Добро пожаловать!

オペラが好き!バレエが好き!ロシアが好き!
そして・・・ホロストフスキーが好き!

好きなことを中心に、勝手気ままに書いてます。


テーマ:

2017年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、昨年12月19日に肺炎のためにサンクトペテルブルクの病院に入院し、その後の容体が全くわからなかったDimaですが、昨日ようやく明るいニュースが飛び込んできました!

記事はこちら

 

回復期に入ったようで、ペテルブルクの病院でリハーサルを始めたとのことです。

 

このLIFEという会社の独占スクープなのか、今のところ、この記事以外見つからないのがやや不安ではありますが、とりあえず信じて喜びたいと思います!

 

長かった3週間・・・・。

この記事を読んだ時は、「良かった!」と思わず声が出てしまい、気がついたら泣いてました。

本当に心配だったし、毎日祈っていたから・・・・。

 

しかし、喜びの後には悲しいニュースが・・・。

Dimaの恩師であるEkaterina Iofel先生が、クラスノヤルスクで亡くなられたとのこと。94歳でした。 ※今年94歳になるはずだった・・とのこと。享年93歳。

記事は⇒こちら

 

昨年12/22に予定通りクラスノヤルスクでコンサートをしていたら、Dimaは先生に会えたのかな・・・とも思いましたが、記事によると2015年にDimaが脳腫瘍になった時、先生は深刻な状態でベッドから出ることも、人と話すことも、また誰も認識することができなかった・・とありますので、会っても辛い思いをしただけかもしれませんね・・・・。

 

しかし、Dimaと強い繋がりのあった人たちがこの1~2年、次々と亡くなっていき、それを受け止めるDimaの気持ちを思うと胸が痛みます。

 

今年こそ彼の病気が全快し、彼が苦しみから解放されることを、今後も祈り続けたいと思います。

 

ここに、Dima49歳のバースデーを祝ったロシアの特別番組を貼っておきます。

21:30あたりから、Iofel先生が出演されます。

 

 

Iofel先生のご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もいよいよ残りわずか。

2016年のDima(ホロストフスキー)の公演を振り返ります。

 

◆1~2月

1月はROHで「エフゲニー・オネーギン」に1公演出演、その後オマーンとタリンでコンサートとリサイタル。

そして、2月には北米リサイタルツアーがありました。

これは大変充実した内容だったようで、各地絶賛のレビューが並びました。

 

 

◆4月

ハンガリー・オーストリアツアーを行った後、ウィーンで「仮面舞踏会」に出演。

これはラジオ放送とライヴストリーミングがありました。

 

 

◆5~6月

5月はモスクワとクロアチアでコンサートを行った後、ウィーンで「シモン・ボッカネグラ」に出演。

こちらもライヴストリーミングがありました。

私も久しぶりに生のDimaの歌声を聴きに、ウィーンへ出向きました。

 

 

6月はそのほか、ウィーンのシモンの合間にボリショイ劇場でチャリティーコンサートに出演、ペテルブルクでリサイタル、プラハでアリエワとコンサートラトヴィアでガランチャとコンサートに出演しています。

 

 

 

◆7~8月

夏は完全オフかと思ったら、レコーディングを精力的に行っていたようで、スヴィリードフの歌曲集やリゴレットを録音したようです。

 

 

 

こちら下は12/17にサンクトペテルブルクのスタジオで、夏に録音したスヴィリードフの録音チェックをしている様子だそうですが、録音から1曲を聴くことができます。

このCDのリリースは楽しみです♪

 

 

◆9~10月

9月の新シーズン第1作は、やめとけばいいのにソチの"New Wave"にまたまた出演・・・・あせ①

その後はスウェーデンとフィンランドでコンサートとリサイタル。

 

 

10月はドイツでのコンサートツアーがありました。

 

 

◆11月

そして、11月。この頃から少しずつDimaに変調が・・・。

リガ、バルセロナ、パリ、そしてロンドン(これは美術館での基金集めの小さなもの)とリサイタルが続きましたが、どうも調子が悪そうだという声が聞こえ始めたのです。

 

そして、ウィーンでの「椿姫」

開幕当初は絶好調との評判だったのですが、出演最終日ライヴ配信の日に杖をついた眼鏡姿で登場。

声もいつもと違い、明らかに体調が悪そうなのが伝わってきました。

 

 

その後、ボリショイの「ドン・カルロ」をキャンセル。

衝撃のオペラステージからの撤退表明となります。

 

◆12月

しかし、彼はマルちゃん(アルヴァレス)とのコンサートに出演。

やはり体調が悪かったのでしょう、急遽アリエワも参加して、歌う曲数を減らして臨みました。

 

 

18日にコンサートを終え、サンクトペテルブルクから次のコンサート地、故郷クラスノヤルスクへ向かう空港で体調不良を訴え、救急搬送。

診断は肺炎。現在も入院中です。

 

脳腫瘍再発からの肺炎。

大変危険な状態だと思いますし、万が一の覚悟もしなくてはいけないのかもしれませんが、DimaのCDや録音を聴く度に、やはりこんな声の人はほかにいない!もっともっと聴かせてほしい!という思いが溢れてきます。

 

現在、何も情報が入ってこないため、彼がどういう状態にあるのかわからない、大変不安な気持ちを抱えたままの年越しとなりますが、とにかくまずは生きてほしい・・・それだけです。

 

歌は健康にさえなれば、どんな形でも歌えます。

オペラの舞台に立てなくなったって構いません。

Dimaの歌には衣装もセットも必要ありません。

なぜなら、彼の歌に全てが詰まっているから・・・。

 

年明けには何らかの吉報が聞けることを期待しつつ、Dimaの1日も早い回復を毎日祈り続けたいと思います。

 

皆さま、この1年ありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

良いお年を!

AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

まったく・・・この人はどこまで心配かけたら気が済むのでしょう・・・。

 

12/18にマルちゃんとのコンサートを終えたDimaですが、現在、肺炎でサンクトペテルブルクの病院に入院しているとのこと。

ニュースのソースはこちら⇒

 

肺炎って怖いじゃないですか・・・あっけなく亡くなる方もいらっしゃるし・・・・。

感染症も怖いですよねあせ①

 

でも、今は状態も落ち着いてるようです。良かった泣く

そのソースはこちら⇒

 

ま、彼は放っておくとまた無茶するかもしれないので、入院して、病院の監視下でしばらく大人しくしてもらうほうがいいかと思いますゲホゲホ

 

よって、12/22のクラスノヤルスクのコンサートはキャンセルとなりました。

12/28のエカテリンブルグはまだオフィシャルサイトに残っていますが、おそらくキャンセルとなるでしょう。(※12/22追記 エカテリンブルグもキャンセルとなりました。)

 

なお、クラスノヤルスクのコンサートは2月に延期と発表されています。(日にちは未定)

2/26にカリーニングラードでコンサートが予定されているので、このあたりに入ってくるのではないでしょうか。

 

これで、Dimaの2016年のお仕事はおそらくおしまい。

よって、2月20日頃まで彼のパフォーマンス情報は入ってこないわけで、とっても寂しい2か月間になりますが、Dimaにはゆーーっくり休んでもらって、復帰公演には是非とも元気な姿を見せてもらいたいと思います。

 

さて、話は前後しますが、ペテルブルクでDimaはTV番組のインタビューを受けたようです。

ロシア語ですが、6分ほどの短いものなので、ビデオを貼っておきます。

 

 

インタビューの概要を英訳したものをいただきましたので、そちらもコピペさせていただきます。

 

 "He said that singing is life for him, singing helps him and saves him in his life. He is very happy to give concerts now and feels very happy himself after successful concerts, and he is happy to meetings with his audience, which give him very much. Pauses without concerts now for him are hard, he need to rebuild himself, to break himself. About the concert in Moscow: he said, that this concert was a really breathtaking, heartwarming for him, the strongest feelings - so touching, to tears he felt at this concert. Then Dmitri said, that he admires his colleague Marcelo Alvarez - he's a great tenor, a magnificent artist and Dmitri was very touched by his attitude to himself, he said, that was touched to tears ..)

 

 

心にくる言葉です・・・涙

 

Dimaの1日も早い回復を祈っています!

 

 

 

AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

12/14のモスクワに続き、18日はサンクトペテルブルクでマルちゃんとのフレンズコンサート2回目。

 

モスクワの前はメディアシャットアウトって感じで、本当にコンサートが行われるのかも不安になるぐらい、何も情報が入ってこなかったのですが、14日が終わった途端DimaのSNSが騒がしくなりました(笑)

 

で、色々出てきたのでご紹介音符

 

まず出番前。

マルちゃんがFBにアップしてくれた、2人からのメッセージビデオ!⇒こちら

マルちゃん、カワイイ!キャハハ☆

 

リハのビデオ見てても、マルちゃんがDimaに色々と気を遣ってくれるように見えるんですよね・・・涙

マルちゃんの明るいオーラで、Dimaの気持ちが少しでも晴れたなら嬉しいです。

 

で、ペテルブルクではインタビューまで答えちゃいました汗
コンサートを取材したニュース映像が出ています。

 

 

「ドン・カルロ」も、ほんのちょびっとだけ見られます。も出ました。

※まるごと出たので、ビデオを差し替えておきます!

マルちゃん、さっきのビデオとは全く違う表情してる~。(←あたりまえ)

やっぱりこの2人、いいなぁ~。

 

 

 

そして、トロヴァトーレの三重唱。

マイク使ってるのに力みすぎー!ってツッコミたくなるけど、精一杯歌いたかったんだろうな・・・って思うと、またうるうる泣く

 

 

最後にカテコのビデオ。

Dima、本当にいい表情してる。やっぱりじ~んときちゃうな・・・涙

 

 

順調にきていたはずなのに、また病気のせいで仕事を降りることになってしまい、すごく辛くて苦しかったと思う。

それなのにゆっくり休む間もないまま、予定通りコンサートをこなしてくれた。

本当によく頑張ったと思う!

お疲れさま!そして・・・ありがとう!拍手

 

 

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日18日はマルちゃんとの2回目のコンサート。

舞台はモスクワからサンクトペテルブルクへと移ります。

 

前日に行われたスタジオでのリハーサルがYTにアップされていました。

 

 

Dimaが歌う"Passione"

 

 

Dimaが歌う"Parlami d'amore Mariu"

 

 

マルちゃんが歌う"Core 'ngrato"

 

リハですから、もちろん流して歌ってるとは思いますが、マルちゃんと比べるとDimaはまだ少し辛そうです。

仕方ないですよね。ゆっくりゆっくり・・・・。

 

しかし、マルちゃんって本当にいい人オーラがにじみ出てますね笑1

この辛い時期のコンサート、パートナーがマルちゃんで本当に良かったと思います。

 

今夜のコンサートも成功しますように!祈る

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。