Добро пожаловать!

オペラが好き!バレエが好き!ロシアが好き!
そして・・・ホロストフスキーが好き!

好きなことを中心に、勝手気ままに書いてます。


テーマ:
6/27、ホロストフスキーはÖSTERREICHISCHER MUSIKTHEATERPREISの授賞式に出席。

この賞、まだ新しいのか馴染みがないのですが、英語にするとAUSTRIAN MUSIC THEATRE PRICE ということで、オーストリア音楽劇場賞ってとこでしょうか^-^;

Dimaはメディア賞を受賞したようです。
ウィーンでメディア賞?なんかピンとこないけど・・・。

ま、ご本人は大変ご機嫌なようで、奥様と奥様のママと一緒の写真がTwitterに出ておりました。



弾けておりますな・・・あせ①

また、FacebookではD-Clubさんが続々と写真やビデオをアップしてくださっています。

ビデオはこちらから。メータさんもご登場♪

写真はこちらから。

さあ!中1日でラトヴィアに飛んで、いよいよガランチャとのコンサートです!
何はともあれ、Dima、受賞おめでとう!クラッカーくす玉

Austrian Music Theater prize
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
まだウィーンの「シモン・ボッカネグラ」の興奮が続いてるんですが、You Tubeにカテコのビデオがチラホラと出てましたので、ここでまとめておこうかと思います。


まず、5/30の公演から。第1幕後のカテコ。




同じ5/30、終演後のカテコ。
う~ん・・・やっぱりこの日のほうが断然機嫌が良さそうあせ①
6/4は何だったのか・・・?がく~




こちらは、おそらく5/27のカテコ。
やっぱり機嫌良さそう・・・あせ①




そして、最後にラストシーンの一部を。
これはおそらく、私が観に行った6/4の公演だと思います。
このシーン、ホント良かったのよ~泣く




ま、ね。
パフォーマンスは素晴らしかったからいいんだけどさ怒る

そんな私。
まだライブストリーミングの映像をちゃんと見ていません。

ちらっと見始めたら感動がよみがえってきちゃって、これは継ぎはぎで見てはいけない!と思い、3時間取れる日にちゃんと通して見るつもりです。

劇場では気づかなかった、細かな演技や動きが見られるのを楽しみにしています♪
見たら改めて感想書こうっとにひひ
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6/23(だと思う)は、私がホロストフスキーのファンになった記念日です。
今年で13年が経ちました苦笑

ファンになったきっかけなど、もろもろのエピソードは10周年の時にまとめているんですが(こちらで記事を見つけることができます)、毎年恒例ってことで、やっぱり今回も簡単に整理しておきますあせる

宝石緑出会いはBSで放送された「イル・トロヴァトーレ」
2002年ロイヤル・オペラハウスでの公演を録画したもの。
共演はホセ・クーラ、ヴェロニカ・ビリャロエル、イボンヌ・ネフ。

Trovatore at ROH 2002


もちろん銀髪にもびっくりぽん!でしたが、声・容姿・演技・・・全てが衝撃でした。
こんな人がいるんだ!?って感じ。

宝石緑初めての生・Dimaは同じ年の11月
生で聴いてみたいなーと思っていたら、約5か月後には夢がかなっておりましたうっとり
キーロフ・オペラ(現・マリインスキー・オペラ)の「エフゲニー・オネーギン」とオペラシティでのリサイタル。

Onegin in Japan


宝石緑Dimaの来日状況
Dimaの初来日は1990年、札幌のPMFでしたが、それ以降は来日がなかったようで、本格的な日本でのパフォーマンスはこの2003年だったとのこと。

ただ、2000年、NHKのスタジオで収録したコンサートがTV放送されてるんですよね・・・。
これって、この収録のためだけに来日したのかしら?

