不思議魚

テーマ:
フエフキ鯛って知ってますか?

九州の方で食べられるけど特に売る用には獲ってないらしく、関東ではほとんど見かけません。

なので珍しいものには敏感なもんで、即購入( ;´Д`)

{036DDE74-1A70-44B6-B346-8FCBD13CEC00}

口笛吹いてるみたいな顔してるからフエフキ鯛って名前だそうですが、ウマヅラやカワハギの方がよっぽどだろ!と考えつつw

でも、なんか磯臭いんですけど~???

ウロコひいてたらふと!∑(゚Д゚)

蟹味噌の香りか!!?

違う!オマールのコライユの匂いだ!

飯岡さんに言っても「ふーん?」(´-`).。oO(この人、なにはしゃいでんだろう?)って感じです( ;´Д`)

わかる人にはわかって欲しい!

なんていうんですかね~?べキャス食べてイワシの香りがする。鳥じゃないみたい。

ってな感じで!

見た目お魚ポワレですが口の中ではあんな感じになるようにします♪(^o^)

目を閉じて味わって欲しい!


AD
皆様、すこし不定期に営業させていただいてました!

飯岡もオーストリアより戻りましたので、

本日 6/9より いつも通りに元気に営業させていただきます!



飯岡は、たくさんのインプットを抱えて、オーストリアから戻ってきました。

造り手に直接話しを聞くことで、

スタンスや細かいニュアンスといったワインに関することはもちろんですが、

地域の空気感や食事、人柄に触れることで伝えていきたいことは大きく膨らみました。

サンパでグラスやボトルでワインをオススメしながら、

少しでも多く、皆さんにお話させていただきますね!


{B91930FA-0897-4E5E-A5B4-C7F0A9F6082E}

{08A51FB6-EFA5-4907-844F-7AEC646EAD3D}

{D41DC0B5-4BBB-4E09-8466-646CC996BCDB}



写真は、最後に訪問したテルメンレギオンの畑からです。

こちらのワイン皆さんに飲んでいただきたいので
ラインナップに加えていく予定です(o^^o)



そして、今回の旅では多くの方々に大変お世話になりました。

この場をかりて、ご縁のあったすべての方に心から御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。



オーストリア旅行記はもう少し加えていきますね。

まとめてご覧になりたい方はこちらからどうぞ▼

http://ameblo.jp/sympa-ogikubo/theme-10097372535.html
AD
ウィーンの街だけでも、

見切れないほどの物量ですが、

1度でも2度でも、つまり行ける分だけ

郊外を訪れることをオススメします。



近いところでは、

シェーンブルン宮殿 (ここはベルサイユ宮殿と見比べたいですね~)、

ウィーンの森 (ハイキングでどうぞ~)、

ホイリゲ (やっぱり外せないんじゃないでしょうか!?)




電車にのって1時間もすれば、すっかり景色は変わりますし、(10分でもかわるかなw)

ワイン産地も思っているよりもとても近いです。

{E466F832-17D4-4DEC-8E1D-0664C2A29D09}



さらに、南のシュタイヤーマルクに行けば全く景色が変わりますし、(聞いた話ですが!)

チロルなんかはおとぎの国らしいです(もちろん、聞いた話ですが!!)


オーストリアのワイン産地は、ざっくりいうと

ウィーン周辺の北側と

様々な国々との国境がある東側から南にかけての地域になります。

ワイン産地を巡るにはこちら側に行くのがいいでしょう。




アルプスがすぐ西に南西に構えてますので、

スキーする人や山登りする方はこちら側がいいですよね。



ザルツブルグに夏の間は行ってしまう方もいるでしょうね~♪( ´▽`)

夢は広がります。





オーストリアの方々、

皆さん親切です。

私わかんない、知らない

とかなりません。

よくわかってますし、教えてくれます。




とりあえず、困ったら聞いてみてください。

ちゃんと、教えてくれます。(適当なこと言いません・笑)

ドイツ語が出来なくても大丈夫です(°∀°)b


片言の英語でしっかり聞いてくれます。

しかも、パニックでどうしようもない状態でも

きちんと対応してくれる優しさヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


私もたくさん、お世話になりました。

本当に親切をいっぱいいただきました(^O^)/

皆さま、レッツ・オーストリアですよ!!

