廃墟写真 自作アニメ 街歩き ちくわぱん by 写楽斎

廃墟の探索、写真、自主制作アニメ、絵、鉄道なんかが趣味のブログです。


テーマ:


まち歩き vol.2 伊勢湾に浮かぶ島  つづきです。

廃墟写真 一覧へ

場所 三重県

訪問年月 2009年10月


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
昭和4年に建設された軍事施設。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
こわれそうな説明札。




ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
昔は窓ガラスとかもあったのだろうか・・・



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
2階へ上がる階段。
1階と2階の明るさの差が激しく
とてもまぶしく感じる。。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
2階。
すぐ横に屋上へあがる階段がある。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
雲ひとつない青空。
窓からは、延々と続く太平洋の水平線が見える。


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
東を望む。
向こうに見えるのは渥美半島。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
先日の台風18号のせいもあるけど
床が濡れていてジメッとしている。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨 三重県 神島 監的哨
でもそれが、日なたと日陰の差を強くしていて
より廃れゆく建物を美しく魅せる。


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
基本いつも湿気があるのか・・・。
かたつむりが壁や天井に
あちこち張り付いていた。


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
僕が生まれるより前に書かれた落書き



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
いよいよ屋上に向かってみる。
こんなに上るのがワクワクする階段も
なかなかない。



ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
そしてそのワクワク感を裏切らない絶景。


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
屋上につきだしていた庇みたいな上から2階の窓を見る。


ちくわぱん(自作アニメとか 鉄道とか 廃墟とか) by 写楽斎- 三重県 神島 監的哨
実は先客の方がおられた。


島にある数少ない観光スポットの上に、
潮騒という小説の舞台、
映画のロケ地になった場所らしく
ほかにもパラパラと観光客が来た。

潮騒・・・

一度観てみようかな・・・。


まち歩き vol.2 伊勢湾に浮かぶ島 その2へ つづく

廃墟写真 一覧へ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
廃墟写真 一覧へ

古いデジカメで撮った時のものなので、拡大写真あまり画質よくないです。



場所 兵庫県

訪問年月 2006年6月



ちくわぱん writing by 写楽斎-  猪名川クレー射撃場
自動車もつられるように廃れゆく


ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
これが最初の探索、そして最後の探索



ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
2007年11月、十数年間ほったらかされたこの建物は解体される。



ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
廃墟にも必ず建築という時間が存在する。




ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
建築資材が運び込まれる。
タイルが張られる。窓が取り付けられる。
オーナーは、誇らしげに完成してゆく建物を眺める。



ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
そして、完成したその日、チラシが配布される



ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場

『猪名川クレー射撃場、本日 オープン!』




ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
1964年開業




ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
1989年閉鎖





ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
最終的に廃墟になっちゃったけど
それでも20年以上も営業しているのは凄いことだと思う。


ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
ここがおそらく射的場。



ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
この廃墟の象徴、薬きょうの山


ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
別の建物にあった任天堂のゲーム機


ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
廃墟に訪れたら、いつも思う
次来る時はもう解体されてるかもしれない


ちくわぱん writing by 写楽斎- 猪名川クレー射撃場
そう思うってことは、またいつか来たいって思ってる。



廃墟写真 一覧へ
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
廃墟写真 一覧へ


場所 高知県

訪問年月 2007年5月

【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
ワンダージャパン9号 の表紙にも出てる
室戸岬にある有名廃墟

友達と、四国88ヶ所参りした時に立ち寄った。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
岬の山の上にあるので、別に台風が
近づいてるわけでもないのに凄まじい風が吹く。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
ほとんど窓ガラスは無いに等しい。

【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
きっと人為的に破壊されるまでもなく
自然に破壊されたのだろう。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
まるで、アンモナイトのような螺旋階段。
頭をぶつけそうになるほど天井が低い。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
突き出た建物の屋上に出ると
おもわず、「うおぉぉぉおー」と叫んでしまった。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
こういう感動やワクワクした気持ちは
何歳になっても感じれるようでありたい。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 スカイレスト ニューむろと
最上階屋上から、徳島方面を望む。

時間がなかったので、そんなに長くは滞在できなかった。

ここに行ったのは2年も前のことなので
今もあるのかどうか分からないけども

次、ここにいく時は、今度は一日中ゆっくりすごしたい。
屋上で、弁当食べたり、本を読んだり、寝転んで携帯いじったり。

廃墟写真 一覧へ
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


いよいよ廃墟シリーズ、はじめます☆
廃墟写真 一覧へ

場所 京都府
訪問年月 2009年7月

【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 京都 ドライブイン ruins
一見なにもないように見える、更地に
まるでRPGのダンジョンの入り口のようなぽっかり開いた階段がある。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 階段 廃墟 探索
廃墟と階段はよく似合う。



以前来た時と比べてずいぶん荒れていた。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 京都 ドライブイン  ruins
広間。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 京都
営業していた時代に本来みえたであろう川が
木が生い茂って見えなくなってしまっている。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 京都
風に乗って室内にまで草木の匂いがする。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 京都
以前来た時にはなかった、カラオケソフトが散乱していた。
かなり人工的に荒らされてるんだろうけど
なかなかナチュラルな荒れ方だ。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 浴室 廃墟 京都
浴室の脱衣所


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 浴室 廃墟 京都
割れたガラスの破片に光が反射して
天井がキラキラとミラーボールのように輝く



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 浴室 廃墟 京都
窓から見えるダム湖。
浴室は一つしかないようだけど混浴だったんだろうか。


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 浴室 ぼくたちの秘密
タイルの隙間から生える草


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- コンクリート 廃墟

【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- コンクリート 廃墟
奥には、何にに使われた場所かよく分からない
無機質なコンクリートの空間


【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- コンクリート 廃墟
夏だけど、ちょっと涼しい。



【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- コンクリート 廃墟
割れたコンクリートの天井から、青空が見える。





【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 廃墟 階段 京都
この廃墟で、一番美しいと思った場所。

2度目の訪問だけど、
初めて訪問したかのように感動した。

というのも、前の訪問の時は
ここまで朽ちていなかった。

一人で来たけど、さすがにこの場所だけは
一人で来たのが惜しいと思うくらい感動した。










廃墟写真 一覧へ
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
近場にある京都府の某廃墟にいってきた。
【趣味とか】 ちくわぱん 【日常とか】 writing by 写楽斎- 京都 廃墟 ruins
入り口フスマの欄間にカメラを置いてセルフタイマーセットしてから
さささーっと移動して自分を撮影。


以前来た時は、ガラスがほとんど割れてなくて
まだ、「テナント募集中」、「売り地」の雰囲気が色濃かったけど
DQNが来たらしくガラス割れまくり床は抜けまくりで
完全に「テナント募集中」から「廃墟」に切り替わってた。

近々、カテゴリ 「廃墟とか」 に 撮った写真をアップします。


「廃墟を回るのが好き」というと、
廃墟って何がいいの?怖くないの?
とかってよく言われる。

実は、怖いと魅力って紙一重で
”怖い”って感じるということはそれだけ、”怖い”と感じるものに
圧倒されているということで、その巨大な圧倒感は、
見方を変えればとても魅力的なのである。

そもそも、魅力がなかったら
「きもだめし」
とか誰もやらない。
きもだめしが、娯楽として興として成り立つのは
廃墟そのものに、押しつぶされるほどの、
とてつもない圧倒感があるからだ。

さすがに夜の廃墟は怖い。
暗闇に浮かぶ灯り一つない巨大な建物のシルエットは
握りつぶされるような圧倒感がある。

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード