まーくる な 日々

Everything's gonna be all right !

我が家のきろく


テーマ:
ハワイ少数民族に伝承される、問題解決法 ―― ホ・オポノポノ ――


ようやく自分なりに体感できたので記してみようと思います。



ホ・オポノポノとは、、、、

ハワイ伝統医療の、 故モナ・ナラマク・シメオナ女史が、
現代社会で活用できるようアレンジしたのが 「セルフアイデンティティ ホ・オポノポノ」

ホ・オポノポノの問題解決の基本は、
「どんな目の前の現実も、100%自分の記憶(潜在意識)の現れである」 として、
その記憶を「クリーニング」するため、自分の記憶に向かって

「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」「ありがとう」

の4つの言葉を唱えること。

これによって、問題の根本である自分自身の記憶を「クリーニング」すると、
現実にも変化がもたらされるというもの。

イハレアカラ・ヒューレン博士は、この「自分自身の記憶のクリーニング」を続けることで、
ハワイ州立病院の「触法精神障害者収容病棟」の収容者たちを次々に退院させ、
閉鎖へと導き、その紹介記事をきっかけとして、世界中に広まった。

-------------------------------


本とかなんやかんやで「ホ・オポノポノ」の存在は知っていたものの、
なかなか理解できなかったこの方法。。。
何が納得できないって、悪いこともしてないのになんで
「ごめんなさい」とか「許してください」なんて言わなくちゃいけないの??

という、私の素直でないところが出ちゃって、なんとなくこれは私には向いてないや、
と、ほったらかしていたのでした。


それから数年たった昨年の夏、おなかに赤ちゃんが宿っていることが分かりました。
その前に何度か流産していたこともあって、妊娠に対してはちょっと警戒心が。

発覚の数日後、お友達の紹介で出会ったのが、
フランス人のシルバン。
オーラが見えたり、悪いものを除去したりする力があるのだとかで、
早速私も見てもらいました。

そして

「過去の母親や子供時代のトラウマが子宮あたりに溜まっている」
「喉にパラサイトが粘着しやすい」
「肉体と魂が離れがち。(忙しくしてたり、やりたくないことやってるとそうなっちゃうんだって)」
「守護霊や天使とコンタクトする努力をしなさい」

というメッセージをいただきました。

確かにその頃忙しくしてて、すごく現実主義になっていたし、
体調を崩すとすぐ喉に来るのはもう20年くらいずっとそう。

トラウマ、、、うーんと考えるも、
母とは仲良しだし、なかなか思い浮かばなかったのだけど、
ふと、そういえば弟が病気がちだったから、
私はお爺ちゃんお婆ちゃんといる事が多かったなーというくらい。

そんな感じでとりあえずその日は、
パラサイトを取り払ってもらい、
肉体と魂が離れがちなのを治して、精神性とのつながりを良くしてもらって終わりました。

その日に母にこのことを話し、
「お母さんとのトラウマだってよーー。仲良くやってるじゃんねー」
なんて笑ってたのですが、

数日後、、、
母から連絡があり、
「前に話してた、トラウマのやつ考えたんだけど、、、」と。
内容は、弟の病院や入院で家を空ける事が多かった事、
その時私は何の文句もわがままも言わなかった事、、、、

「すごくいい子だったからついつい構ってなかったけど、
あれ、ほんとは我慢してくれてたのかな??
ごめんね。」

と言われたのでした。
その瞬間、パアーーーっと開けて、開放されたような気分に。

私は自分の気持ちを押さえて押さえて、そのまま成長しちゃってたなーって事に気付きました。

3歳の頃の私が、ようやく癒された瞬間だったように思います。

「ごめんなさい」「ゆるしてください」は、押し殺してた3歳の私へ伝えるべきだったのかー!
今なら素直に言えるなー。


それ以来、ようやく出来るようになった「ホ・オポノポノ」

結果、仏のような穏やかな暮しが出来てるかって言うと、そんなことは全然なく、
毎日がみがみ母さんです。

だけど、自分の中で一つ、過去がクリアになったことは確か。

シルバンのおかげもあって、目に見えないものを意識するようになると、
自然と「祈り」の時間も増えました。


いい音楽に巡り合ったり、

まわりはどんどん赤ちゃんが出来てゆく。(少子化ってホント!?!?)

先日は脳内マッサージ「ディクシャ」と胎児と会話させてくれる友達が来てくれたり。
(↑この体験もものすごかったのでいづれ記したい!)

