藤花の食パン&天然酵母パン秘話

無添加、手作りをキーワードに奮戦する店長の日常


テーマ:

 

15℃、これ、私の机の上の温度計

何時間も二台のストーブつけてるけど温度がこれ以上上がってこない。

だから、足元ピンボイント温風

普段、もっと寒いところで仕事してることが多いので、動いているならこれくらいなら平気なんですが、じっと座ってるのにはチト寒いっす。

 

今朝、かなりの覚悟で戸を開けたら、思ったほどの積雪ではありませんでした。

多分、気温が下がってかなり細かい雪だったのでカサ的には小さかったのかも。

つまり、サラサラ雪。

スキーヤーさん、良かったね。

 

軒下に落ちた雪はこんなです。

 

 

ここは斜面、ズズーーッと下がった段差のあるところ。

柱の左側は1m近く下がってます。

だから、やっぱかなりの量が降ったんですね。

 

普段なんでそんなに寒いところで仕事することが多いのかと言いますと、例えばパンの袋詰め、

暖かいところで袋詰めすると袋の中の空気が暖かいですよね。

藤花は通販なので運送屋に引き渡します。

運送屋の倉庫、輸送中、暖房なんかありませんよね。

もしパン袋の中の空気が暖かかったら温度差で結露する可能性があります。

だから暖房入れない部屋で袋詰めします。

 

今朝は明日発送予定のこれ、14日発送で予約いただいているシュトーレンの最後の身支度。

 

 

 

 

今ね、ものすっごい雪なんですが、なんだか景色の色が変なの、黄色いの

 

 

おーいやだ、雪じゃなくて除雪作業が・・・・

 

 

 

昨夜、寒〜い夜は熱々湯豆腐かなー、なんて思って豆腐を買っておいたんですが、その時になってどうしても食べたくなったものができてしまいました。

 

それがコレなんですが・・・・・

 

刻んだネギと鰹節を混ぜたもの

 

 

その上に崩した木綿豆腐を

 

 

これに生姜醤油をかけて混ぜて、熱々のご飯の上にのせて食べる

 

 

 

 

私、子供の頃から渋いと言うか、大人びてると言うか、地味と言うか・・・・冷奴が好きだったんです。

しかも、グチャグチャと崩して生姜醤油かけて、それからご飯にのせて・・・・両親がそのような食べ方をしていた訳ではなく、なぜか勝手にそれが美味しいと悟ったのです???

今はいいけど、絶対によその家で食べる時にはそんなお行儀の悪い事しないようにと言われてました。

 

そして、大人になったある日、新聞のコラムである記事を読んだのです。

多分、小泉武夫さんだったと記憶していますが、記憶違いだったらごめんなさい。

東京農大名誉教授のあの先生です。

その記事の当時はまだ名誉教授ではなかったと思いますが、発酵の研究で既に有名でした。

 

もし記憶違いでも、誰か有名な食品関係の先生だと思いますが、その食に通じた先生が好きなご飯の食べ方だったかなー、そんな紹介で書かれていたのが「ネギのみじん切と鰹節を混ぜたものに醤油をかけてご飯にのせて食べる」と言うものでした。

これが実に美味しいのだと書かれていました。

早速やってみたら・・・・美味しい、実に美味しい、ご飯の美味しさあっての美味しさ、おー、これぞ究極のご飯の楽しみ方・・・・なーんていたく感動したのでしたー

そして思いついたのが、私の子供の頃の究極の冷奴の楽しみ方とのドッキングだったのです。

 

 

昨夜は炊きたてご飯を見た途端にそれを食べたくなったのです。

湯豆腐の一部を変更してこうなってしまいました

 

 

子供の頃の思い出の味と、食の先生のオススメの味のコラボ

と言う訳で、昨夜は湯豆腐にコレ、豆腐攻撃メニューとなりましたが、湯豆腐はレモン醤油でいただきましたので味は別物、それぞれにおいしかったです。

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

昨日、ドラッグストアーで見つけた

 

 

値段と宇都宮の名前で思わず買ってしまった。

3割引、173円・・・買うっきゃないでしょーー

 

でもチョイとアレンジ、白菜、ネギ、しいたけ、豆腐など色々入れて・・・

こう言うのに付いてる濃縮スープって説明書き通りに作ると塩から過ぎの事が多いのよね。

それに、具もたくさん入れたから、説明書きの2倍ほどの水も入れたし、それで手持ちのスープも少し加えたり、最後に片栗粉入れてトロミも付けたりでメーカー希望の仕上がりとはかなり違ってしまいました。

