BMP130
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-08-04 11:15:54

妖談会のご案内^^

テーマ:あっちとあいだ
いよいよ来週の水曜日、12日ですな。
今回は、久しぶりの御呼出しを掛けてみようと思ってます^^
御存知あの方が御降臨戴ければ・・・^^

☆お盆ですよ、妖談会☆
○今年も有馬湯様のご厚意により、妖談会開催させていただける事になりました。
お盆でご先祖様も戻ってくる、お盆だから、他の存在も来てしまう?
そんな、不思議な話、妖しい話、怖い話を皆様で楽しみましょう。
日時:平成27年8月12日(水)14時50分から午後20時半を予定しております。
今年も2部制の構成になっております。途中、ご自由にご飲食をお楽しみください。
場所:台東区竜泉3-31 有馬湯さん
三ノ輪駅から明治通りを土手通りに入り、
コンビニの前のコインパーキングを右に入ったところです。
会費は1000円です。ご自分のお食事や、おつまみ、飲み物の差し入れ大歓迎でございます。
飲食自由、御神酒も大丈夫です。
当日は定休日で、表の入り口はしまっております。
脇か裏からお入りいただくことになります。
※参加申し込みに関しまして、この記事を書かれました方、または掲載の日記・ブログなどにコメントか、
TwitterにてDMを頂けたら幸いです。
○Timetable
開場    14:50 ~ 15:10
開演(1部) 15:10 ~ 17:00
休憩、飲食、雑談time
開演(2部) 18:00 ~ 20:30
その後、お時間いただけましたら、歓談timeとさせていただきたいと思います。
○妖談会縁起
ある席で、有馬湯様と、ご縁をいただきまして、ご主人様が怪談がお好きなことを、伺い、
会場をお借りさせていただきまして、開催に至りました。
古くは、お風呂屋さんを会場に、落語などを提供していたお話を伺いまして、
現代にもそのような場所を提供いたしたく、開催させていただきます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
今宵は、楽しい妖談会、お楽しみいただけましたら、幸いでございます。
※録音、撮影等は禁止させていただきます。ご了承くださいませ。
 
妖談会プロジェクト 
語り手プロフィール
○大野尚休
稲川淳二の弟子筋にあたる。
インターネットラジオ等を使い、あっちとこっちの狭間で斬りまくる。
作品掲載:ポプラ社「てのひら怪談」メディアファクトリー、
ダ・ヴィンチ「幽」稲川淳二特集に寄稿
稲川淳二のブレーンとして活動、稲川氏のネタ探し、場所探し、ロケハン等に活躍。
あっち系の相談等も引き受け、その手の(お祓い)依頼も度々である。
○黄色いひつじ
趣味の怪談蒐集が広がり、今では自然と集まる環境に。
モノを書く事と家を建てる事を生業にしつつ、
人から聴いて、体験してそれをまとめ書いて、怪談会等で語る。
最近の捌け口は、専ら妖談会と定例会だけらしい。
平成27年7月吉日
企画
妖談会プレゼンツ
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-03-17 03:09:21

あ~

テーマ:ブログ
まー、ね。
しばらく書いておりませんで、というか、生来の面倒くさがりが^^

いえね、いってこいがね^^

メインの面子なりこだわりはあるのでしょうが、
相互連携していない(俺様は!的傲慢さが・・・)らしいので、他も含めて、反映出来ないんですな。と、これは、私の無知ゆえの設定瑕疵なのかもしれませんがね。


わが身に引き比べて、とかは思いませんが、
嬉しくなることが多々ありまして^^

ですが、それに係わる、不義理が・・・厚~く、重なってしまっておる訳です。

まあね、
チョンボのオーノちゃん!
とまで言われていた自分ですから・・・

その名声(悪名だ!)に甘えていたんでは・・・仕方ないのですが、にょ!



ん~、



両極の予感。

良い方に行けば・・・(何が!誰に!どのように!)良い加減で^^
悪くても・・・(ご、ご、ご・・・まさかの、ごうt・・・)あたりでしょうがにょ^^

そこはかとなくつれづれに


AD
2015-01-03 20:03:35

つれづれなるままに

テーマ:ブログ
いえね、SNSとかツイッターとか、フィルターはかけてますが目に入り、情報収集できるわけですけれどもの。

二次元とか三次元と同じように、天使?に位階がある様に・・・と、例えますがね。
人・人間にも、階梯・レベルがあります。

もうね、話している(ネトラジ等で)訳では無いのでね、描いちゃいます。
莫迦が湧いても流して無視できますからね、リアルタイムでなければ^^

下のレベルの人間には(そのレベルによっては人間と呼ぶのもはばかれるようなモノも多々存在していますが)その上位に居る人間の、上位レベル故の言葉・行動・思考が理解できない!
わからない!通じない!
当然です。
コミュニケーション出来る接点が無いのですよ。
言葉自体が通じないのですから。

そう言うのは、無知では無いんですよ。
知らないのではなく
知り得ないのです。
自分の専門で言う処の「莫迦」ですな。
権勢で、鹿を馬と言わせるようなもので(逆?)ね。

これはね、
人種とか性別とか年代とかではなく、それらにかかわらず・・・なんですよ。
肩書や、仕事、才能や作品での評価とは別物なんです。

ですから・・・・・・

解る人には解ってるんですね^^
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