珍しい「マクベス」のアリア



その後はわりとコンスタントに来日しており、2005年にオペラシティでコンサート(曲目がごちゃ混ぜ感ありだったけど汗)、2006年はMETと「椿姫」、サントリーホールでリサイタル(ガラガラだったけど、素晴らしい内容だった!)2009年にスミ・ジョーとサントリーホールでコンサート(調子悪かったらしいけど、私は感動~!)、そして2011年METと「ドン・カルロ」を最後に、来日から遠ざかっています涙

もう5年経つんですね・・・。

5年ごとにあったMET来日公演も、総裁がヴォルピさんからゲルブさんに代わったためか、もうないみたいですし、震災や景気の影響からか、来日オペラ公演も縮小されていて、Dimaがオペラで来ることは難しいかもしれません。

リサイタルやコンサートでも、彼は華のある人ではありますが、所詮バリトンですし、ロシア歌曲やロシアオペラのレパートリーだと集客は難しくなりますし、さらにギャラがかなりお高いらしいので、なかなか呼び屋の皆さんも手が出しにくいかもしれませんあせ①

ネトレプコやカウフマンほどの人気者でも、35,000円以上のお値段をつけられたら、「ちょっと聴いてみようかしら♪」という気分になれませんよねしょぼん

宝石緑脳腫瘍との闘い
去年、ファンになって12年目という内容でブログを書いた途端、Dimaが脳腫瘍であるとの衝撃のニュースが飛び込んできました。

1年ぐらいはDimaの歌も聴けないのかな・・と思っていましたが、公式発表では「8月末まで全ての公演をキャンセルする」とあり、実際3か月後の9/25には、MET「イル・トロヴァトーレ」の舞台に立っていました!

復帰後は以前と同じくらい(もしかして、それ以上?)精力的に活動しており、ちょっと心配になるほどですにゃ

聞くところによると、検査などはまだ続いているものの、体調のほうもだいぶ良くなり、食事も美味しく食べられるようになってきたとのことです。

宝石緑今後の注目公演
無理せずゆっくりしてほしいと思う反面、やっぱりパフォーマンスを観たい!と思うのが複雑なファン心理^-^;

既に発表されている来シーズンのオペラ公演は、Dimaの定番レパートリーばかりで、あまり魅力的なものはありませんが、2017-18シーズンのMETでは「運命の力」が予定されており、これはロールデビューとなります。

しかし、最近のDimaのインタビューによると、演出のカリスト・ビエイトが代わるようなニュアンスもあり、もしかしたら延期になるようにも取れました。

また、「オテロ」も、時期は未定ながら予定はされているようです。

いずれも正式発表を待たないと、なんとも言えませんが・・・。

なかなか新しいレパートリーが増えないDimaですが、「マクベス」も用意できてるように言ってたものの、実際にまだ歌っていません。
「うんちか」もいいですが、やっぱりタイトルロールを観たいな~と思ってしまいますあせる

というわけで、また14年目に向けて1年応援していきますのでチカラコブ、皆様もどうかDimaに注目してあげてください!
よろしくお願いします!お願い

AD
コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ウィーンの旅行レポに手間取ってる間にも、ホロストフスキーに関する情報は次々出てきますあせる

8/12、新しいCDがリリース!

タイトルは"Dmitri Hvorostovsky sings of War, Peace, Love and Sorrow"

New CD


当初、このタイトルを聞いた時は、また【ロシア版演歌の花道】か・・・?あせ①と心配したのですが、この度収録曲も発表になり、なかなかいい選曲で期待大です!

New CD


ジャケット写真にも曲目一覧が出ていますが、ロシア・オペラ一色です!嬉しい!ヤッホー

CDプロコフィエフ:「戦争と平和」より第1場
CDチャイコフスキー:「マゼッパ」よりマゼッパのアリア
CDチャイコフスキー:「イオランタ」よりロベルトのアリア
CDチャイコフスキー:「スペードの女王」よりトムスキーのバラード
CDルービンシュタイン:「デーモン」より第6場


「戦争と平和」と「デーモン」が、ハイライトとはいえレコーディングされたのは嬉しい~!
どちらも、大変美しいメロディーに溢れた場面です。

共演は、「デーモン」のロールデビューでも共演したアスミック・グレゴリアンほか。
アスミックちゃんは、あのゲガム・グレゴリアンの娘さんです。

まだ日本のアマゾンでは取り扱いがないようですが、すごく楽しみです!ニコニコ

CDの詳細はNAXOSのページをご覧ください。
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月4日(土)