もはや「守られてる感」が半端ない今回の妊娠。。。。

7年ぶり、一からの子育て。
どうか、無事元気な赤ちゃんが生まれてきますように。。。。


「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「あいしています」



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます

2015年1月7日
今年度の仕事初め。



2015年最初のメニューは
「春の七草フォー」
江田島の放牧軍鶏の鶏ガラをことこと10時間煮込んだあっさりスープに、
佐伯町満月農園さんの無農薬お米麺。
春の七草をトッピングしました。



昨年末から雪がよく降りますね。



一面の雪に、子どもも私も大喜びの冬休みでした。

今年は後二ヶ月弱でカフェ営業は一旦終了します。

春からはスタジオまーくる、出張出店のまーくるとして再スタートをきります。

2015年、なにやら楽しい変化が訪れる予感、、、☆

本年もどうぞよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、ローチョコレートのワークショップに参加し、
本日!作ってみました。ローチョコレート。

IMG_20141220_134049.jpg

ヤミーです。


そもそも、ローフードとは、
「加工されていない生の食材を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活のこと。
食物が持つ、酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取することを目的とする。 ただし、酵素が破壊されないとされている摂氏48度以下でならば加熱してもかまわない。」(ウィキベディアより)

古代マヤの聖典ではカカオは神聖なアイコンであり、
滋養強壮の薬として、儀式などにも使われていたとか。


ワークショップの会場は湯来町の古民家SATOYAMA
講師はさとうみお先生
2014120614280000.jpg

子どもたちも混ざって、わいわい仲良く。



チョコレートを食べたらなんだかハッピーな気持ちになるけど、
それもちゃんと科学的に解明されてて、
「アナンダミド」という神経伝達物質が含まれているそうで。

この成分が含まれる食物はなんと自然界ではカカオだけらしいです!!

そんなスーパーフード「カカオ」
今では白砂糖や乳製品がたっぷり加えられ、
本来の「薬」としての効果は薄れてしまっています。

ローチョコはカカオとカカオバターとメープルシロップだけで作った、
とってもシンプルでエネルギーに満ちあふれたスイーツ。

2014120615440000.jpg

みんなのチョコが、太陽の光線を浴びながら並ぶ。
陽の力も加わったスペシャルなチョコレート。

間違いなくエナジーフードです。





余談ですが、携帯電話をスマホからガラケーに戻しました。

IMG_20141220_134051.jpg

移動中やカフェなんかや、ついついいじってしまってたスマートフォン。
基本、パソコンのある自宅か店にいる事が多いので全く不便はありません。

読書や楽器を触る時間が増えました。
月々の通信費も夫婦で一万円くらい安くなりそうです。

大変快適。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
まーくる音楽教室にエレキベース教室が加わりました。

講師の先生はDr.SANCON(山根 隼人)



プロフィール
中学生でエレキベースを手にする
中学時代同級生だけでライブイベントを開催、中三でライブデビュー
その後東京移住し多数のバンド&プロジェクトに参加し年間200本以上のライブを行う。
渋谷区のレコーディングスタジオで店長をする傍ら同店でレッスン指導を行う。
2013年、活動の場を地元広島に移す。
スガシカオ「午後のパレード」「コノユビトマレ」「フォノスコープ」のプロモーションに参加、テレビ番組に出演。



レッスン日  毎週火曜日 15:00~19:00

コースのご案内

キッズおすすめコース
30分×月2回 月謝4000円

中学生おすすめコース
30分×月4回 月謝8000円

たっぷりゆったりコース
60分×月2回 月謝8000円

頑張りやさんコース
60分×月4回 月謝16000円


マンツーマンで手取り足取りリズム取り、丁寧にかつ、実戦で役立つ事レッスン内容です。

楽器の貸し出しをいたしますので、
出先からそのまま来られても構いません。


現在行っている音楽教室は、
ドラム教室、ギター教室、ウクレレ教室、、、
共にお子様から大人の方まで楽しく音楽とふれあっていらっしゃいます。
特に街まで出るのが大変な広島西方面の方に好評です。
ぜひこの機会にレッスンに触れてみて下さい。

お問い合わせ先

はにまるず音楽事務所
082-927-3091

Cafe Live まーくる
広島市佐伯区八幡5丁目11-22
082-228-1122 markruya@gmail.com
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2014年12月24日(水)
19時オープン
入場フリー(ワンドリンク&投げ銭お願いします)




JUNNOSプロフィール

様々な職業を経験した後、海外を放浪。
結婚を機に音楽活動開始。

弾き語りを中心に年間ライブ回数120本以上を全国で展開中。
その深い人間への洞察から生まれる曲、特に歌詞に定評がある。

2014年4月から家族をキャンピングカーに乗せての
47都道府県ツアーを絶賛敢行中。
桜と共に北上し、紅葉を追って南下する、
旅と酒を愛して止まない今世屈指の吟遊詩人。




彼の「旅の人」という曲の中で一番好きなフレーズ

「ああ、物や場所を選ぶという事はとても贅沢な事」



クリスマスの夜に特別な音楽を。。。。。☆
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