{781DE319-A72A-48D3-B6E9-100CC21A8612}

皆さん、美人でイケメンですし~♪( ´▽`)
AD

ウィーンメモ

ウィーンに来たら、ウィーン子になりたい!


となりませんか?!

パリに行ったら、パリジェンヌになりたい!と一緒です|。´艸)



というわけで、ウィーン子レベルを上げましょう\(^o^)/


ウィーン空港はコンパクトで動きやすいです。

迷うことはないと思われますので

安心して入国できます。


空港から、そのままタクシーでホテルに向かうのが一番簡単です。

荷物が多い人はもちろん、

人数がいるなら特にお得ですしね。




私は、初日にリムジンバスを使ってみました。

ウィーン空港から、目的の駅まで8ユーロです。

2つの行き先があるので、

必ず確認ないといけません。

時間も思ったよりかかりました。

そして、バスを降りて、パッと駅がわかりません。


ですので、おすすめは シティ・エアポート・トレイン(CAT) です。

帰りに空港に向かう時に使ったのですが、とても快適です。

ウィーン・ミッテ 駅と空港を往復するだけで間違いようがありません。

30分おきですが、12ユーロで16分です。

電車も京成スカイスカイライナーを思わせる、

細い線とスタイリッシュさが安心感をもたらしてくれます。



いずれにしても、そのあと乗り換えるので、

あたふたします。

予習していってもあたふたします。

(まして私は方向感覚ゼロ)


でも、ここであたふたしておくのは、いいと思ってます。

(本人はその時点で泣きそうですが!!)

頭をフル回転させて、

場所の把握をしチケットの購入、

この地下鉄で間違ってないよね?!ってチェックしながら

ホテルにつくのです。

(もうくたくたです!スーツケースの重さは2倍に感じられます)


でも、気を取り直してもう一度外に出てみてください。


レベル1だった、ウィーン子レベルは

レベル10にはなってます。


私はその後、タクシーで集合場所にむかったのですが、

あ、ここオペラ座ね~とか

ホルクス・オーパーだーー!とかいう余裕がもてます。


これで、レベル12かな?



とりあえず、スーツケース問題があるので、

タクシーが一番楽です。

ホテルまでというのは本当にありがたいですが、お好きな方は是非、CATを。




ちなみに

ウィーンは、24時間地下鉄やってるそうです。

路線も多くないですし、車両もキレイです。




赤と白の路面電車もそこかしこを走ってます。

移動しながら、観光できるので晴れてる日は是非!

(すぐ銅像があるんですもん!)



バスは1度だけ,いえ2回かな?乗りました。

バス停に電光掲示板があるので、時間が読めていいです~。



念のため、ウィーンのシティバイク(市内の貸し自転車) も登録して行きました。

市内は、自転車道がきちんとあって、自転車乗りもたくさんいました。

スイスイ行けそうです。

残念ながら、私には利用するタイミングがなかったのですが、

半日時間のある方などはいいのかもしれません。






さて、ウィーン子レベルをあげるには、

カフェですよね!?

いたるところにあります!!

ケーキを食べに行っても、

コーヒーを飲みに行っても、

カフェのスタッフと冗談を言い合ってもレベルが上がること間違いありません!


私は1つしか行けなかったので、レベルはあまり上がりませんでした(_ _。)

{15A8DA11-2A68-483B-B457-394A64EE291E}





カフェを見つけて歩いても、何をしていても、

銅像と歴史的建造物が私たちを待っていてくれます。

{C3392664-76BE-4812-A92C-1E5A3A9D7566}



最初、ウィーンの綺麗さに驚きました。

壁が白いんですよ。

石の壁ですから、

パリなどは特にですが、ヨーロッパの街の壁よりも

ずっと綺麗で明るいです。

政府が計画的に掃除している所以でしょうが、それにしても驚きました。


なんとなく、

フランスの古都トゥールに似てるのかなーと思ってたんですね。

適度におしゃれで、洗練されていて、言葉がきれいで・・・。

でも、2日目くらいから、

もっとコンパクトに整理された、きちんとした都市というイメージになりました。

「あれだけ大きかったオーストリア・ハプスブルグが

大戦後にとても小さくなる時に、

とても上手に将来のことを考えて作ったんだと思いますよ。」

と、教えていただいたことが納得できる快適な街並みでした。


{6B508DCF-5D78-4122-B5A4-368C8B8439ED}



とても安全で危険度の少ない街、と感じますが、

やはり、スリなどはいるし、

危険区域もあるそうです。




気を抜いて歩かないように気をつけました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

これで、レベル20くらいになった気がします⬅️ しつこい

Vie Vinum も終わり、

後は帰国の途につくだけですが、

いえいえ、夜の便までまだ時間はありますよね。


ということで、

ワイン産地に行ってきました!


