ・コメディ漫画家が一作二作で燃え尽きる中、想像するだに恐ろしい事です、(`´;)!!

毎週どんな時も変わらずに常夏の笑いを届けてくれた、素晴らしい傑作ですので、お試し下さい。

しかし、実際“侵略”は、どこから来て、どこへ行くのか・・・?

そこまで読みたかったなあ(´∀`)。

と、9年来の毎週の習慣(常夏でクスッと笑う)がおしまいになり、少し笑い心にポッカリ穴があいた所で、書庫から発掘されたのが、コチラ↓!

SABEさん著・『世界の孫』(☆_☆)!!

51HMCX96NDL.jpg

表紙のお嬢さんは、中学生ながら頬がプクプクの極めて“お孫顔”であります。

かつて、そのあまりの“お孫ぶり”に町中のお年寄りが「ハーメルンの笛吹き」のネズミの如く引き寄せられて、かまいたがり、それらお年寄りを擁する各ご家族を崩壊の危機に陥らせた、という“お孫”伝説を持っている、というお話。

荒唐無稽なネタに思えますが、映画や時代劇などの様々なパロディや、切れ味抜群のアクションと、ユルリとした掛け合いや、“おむずがり”など万人がうなずける“お孫”あるあるネタの緩急のきいた構成の、質の高いギャグ漫画に仕上がっております。

さて、その、“世界の(人々から愛される)お孫”を目指す物語を発掘した事を、わざわざ昨今の『侵略!イカ娘』完結に事寄せて述べたてる、その意味は何なのか??

つまり、『世界の孫』もまた、“イカ娘(というか、イカ女(イカジョ?))”の物語でもあるからなのです(--;)!

“お孫さん”は主人公ですが、そのカウンターパートとして、「イカ好きで、イカの力を手にして、学校を支配し、ひいては“日本と書いて、イカと読ませる”事すら目論む担任」が存在する訳です(2巻表紙の人)↓。

51lKZtu0-oL.jpg

この人を中心に描かれるイカ・ネタの数々は、切れの良いギャグに満ち溢れた当作品の中でも、濃厚極まりない最上級のイカの刺身の、ネットリとした旨味と食感の様な味わい!

ゲソタポって!

「侵略!イカ娘」は00年代から10年代にかけてのイカ漫画でしたが、『世界の孫』は00年代を代表するイカ漫画なのです!そんなジャンルあるのか(^^;)。

また、クラシック・バレエと功夫の意外な親和性にも度肝を抜かれるのは間違いないです(^∀^;)。

『侵略!イカ娘』も、『世界の孫』も、まことに傑作の名に違わぬ作品でありましょう(^^)!

という訳で、『世界の孫』を店の蔵書に持って来ましたので、どなたか読んで下さい。

“はねだぷりん”を食べながら読めば、甘い物が大好きな“お孫さん”により一層感情移入出来て、倍面白いに違いないですよ( ̄ー ̄)??



上手く漫画からプリンにネタがつながった様な気がする(-_-;)・・・。どうでしょう?












AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴールデンウィークも過ぎて、少しずつ陽気が暑さを加えて来ているというと、冷たいプリンの美味しい季節になって来た訳です(^∀^)♪。

濃厚な味わいがチーズに近いニュアンスを持つ“はねだぷりん”なので、ワインなどと合わせてみても面白いかもしれません(^^)!


ところで今月は、イベントとして、24日(火)16時30分より、『出張歌声喫茶』を開催します♪。

チャコ&チコnoname.jpg

↑月に何公演もかかえる人気『出張歌声喫茶』が初来店!

プロのギター&ボーカルデュオ・チャコ&チコさんに合わせて、青春のヒット曲や名曲を、一緒に歌いませんか?

演奏予定は、以下の曲目!

