奥穂から涸沢へ下山後、テントで荷物整理と着替えを済ませて大人の飲み物や大人の食べ物を持って涸沢ヒュッテへ。
雨なので売店の前の屋根のある所で生ビール生ビール

たまたまお隣で飲まれていた方々と仲良くなりワイワイやってましたが時計を見てもまだまだ17時前^_^;
{41A9934C-0270-4EF2-B97F-0FEDFD17D4B1:01}

{65EC67DF-47C8-4C0B-B8B1-12E0BEEF8289:01}

日も陰り、気温も下がってきたので談話室へ移動して更に飲みましたリキュール赤ワイン
普段なら山で深酒はしないのですが、次の日も雨なので飲んでしまいましたあせる
AD
涸沢の朝は不安は残るもののほぼ晴れ。
朝食中には綺麗なモルゲンロートも観られました。
{15A1D4B9-ADBE-4E77-B011-B4BA51E82DE3:01}

朝食を済ませ、身支度を整え涸沢小屋方面からザイテングラードの取付きへ。

先日も事故があった場所なので前後の方と距離を取りながら高度を上げ、穂高岳山荘へ。
{11E11802-7DBC-430A-85D4-BEF65044224F:01}

{B8B68148-FE2F-4D36-B6E8-A2129F4B72DA:01}

{786C670A-2B92-4312-B8B9-3A3EDB4B9B7E:01}

{D07CBC3E-51AC-4DC1-B8D3-74864FCDD3D2:01}

{CA8317D9-FF58-48C1-98A8-37C5CCFB665D:01}

{3804E1B5-FE7E-4055-8ACA-C1D8CD2C17BE:01}

山荘前で一息つき、早速最後の登りへ。
以前も登ってるので先ほどのように前後の方と距離を取りながら山頂を目指す。

{0330957D-0CBC-4D91-A6AB-3D2DC00CB928:01}

{C34EC18C-C685-4DD2-842F-533E660A934F:01}

{68FCBE8E-C395-436E-9574-7152E3E85A88:01}

途中ガスがかかり始めたので足を早め奥穂高岳山頂へ!

久しぶりの山頂は祠が変わっており登頂記念にパチリカメラ
{F29BD2B7-9331-44C4-8A27-F01C1A4BC18D:01}

ヤマネチポーズで。
この日は前穂高岳までのピストンを考えていたのですが、写真撮影してると雨がポツリ。
すぐ止むと思いきや本降りに。
その時点では山荘まで降ってたのですが、判断が正解だった事に安堵し、小降りになったのを見計らい涸沢目指し下山。


AD
先日祖父の一周忌を行い、午後から新幹線で一路京都へ。
京都から夜行バスで上高地へ向かうため時間がある。ちょうど行われていた化野念仏寺の千灯供養。
{550AE748-B460-4B12-A1A0-22EB490AB1F6:01}

怖いというよりとても幻想的でした。

京都市内に戻り、居酒屋で時間潰しをして銭湯で身支度を整え夜行バスに乗り込み上高地へ。

{0CC103E2-86F2-4759-89EB-EE8658214C8D:01}

上高地は雲もあるけど晴れており、爽やかな朝の空気の中登山準備をし軽く朝食。

ここから涸沢まで休憩込みで7時間半ほど。
{68594C22-B971-4412-8FE2-2118D98CB720:01}

{F51C888B-C61F-4FCC-9850-4C2639A92C99:01}

{305F9027-6979-40D7-9835-D8AD2ED2B23F:01}

{4F6A9CF9-D5B3-4B10-9EDB-9660711454CC:01}

{6B1FB8D9-7DA3-4249-92B0-4E0F113823EE:01}

テント泊のため重いザックを担いでゆっくり高度を稼ぎ2300mの涸沢へ。

テント場では受付前に到着したので先に設営。その後受付し、涸沢ヒュッテにておでんと生ビール生ビール

早めの就寝で翌日に備える。
AD