ウィーンから南に電車でたったの16分!!

{3E8A71E0-B97A-4147-A69E-7BE9C91B6DBD}

発音出来ませんが、ここから乗ります。


テルメンレギオンと呼ばれるワイン産地に向かうためです。

オーストリアワインといえば、この人!

{B65A9165-FBA9-46B2-AA53-7D8400300071}



岩城ゆかりさんのアテンドです。

なんと、可愛らしいトラクターを用意してくれました~(^O^)/

遊園地のアトラクションに大人になって堂々と乗る気分です!


{B20E7D57-C316-4C09-95FA-0DB680D3B743}

{5957AF60-BBE3-4A31-A250-375B1F006D8B}


ドライバーの紳士は、伝統的なスタイルで盛り上げてくれます(o^^o)



{DF2AA3D8-A80D-47A5-ACB9-920680D4FBE8}

風が気持ちイイです。

なんともメルヘンで薔薇の咲き誇る街並み。


{0175B820-D3D2-4A75-9026-D9DD9B4A1BA4}


これはワインなしでも楽しめますよ!!

{B05F0F0C-BFA0-49D5-B0A3-7BB48A10A311}

 
{F502EBF8-8BCC-4040-BC8A-ADDF4226F096}



とはいえ、ワインがあればもっと楽しいですが‼︎

トラクター ➡ ワイナリー ➡ トラクター ➡ 畑 ➡ トラクター ➡ ワイナリー

と、トラクター大活躍!!


まずは Stadlmann へ!

テルメンレギオンの北側で

9割は白ワインを造っている、この地域の最も伝統的な生産者の1つです。

{0970AF0F-13DC-4C1C-B792-DE52E6BB8BA8}

{E6C9E992-ACF3-4859-8562-951CB9B86057}

{C5E3BCA2-C459-485A-965F-E692ECC46EE0}



{F384C931-01F4-4020-86E1-AFC75E4CBE8B}

もちろんテイスティングもバッチリします!

そして、トラクターは大活躍ですが

遅いので急ぎます


{273D23B2-5C98-4339-9121-42B0B6F4400B}

Ziererさん登場!


{F9FF2E70-01AE-4E34-92DF-0A13B16C3D46}

まだまだ話し足りないですが


南下します。



2つめは、 Johanneshof Reinisch へ!

テルメンレギオンの南で家族経営ながら最も大手のワイナリー。

赤の畑です。

{766A6795-16E1-41C6-AC5B-9C012364A620}

{B6F5A63E-6E0C-43E1-A0E3-5F85AEDD5F2E}


{DED3C755-6D62-4C68-AB83-755F85D14FF3}


さてさて試飲だぞーというところで


今日のタイムアップ。

………  ρ(・ω・、)  まだいたいな・・・


同行の皆さんを残して、


バーデンの駅からウィーンに戻ります。

バーデンは温泉の町で、入浴するという意味があります。

電車で25分ほどですので、ちょっと温泉入りに来るのもありですね('-^*)/

ホイリゲも結構あるみたいですよ~(#^^#)


岩城さんが以前、バーデンに住んでいたこともあるらしく、

おススメのホイリゲにこれから皆で行くというのです。


そのことを考えないようにしながら

(食いしん坊すぎてすみません。゚(T^T)゚。)

1人ウィーンに。


駆け足で荷物をピックアップして、

無事、帰国便のチェックインが終わりました。





本日のオマケ

{9A32C47C-E27A-4193-B18D-27571627085B}

トラクターにて、ウッキウッキ\(^o^)/




昨日来て、よかったので今日も Stadtpark から 散歩します。


{D24F9FFE-DDA0-4D86-A2BA-858ED826A2B1}



ウィーン川が中央を流れる、緑に囲まれた公園。

{82CFA7D3-CBD3-443D-90DF-56916BE642EE}


銅像に挨拶周りをしはじめる、怪しい私・笑


{F1D18E6C-8357-4AFA-8BA3-5E0006ED250A}



そのまま、有名なシュテファン寺院をめぐって会場に向かいます。


{563CC511-A34B-4ED6-8687-F478548C798F}

パイプオルガン、

これはサイドのものなんです。

中央には、信じられない大きさのものがありました!

