耐震改修完了!

テーマ:
今年度最後の助成金を使った耐震改修が無事完了しました。
今回の木造平屋建て住宅も屋根の軽量化を行う事で、上部構造評点1.0以上をほぼ達成する事が可能になりました。
セメント瓦屋根でした。塗料が劣化し、強雨時には雨漏りが発生していました。
銀黒色のガルバリウム鋼板屋根です。
屋根重量は㎡あたり1/10程度に軽くなり、雨漏りの心配も無くなりました。
屋根の葺き替え時期に相当していましたが軽量化することにより同時に耐震改修も兼ねる事になり、90万円の助成金も活用できました。
来年度(4月以降)もこの制度は継続する予定と聞いております。
先ずは耐震診断を!豊富な診断、改修ノウハウを生かしお客様に合った提案をさせていただきます。
 

いつ起きてもおかしくない南海地震 に備えましょう
耐震診断 』 まだまだ受付中です!


耐震診断のお知らせ

対象地区 香川県全域
受付時間 午前9時 ~ 午後5時
対象 昭和25年以降、平成12年までに着工された木造在来工法2階建てまでの建物
対象外 2×4住宅、鉄骨造、コンクリート造、混構造、伝統工法(民家造り)、借家(高松市は別)

香川県高松市 で 木造注文住宅 から
土木 耐震補強 、舗装 、 家屋解体 、リフォーム
お客様と一緒に作る家 」をつくる、市原建設

 
 
AD

今年度最後の耐震改修

テーマ:
高松市の耐震対策補助事業を使った今年度最後の耐震改修に着手しました。
今回の木造住宅も平屋建てです。
建物の構造もしっかりしていて屋根の軽量化でほぼ上部構造評点を規定値に引き上げることが可能になります。
元々雨漏りしていただけに、(雨漏り修繕+耐震化)これに補助金が付きますのでこの制度はうってつけですね!
屋根瓦を撤去後、構造用合板で野地を仕上げ
ルーフィングを施工しました。
来週開けには屋根葺き工事に着手します。
出来上がりが楽しみです。
 

いつ起きてもおかしくない南海地震 に備えましょう
耐震診断 』 まだまだ受付中です!


耐震診断のお知らせ

対象地区 香川県全域
受付時間 午前9時 ~ 午後5時
対象 昭和25年以降、平成12年までに着工された木造在来工法2階建てまでの建物
対象外 2×4住宅、鉄骨造、コンクリート造、混構造、伝統工法(民家造り)、借家(高松市は別)

香川県高松市 で 木造注文住宅 から
土木 耐震補強 、舗装 、 家屋解体 、リフォーム
お客様と一緒に作る家 」をつくる、市原建設

 
AD

平屋建ての耐震工事

テーマ:

今年度の耐震対策補助事業は先月末で締め切りとなりました。

今年は4月の熊本地震をはじめ全国各地で地震が相次いだ影響からか例年以上に耐震診断・補強工事を行いました。

今回ご紹介するのは先日改修を終えたばかりの木造平屋建ての住宅です。

屋根・外壁は去年塗装工事をされたばかりで内外装とも比較的手を入れられて使用されていました。そのせいもあり耐震診断の結果は上部構造評点0.74

左の票では上から3番目、倒壊する可能性がある

となりました。香川県で弊社が診断を行った木造住宅の平均値が0.5前後ですから比較的高い点数となりました。

お客様は改修して1.0以上にしたいとの希望があり改修計画を立てました。

数案の中で検討を行った結果、

今現在雨漏りがある 屋根の軽量化のみで評点1.0以上が可能

との事から、セメント瓦屋根を軽い金属鋼板の屋根に改修することにしました。

着工前です。綺麗に塗装されていました。雨漏りがなければそのまま使用できそうです。

瓦を撤去しました。軒先の野路板は腐食している部分がありました。

構造用合板を張ります。

同系色の金属鋼板で施工しました。弊社では初めて使用した色でしたが鮮やかです!

重量が軽い平屋建ての住宅は屋根の軽量化で壁の負担をかなり減らす事が出来ます。

壁の補強を今回のように無しに出来る場合もありますね。

耐震診断を行うことでどのように補強計画を立てればよいか?道筋が立ちます。

 

いつ起きてもおかしくない南海地震 に備えましょう
耐震診断 』 まだまだ受付中です!


耐震診断のお知らせ

対象地区 香川県全域
受付時間 午前9時 ~ 午後5時
対象 昭和25年以降、平成12年までに着工された木造在来工法2階建てまでの建物
対象外 2×4住宅、鉄骨造、コンクリート造、混構造、伝統工法(民家造り)、借家(高松市は別)

香川県高松市 で 木造注文住宅 から
土木 耐震補強 、舗装 、 家屋解体 、リフォーム
お客様と一緒に作る家 」をつくる、市原建設

 

 

AD