釣り好きぱっぱさんの独り言

バス釣り、発達障害、その他。
思い付いた事を、思い付くままに。


テーマ:
現在日本に於いて、ブラックバスという魚がどうゆう立場にあるのか、バス釣りをする人ならご存知でしょう。

バスの存在が生態系を破壊している。
そう世の中では言われていますね。
まるでバスだけが悪者かの様に。

実際、どうなんでしょう?

決してバス擁護論を述べるつもりはありません。ブラックバスという魚はフィッシュイーターであり、エビなどの甲殻類も捕食します。なので、影響は決してゼロではないでしょう。それは誰も否定出来ないはず。

現在のブラックバス害魚論が広がったのは、琵琶湖の漁師さんがバスによって漁獲量が減ったと訴えた事が大きな発端かと思います。

しかしながら、琵琶湖はそれ以前から水質汚濁などの問題に悩まされていたはず。かつてのリンによる水質汚濁は、社会科の教科書にも出てくる様な大きな問題。他にも、埋め立てや護岸工事による水棲生物の産卵場所の減少、漁による乱獲など、一部の有識者からは害魚論へのたくさんの異論も出ています。

でも害魚論は覆らないし、琵琶湖はリリース禁止にもなりました。このイメージはおそらく絶大だったでしょう。一気に全国的にブラックバスは悪者になってしまいました。行政からも悪者扱いされる様になってしまいました。

さて、その根拠は広く認知されているでしょうか?おそらくイメージの方が先行している様に感じます。そして、そのイメージ先行を助長したのは他ならぬバサー自身なのではないでしょうか。

考えてみて下さい。
新しく作られた公園の池に、生態系が昔から存在していたでしょうか?あり得ませんよね。だって、池そのものが無かったんですから。それでも、その様な池で外来種駆除、生態系保護と謳った池干しが各地で行われています。水質悪化の原因を作る悪食な鯉や鮒を保護して。鯉や鮒だって初めからそこにいた訳ではないはずなのに。

ナゼ?

私には、そこでバス釣りをさせない事が本当の目的の様に思えるのです。
池には様々な目的の物があります。農業用の貯水池、灌漑目的、公園など景観用など。
そこでバス釣りをする人間のマナーが悪ければ、本来の目的で池を利用する方、周辺の方のイメージは悪くなって当然。
ごみ、迷惑駐車、騒音、対人トラブルなど。
たとえ全てがバサーによるものでなくても、知らない人の目にはそれら池での出来事は全てバス釣りをする人間の仕業の様に映るでしょう。それほどマナーの悪さが目立つのかもしれません。

琵琶湖の漁師さんがバスに責任を押し付けた本当の理由は、バス釣りをする人間が気に入らなかったという事もあるのではないでしょうか。

釣り場環境に関しては、バスに限らず海でも制限が広がりを見せています。漁港や防波堤での釣り禁止、立ち入り禁止など。気軽に釣りが出来る場所がどんどん減っています。

釣り場が無くなれば釣りそのものが出来なくなります。子供たちも貴重な経験と勉強の場を失います。釣り具業界にも痛手なはず。

釣りに興じる一人一人が、ルールを守り、マナー良く釣りをすれば、いずれ流れは変わると思います。

何も難しい事をしようと言う訳ではないのです。
・ゴミをその場に捨てない。
・少しでも1つでもゴミを拾う。
・出会った人に挨拶する。
・迷惑駐車をしない。
・深夜、早朝は静かに。
そんな程度の事をするだけ。
誰でも出来ますよね。

やりませんか?

そうゆう姿を普段から見せることで、出来てない人の意識も変わるかもしれません。釣り人を見る目も変わるかもしれません。

すぐに結果は出なくても、やらなきゃ変わらないどころか悪化する一方ですよ?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぱっぱさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。