これは、観るばかりでなく、聴きたいですね~

結構、演奏が聴けるようなので、

時間が合う方は是非‼︎





さてさて

本日最終日はここ、

{2C3E6883-8BF2-490A-B6ED-65884696A864}


温室のこのカフェからスタート!









そのまま、本会場に向かいます。


最終日ということもあって、


気合が入りますが、すでに写真を撮る余裕はないです(^▽^;)

{F61EB155-D11B-491E-9808-BDA673F57BF5}



この時間の写真がほぼない!!

一応、書いておきますが

テイスティングは マジメにしてます。

どうにか、午後も乗り切りまして、

終了。

終了です❗️

お疲れ様です❗️❗️

最終日は、新しく取り入れたいアイテムに出会えることが多く、

( 輸入が決まればいいな)

オーストリアワインの味わいの幅を堪能しました。





夜は唯一、ウィーンらしい時間を堪能しました!

オペラ座へ。

{E9431944-17CF-41BA-97D7-331D55575421}


演目は 『バラの騎士』


ウィーンで観るのにぴったりのものが今日オペラ座でやっているということに大感謝。


ウィーン オペラ座は、その歴史的建造物も素晴らしいですが、


何より料金体系が素晴らしいです。


立見席 4ユーロ~あります。


もちろん、高い席もありますが、


私は13ユーロの席をとってもらってました。


噂に違わず、サイドのボックス席ながら、


音響に全く問題はありませんでした。



元帥婦人が一番好きでしたが、(すみません、生意気に)


ウィーンフィルの演奏は本当に、


この機会を逃さなくてよかったと思えるもので、


総合芸術のオペラを満喫させていただきました。






本日のオマケ 

{7347903E-B474-4EC5-B76E-6F70B9BC10BA}

テンション高めのヴィーニンガー

ウィーンは

歩いていると、すぐに銅像に出会います。

{E8499426-8897-4823-B6A2-7D4E9F9AFB4D}


ちょっと進むと、すぐに歴史的建造物にぶつかります。

{FF50908E-3014-43C3-B85E-55F563352219}



ウキウキして、上を見ながらキョロキョロしていると、すぐに転びます。


そう、石畳には気をつけなければなりません。


{85C04204-7620-431A-9FA2-7792264E9B29}


そんな気持ちでご覧ください♪( ´▽`) ↓


{5E103D8B-7B0B-4757-AA01-B3C6AD35E00A}





{2A6FEC5A-5448-4A8D-BCE6-E879126F1ABB}


{6C356159-2446-46EA-8AB5-3B1874FD4D4C}

{A3B0D195-22D2-45D0-8F73-9FE9EDD7D73C}





{B065E893-D11D-4E8A-8557-C8FB559A4AE4}

街並みがきれいなのは、

政府が計画的に壁の清掃をしているからだそうです。



{DA4C55A1-1A4F-43AB-A3E3-67EFF4B4DBBF}



そして、今日の一番の感動スポット。

{9EC14528-E4F3-416E-99C9-485C1CD2D73A}

この素晴らしい建造物の前には

{6063C1B8-9A77-4AA5-AF7A-C9A13765DF75}

現代があります( ´艸`)

都市の宿命ですね~



日曜日の朝は、人も車も少なく

落ちついた空気を存分に味わえます。



ヨーロッパの日曜日は、

お店もレストランもやってなくて困りますが

歩くだけなら問題無し!




というわけで本日の朝の散歩も、大満足。




さぁ、では本番2日目スタートです!