 

出来上がりー

 

 

おかずにも、スープがわりにもなる一品になりました。

 

今日は朝から冷たい雨が降ってましたから、熱々スープ餃子が一段と美味しく感じるランチになりました。

 

そして午後からかなり気合を入れて作ったのがコレ

 

りんごペースト

 

 

 

これで小さめのリンゴですが30個ほど使ってます。

 

リンゴは水分の多い果物です。

だからこそ、ここまで飛ばすとギュッと甘さが凝縮されるのでーす。

 

用途は

生地に練り込むんです

例えば、ブランデーケーキ

 

 

 

 

生地がシットリとする上にフルーテイーナ甘さが加わります。

 

他にも色々と焼いてますが、ネット販売してるのは今のところはブランデーケーキだけです。

 

干しイチヂクのパンと同じく、なかなか画像の用意ができないーー

 

 

 

ここまで水分飛ばすと混ぜるのに結構重い、混ぜ続けなければ焦げ付くし・・・苦労の甲斐あって・・・よっしゃー・・・出来上がりました。

 

 

りんごペーストだけでなく、ドライりんご、ラム酒漬け、オレンジやレモンのピール作りなど、藤花では毎冬繰り返される冬の風物詩なのです。

あっ、そうそう、その前に秋の栗の渋皮煮作りがあります。

 

冬季限定、栗抹茶

こちらもよろしく〜〜〜

 

 

 

栗抹茶のページはこちらから

 

ブランデーケーキのページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 

今日のランチはライ麦入りの干しイチヂクのパンにクリームチーズをのせて

 

 

干しイチヂクとクリームチーズ、これ合うんですよ

干してあると甘みが凝縮されてかなり甘いんです。

でも干し葡萄のような酸味はありません。

だからほんのりと酸味があるクリームチーズと合わせると美味しいです。

 

実はこのパン、今週焼いたものではなく先週のです。

新商品としてネットでも販売しようと思い、だいぶ前に写真を撮ったんですがうまく撮れてなくてUPできないでいました。

それで先週焼きましたが、バタバタしてて結局時間が取れずにそのまま東京へ。

そして今になって切ってみたと言うわけです。

 

既に10日経ってますからかなり硬くなってます。

でも写真だからいいか・・・・でも食べてみよう、もったいないよね・・・・硬いけど噛み締めると美味しいじゃん・・・袋に入っていたとは言え秋田の冬です、暖房の入ってない場所に10日も放置されてました、限りなく0度に近い状態にまで冷えていたはずですから硬くて当たり前。

 

オーブントースターで温めれば柔らかさが戻るはずですが、干しイチヂクの場合は温めない方が美味しいと思うんですよね、あくまで私の個人的好みですが。

 

そんな訳で、硬くなった干しイチヂクのパンと熱々のスープでお昼ご飯は済ませました。

 

パンが硬くなってても干しイチヂクは柔らかくて甘かったです。

 

 

このツブツブがたまりませーーん

干し柿よりも甘いと思います。

 

パンのどこを食べても麦の味と干しイチヂクのコラボの味があるように端っこまでしっかりと入れました。

 

 

 

私が初めて干しイチヂクを食べたのはエジプトでした。

干し柿ほどベタベタ感がなくツブツブ感と甘さが印象的でした。

 

イチヂクの原産地はアラビアの南部と考えられています。

旧約聖書にも度々記されており腫れ物の治療薬としてや携帯食料として登場していて、世界最古の栽培植物なのではと考えられています。

ペルシャ経由でアジアにも伝わり、古くから中国で皮膚炎や痔の治療にその薬効が書物に記されています。

この民間療法ですが、今では医学的に効果の根拠となる成分が発見され証明されています。

また、鉄分も多く含み、女性ホルモンに似た成分も含んでいるそうです。

 

でも、何と言ってもイチヂクに関する最も有名な話はアダムとイブのお話ではないでしょうか。

それは実ではなく葉ですけどね。

神様に食べてはいけないと言われていた「命の木」から実を採り食べてしまった彼らは、自分たちが裸である事を知ります。

そしてイチヂクの葉で自分たちの裸の体を隠し、神様からも身を隠したと言う話です。

 

 

 

オーーー、ヤバイかも〜て言うくらいの勢いで降ってます、雪・・・

 

 

 

 

 

 

干しイチヂクのパンはやっとホームページにUPできました。

どうぞお立ち寄りください。

1月30日までお試しセール中

こちらから

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。