2017-02-10 09:00:00

事故防止を考える~事故を個人のせいにしないアプローチ~・・・その1

テーマ:物流の「ノウハウ」
みなさんこんにちは
成沢です。
 
{3CAB873C-DF82-485F-AB1F-3F2FF1C76E3D}

ロマンスカーを利用することが多いのですが、先日展望席が取れたので乗ってみました。
 
眺望が素晴らしくて感激でした。
でも、これ実は最後尾車両なんです(笑)
後ろ向きに進む景色、ちょっと不思議でした。
 
今日は物流業界に限ったことではないですが、
会社で起きる事故について考えたいと思います。
 
様々な場面で起きる事故
 
どうして事故が起きるのか、どうしたら事故を回避できるのか
いろいろな角度から事故について考えていきたいと思います。
 
今日は、事故防止を考える~その1
 

繁忙期対策をはじめ物流担当者の悩みの種はいろいろありますが、
一番の困りごとは「事故」だということには異論が無いと思います。

 

 

 

物流業界における「事故」は様々なものがあります。
輸送車両が関係する交通事故、それに伴う貨物の破損や延着事故、
倉庫や工場などの構内で発生する衝突事故、作業におけるミスが起因する不具合、
納入先や集荷先における人的トラブル・・・・
他にもあげたらきりがないほどあります。

 

これらの事故はほぼすべてにおいて、「人的ミス」が起因しています。


例えば交通事故に関しては、運転手の操作ミス、確認ミスが原因でしょう。
倉庫や工場における衝突事故については、操作者の安全不確認や速度違反などが

原因となるでしょう。
作業におけるミスについては、作業者のルール違反や不注意が原因ということになります。

 

こうして考えると、事故の原因は「ミスをした人のせい」ということになります。
実際、物流業者は事故を起こした際に荷主に対して「顛末書」「対策書」といったものを

提示するのですが、その内容については「ミスを起こした人」が「どんなミスをしたか」

そして「その人に対する指導をどうするか」という内容で完結している場合がほとんどです。

 

しかしながら、この方法では事故を根本的に減らすことはできません。
なぜなら事故は個人のせいで起こるのではなく、様々な原因がありそれらの不具合から

発生するからなのです。

 

一例ですが、作業者の環境や業務設計に問題があると事故は発生します。

次回は、みなさまとともに「事故を個人のせいにしない」アプローチで

事故防止について考えてみましょう。

 

以上

 

成沢 拓也氏 バックナンバー一覧へ戻る

プロの視点 著者一覧へ戻る

 

この記事はこちらにも連載しています。
物流コスト削減.com  http://www.logistics-costdown.com/

 

 

物流改善のご相談は、ぜひ私共のエスワイ・ロジステックスへ
エスワイ・ロジステックス

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sy-Logisticsさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。