とりあえず、明日9時には来ると言っていた、

◯red がいないことを確認して・笑


別の場所を周ることにしました。

知っているワインも知らないワインも

ビシバシ行きます(^O^)/

{24395C88-8821-47AB-80BC-B0206428DC08}






疲れたら、王宮の造りを眺めてリフレッシュ!
{1979B8C4-0237-44D6-A4B1-E52CFA8DAF6A}



散々まわって、

素敵な、マダム・ハイディにご挨拶したところで

{7D905693-7B21-4B4F-B2FB-1702511D4278}



今日のタイムアップ。





今夜はこのま、

ウィーンのワイン産地に向かいます。

ウィーンの街を一望できる丘の上に、

あの美味しいワインを造る畑があるんです。

( ようやく、来ました❗️)

{EF8A714B-CBB2-4390-BBBA-F1A39CAF2DE2}

ウィーンの街並みを独り占めできます!!

ガイドブックでは

いわゆる「ウィーンの森」と書かれている辺りです。



ヌスベルク と ヴァイスライテンに挟まれた場所での野外パーティ!

{65CAB748-AC1E-41E7-95A8-EE4C29F3CD2C}



ヴィーニンガー達の挨拶が終わってこれから!


( 盛り上がる皆を前に、屋根の上に登場 )


いよいよ・・・というところで



まさか‼️

まさかのどしゃぶり(^◇^;)


背後の雲がどんどん大きくなりました~。

野外ですから、こればかりはどうしようもありません!

この雨がぶどうを育ててくれますから。

とはいえ、この状況で眺める

ぶどう畑は、ぶどう作りの大変さの一部を垣間見たようでした。

{CEF877A7-D853-4E06-99CE-FCEC2F68F8F2}

{2E9583D3-4302-41CE-BD24-A33917A2C395}



何はともあれ、帰ってみれば

忘れられない1日になりました*\(^o^)/*







本日のおまけ


{115F5041-AD73-40DB-955D-E5D85A0BBE47}



岩手のワイナリー、高橋さんのオーストリア修行時代のお友達Zullさんとパチリ
朝から、マルシェに行ってみます。

マルシェはお国柄が出るので、

食文化を知るにはもってこい!

観光地化は否めませんが、

これは行かないと!!

すぐとなりの のみの市を流しつつ・・・

興味があるのは食材ばかり~( ̄▽+ ̄*)

{A1965CBD-6993-4A0E-A65C-7155ED2B58B8}

{08B8077B-9115-469E-9D39-5A95253D2D65}

{E143F334-C2AA-4715-B103-507852099BEA}

ちなみに、小腹をみたせる屋台もありますが、

ほどほどにします(o^^o)



朝のお散歩はこんなものにして・・・・・
(ようやく、ちょっと観光出来ました♪)




さて、これまでの 2日間は

Vie Vinumの前振りです。



実はこの日から3日間(土・日・月曜)が本番です。


会場は王宮 Hofburg ホーフブルグ。

今は共和国のオーストリア、かつての王宮というのが正しいですね。

ウィーンの街の中央にあります。


{1EDCD9F2-836A-4996-BB78-275ECA4D3B90}

かつてのハプスブルグ家が 600年あった場所にお邪魔します!!


{390DB93C-5E02-4465-B494-E6814FDEB80A}

テンション上がりますね(*^ー^)ノ


ただこの日はとにかく暑く、

会場の熱気と急激な気温の上昇が難点でした。

あくまで、私の行動範囲での気温変化ですが。


{D62582C7-C8D9-4E4D-86BA-F83B51B6B07A}


{AAE13C58-A2FB-44A9-8092-FA74530377E9}

{D4C5D096-0B9A-4C21-BB19-848A8FCC0185}


もうあまりの人が写りこみすぎるので、

掲載写真はとっても人が少ないものになってますが、

本当にコミコミなんですよ(T▽T;)


午後からは、関係者だけではなく、

一般の方も入場できます。

充実の出展量ですので、

ウィーンにいらっしゃって、

観光の1つに組み込むのもありですよ~♪( ´▽`)

王宮でワインですからね!!

{CE252C47-280F-4A8B-8BD9-784DBB283F2E}

モーツァルトもいますし~♪( ´▽`)




そして、気温が下がる夜の時間は、

ワイン関係者のイベントがあります。

ちなみに、いろいろな団体がそれぞれ企画しているので、

イベントの内容も多種多様。



まずはこちらのパーティに!