みかんの花咲く丘
大きな古時計
いつでも夢を
学生時代
古城
希望

カチューシャ
時の流れに身をまかせ
故郷
高原列車は行く
線路は続くよどこまでも
真白き富士の根
青い山脈
若者たち
神田川
あの鐘を鳴らすのはあなた
ローレライ
夜明けの歌
瀬戸の花嫁
高校三年生
星の界
(予定)

慣れ親しんだ曲、一度ならず耳にし、口ずさんだ曲ばかり、20曲強歌って過ごす1時間半です♪。

長く演奏活動を続けるデュオのお二人の滑らかな司会と生演奏に合わせて、お腹の底から歌い上げるのは、気持ちが良いもの!新宿の「歌声喫茶ともしび」にも負けない、素敵な歌声が響くのが、店員としても楽しみです♪。

お問い合わせは当店まで♪(TEL:03-3741-1817)。


更に、7月には、イタリアンオーガニックワインパーティーを開催します(^^)!

イタリアン.jpg

独占契約につき、まだ日本では希少なイタリアのワイナリーのオーガニックワインをお楽しみいただく予定です(^∀^)。

オーガニック.jpg

この機会に、チーズに近いニュアンス・“はねだぷりん ”と、イタリアンオーガニックワインがマリアージュするか?!、お試し下さい(^^)。


詳細は後日またお知らせします(^-^)♪。













AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校の同級生のご子息が小学校に入学した、というので、そのお坊っちゃんに会ったら、『君のお父さんは優秀だったから、お坊っちゃんもお父さんを追い抜く位頑張ってね。もう、お父さんよりもイケメンだけどね。』などと言うたろか、と思っていたのです。

ところで、応援する時に『イケメン』という単語は何だか音の響きが悪い気がして、「イケメンと言うよりは・・・、ハンサムと言う方が音の響きは良いが・・・。ハンサムを用いるのは、オッサン感が出てまうんやないか・・・?』と、どうでも良い味わいをかもしてみた次第。

だって、『ラーメン、イケメン、僕ツケメン♪』というネタにも使われる所からして、単語としては三枚目な雰囲気があり、入学祝いもこめた応援の言葉のオチに三枚目な単語を持ってくるのは、趣味に合わないなあと思ったのでした。

ところで、今日のオチは、『ラーメン、イケメン、僕ツケメン♪』の所。

さて、現在店頭では、東京書店組合の中小書店がオススメする『掘り出し選書』フェアを展開中。

3ヶ月間、一つの出版社の本を展開して、仲間の本屋とローテーションしていく企画で、毎回出版社がかわる毎に、飽きずに同じご紹介をしております。

今回展開中の出版社は、“青土社”さん!

人文・科学のジャンルでは比類なき名出版社さんです。

かのビル・ゲイツさんが、自分にとっての永遠の一冊だ、という本もあり、出版する本はいずれも充実した内容!しかも、非常に刺激的で目から鱗のテーマに挑んだ作品ばかり!!

中小書店で40冊前後この出版社さんの本が揃う事は、滅多にないので(本屋側のお財布の都合上)、ご覧いただけたら幸いです!







・・・・・・・・・・・
九州の震災に対して何か出来ないか考え、義援金箱を設置させていただきました。

160428_083034.jpg

募金していただいた方には、御賛同していただいた御礼に、当店パティシエ謹製の小さなクッキーを差し上げています。
160428_083015.jpg

集まった義援金でお菓子を作って被災地ボランティアに送るか、日本放送の義援金募集にまとめて持ち込む予定です。















いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
桜も終わって、気づけばゴールデンウィークも間もなく!

テディベアのお菓子を作ったり、タレントの三宅裕司さんそっくりの鬼の顔クッキーを作ったりと、お菓子の造型に深い造詣を持つ当店パティシエの本領が発揮された“こどもの日 チョコかぶとケーキ”です(^∀^)♪。
160425_110443.jpg
160425_110500.jpg

しっとりチョコレートケーキと、サクサク軽いクッキーの組み合わせ♪。お一人様用500円で、ご予約受け付け中です(^∀^)♪。

二種セットの鯉のぼりクッキーは、250円で販売中♪。

160425_073035.jpg


同じく、サクサク軽い、クマのクッキーもご用意しました(^∀^)!
160425_073205.jpg
160425_073300.jpg
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。