2011-09-21 13:27:02

NLP関連人物「ヴァージニア・サティア、フレデリック・S・パールズ」

テーマ:NLP心理学・脳の操縦法
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★【NLP心理学トピック】
  ◆NLP関連人物
  「ヴァージニア・サティア、フレデリック・S・パールズ」
   NLP無料動画学習サイトより13.◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



脳の効果的な使い方をマスターする
【NLP無料はじめてキット】
すでにダウンロードいただけているでしょうか。


1月から、このブログにおいて
弊社が運営する【NLP無料動画学習サイト】より、
各種NLPのスキルと動画をお伝えしております。

NLP無料動画学習サイト

●NLP無料動画学習サイト●



今回は、NLP関連人物
【ヴァージニア・サティア】と【フレデリック・S・パールズ】です。


◆無料動画はこちら◆

【ヴァージニア・サティア】
http://nlp-free.jp/all/virginia-satir/


【フレデリック・S・パールズ】
http://nlp-free.jp/all/frederick-s-perls/




【ヴァージニア・サティア】

ヴァージニア・サティア(1916 -1988)は
家族療法を最初に導入した人で
20世紀最高の心理療法家とも言われています。

家族療法とは、
家族を対象とした心理療法の総称です。

従来の治療法では、
治療の対象となる人(問題を起こしている人)が問題を抱えていて、
その人だけを 治療すれば良いとされてきました。


しかし、サティアはその問題はその人一人の問題ではなく、
家族という有機システムの中で
お互いに影響し合いながら
問題を維持するシステムが働いていると見て、
家族全員と一度に対話して治療を行う家族療法の手法を始めました。


NLPとの関わりでは、
NLPの創始者であるリチャード・バンドラーが大学生の頃、
アルバイト先の出版社の仕事で
ヴァージニア・サティアのテープ起こしを担当し、
ヴァージニア・サティアの手法である
7つのパターンをモデリングしたといわれています。



【フレデリック・S・パールズ】

フレデリック・S・パールズ(1893~1970)は、
ドイツの精神医学者であり、心理療法家です。
妻のローラ夫人と共にゲシュタルト療法を提唱しました。

「ゲシュタルト」とは、
「全体性」や「全体の形」を意味するドイツ語です。

ゲシュタルト療法では、今の身体感覚や感情、
気になることなどに焦点を当てながら、
自分自身に意識を向けて、
今ここでの気づきを体験していきます。

そうすることで自分の全体性(=ゲシュタルト)に気づいて、
自分自身の自由を取り戻すことを目的としています。

NLPとの関連では、まだ学生だったリチャード・バンドラーが、
パールズのテープ起こしや本の編集を行っている時に、
パールズの卓越したパターンに気がついて
モデリングしたというところから、
NLPが始まっていくという経緯があります。



◆無料動画はこちら◆

どちらも、英語がわからない方でも
目の前のクライアントに対する圧倒的な愛情は
伝わってくると思います。

【ヴァージニア・サティア】
http://nlp-free.jp/all/virginia-satir/


【フレデリック・S・パールズ】
http://nlp-free.jp/all/frederick-s-perls/





日本NLPコーチング協会

【2日間速習NLPセミナー】
   話題の心理学「NLP」全コースの内容


【DVD版2日間速習NLP】
   話題の心理学「NLP」の通信コース
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

三宅裕之 (シナジープラス社長)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