{EB7FFBB9-2658-445A-880D-D2AAD0BD19BD}

この冊子、何かといえば

ワインリストσ^_^;

オーストリアワインの為に来てますからね‼️

{ED2F9758-A1A9-44E5-80CB-9CA54096AB2E}

{291332E3-0B35-4ABF-BFFD-F0788A4E7C93}

外まで人、人、人 

とりあえず、ここがどこだかも覚えていないわけですが・笑



参加した2つのパーティとも楽しいものでした。

ええ、ハシゴしてます!

{53DAD7B4-AF59-4E8F-BD88-2BDB68CA903F}

こちらは、素敵な参加者バッチを用意してくれてました。

雰囲気も全く違います。



朝から本気テイスティングして、

ワイン三昧、

夜ももちろんワインパーティ。

飲んでるだけのようですがf^_^;

いえいえ、

仕事なんです。

中々ハードです。

食事と休憩を上手に取りながら

体調管理しながら、夜中まで盛り上がるんですものね!

オーストリアの方々は皆パワフルでこのまま寝ないのかも知れませんが、

私は日付が変わる前には帰りますよ!!






本日のおまけショット


{1DF510A4-ADA1-4056-A2BA-37ADC5D548BD}

大好きなロイマーとのツーショットは欠かせません(≧∇≦)



すずらん祭り2日目を終え

テーマ:
やっとこさ片付けも終わり、売り上げ計算してると、どうもイマイチ過ぎる(;´Д`A

仕入れと人件費と考えたらとんとんでした。・°°・(>_<)・°°・。

今年はお酒がぜんぜん出てなかった(赤ワインは2日で一本も出てない)モヒートが濃いめだったか?

お持ち帰りの物をもっと準備しておくべきだった。

ハンバーガーはお腹に溜まるので軽食系を増やせばよかった?

自分がハードな割に売り上げ悪いとか部が悪いな~(;´Д`A

まぁ、お客様感謝DAYだと思えばいいんですが~~お客様の顔が分かるのが自分だけなのに厨房にこもりっきりなのはどうかな~(;´Д`A

今回は飯岡さんがいないからそこはしょうがないとは思ってたけどm(_ _)m

とは言え、露店にもかかわらずボランジェ(シャンパン)ボトルで2本出たり普通の露店では無くサンパのお客様に楽しんでもらえたかとは思います♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

カサゴバーガー食べれた人はラッキーでしたね~

また来年頑張ります!

すずらん祭り1日目

テーマ:
すずらん祭り1日目でした( ;´Д`)

とりあえず今年は開始が10:00になり、終わりが15:00に。全体的に一時間早まってます(T_T)

で、8:00に行ってパエリアを炊きます。



だったんですが、起きたのが8:30!⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้
前日の営業が日をまたいだ。そして片付け終わっても仕込みし続け3:00帰宅。ちょっと飲んで寝たら二度寝⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้

って事で普通に11:00オープン的な感じで始まりましたw

成果は、2日で144個のハンバーガーを売るのに今日90個売ったという事。

ビールが漏れてたせいで2樽あったのに10杯くらいで終わる始末。

昨年1番人気のサメバーガーがもう無くなった事。(告知して無かったかも?)

内臓バーガー(レバー、ロニョン、おっぱい)が美味すぎること。
{E3758C90-BE49-4531-8255-00408CEA7E79}
ちょっと多過ぎ?( ;´Д`)

まぁ、内蔵タルトはファンが多かったのでその人たちに伝わればいいです!

でも、サメバーガーの代わりに夜のコースの為に準備してたカサゴとイサキを明日はバーガーにします!(お客さん全然来ないのと土曜月曜日と休みにするので⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้
{7359B252-6F99-4412-8832-5AAC3C33F825}


づけマグロバーガーもいい感じですよ!(これも告知して無かったかも?)

売り上げは・・・⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้

良くないです。

理由はわかってます!

お持ち帰りが多忙すぎて作れ無かったので。

今まではまず、ケークサレがあった。パンチェッタがあった。お持ち帰りのパテカンがあった。姫竹も売ってた。(今年は時期的に無理でした( ;´Д`)

まぁ、現地で食べるだけなら限界がありますからね~~!


と!いう訳で明日はパテカンとパンチェッタをお持ち帰りでも売ります!

パンチェッタは5個限定(しかない)パテカンはパッキングしてます。(夜営業休んでやりました!)


明日は天気が良くないかもですがよろしくお願いしますm(_ _)m







iPhoneからの投稿