この日は夜にメインのオペラがあるため、観光の予定は特に入れておらず。

前の晩に「どこ行こうかな~。」と考え、ハイリゲンシュタットへ行くことに。
ベートーヴェンのハイリゲンシュタットの遺書の家でお馴染みの場所です。
ここは学生時代、初めての海外旅行で添乗員さんに連れられて行ったことがあるのですが、自力で行くのは初めて。

なんとなく遠いイメージがあったので、早めにホテルを出たんですが・・・意外に近くて、時間を持て余してしまいましたあせる
と言うのは、「遺書の家」は10:00~オープンなのですが、9:30に着いちゃったんですよね・・・苦笑

地下鉄の終点からバスに乗って・・・って聞いたら、遠そうに感じたんですが・・・。
バスも本数多かったし!(笑)

とりあえずバス停前にあった教会をパチリカメラ

ハイリゲンシュタットの教会


確か、この教会の鐘の音が聴こえなくなったことで、耳が聞こえなくなったことを自覚した・・と聞いたような記憶が・・・。

さて30分、どうやって時間をつぶそうかあせ①

「田園」の構想を練ったと言われる「ベートーヴェンの散歩道」も行ってみたかったけど、「遺書の家」との距離はゆっくり歩いて1時間らしく、1人で行って迷っても困る・・・。
ガイドブックに地図はのってたけど、目印も少なく、道がくねくねしてて迷いそうあせる

結局諦めて、なんとなく付近を散策してたら・・・あら、ベートーヴェン発見!

ベートーヴェン


そして、ようやく「遺書の家」へ。
小さい部屋が2つだけの、こじんまりしたところです。
日本語の解説書も貸していただけます。

デスマスク、遺髪、手書きの楽譜や遺書(コピーかな?)などが展示。
オープンと同時に入ったからか、入ってから出るまで私だけでした苦笑

ここが入口だけど、「遺書の家」はここから入った中庭にあります。

遺書の家


土曜日だからか?朝はほとんど人通りがありませんでした。

ハイリゲンシュタット


さ、これで観光はおしまい!(笑)
あとはお土産探し!

しかし、これが思いのほか手間取った・・・あせ①
入るお店、どこも目ぼしいものがなくて焦る、あせるあせる

バラ撒き用に良かったのは、マンナーのウエハース
ホテルの近くに直営ショップがあったのですが、直営店だけあって種類もいっぱいありました。
まとめ買いに最適です♪

あ、今夜のメインはこれ右下矢印です!

ライヴストリーミング


シモン・ボッカネグラ


お昼も食べずに2時ごろまでウロウロ。
とりあえず、またビラ・コルソでお惣菜買ってホテルで食べ、シャワー浴びて一眠りしてオペラに行きました。

2日連続で食べたのは、これ右下矢印
美味しかったです♪

夕食


オペラから戻ったら、持ってきたカップ麺を部屋で食べて夕食は終わり。
あー!なんて粗末な食事!(笑)


【オペラハウスへ】

席へ案内してくれた係員さんが、ちょっとデニス・ガニオ(バレエファンはご存知よね♪)に似た素敵な紳士でしたハート ピンク
うっかり大きな荷物を持って入ってしまったので、もう1度出て同じ人に「クロークはどこですか?」と訊いたら、私の荷物を見て「おぉ!そうだったね!」って感じで、「こっちが近道だよ!」と身振り手振りで親切に教えてくれました。

もちろん、その方からプログラムも買いました♪

オペラの感想はこちらにまとめていますが、そこにも書いたように、私の席と同じ列にDimaの奥様とマネージャー(?)みたいな男性が2人でいらしてました。

4年前も奥様のすぐ近くに座った私あせ①

オペラハウスの中もパチリカメラ

国立歌劇場


国立歌劇場


休憩は1回で、おそらく30分ぐらいだったと思いますが、トイレに行って戻ってきたらわりとすぐ始まったので、時間を持て余した・・ってことはありませんでした。

さて、出待ちなんですが・・・。

例によって、ステージドアはものすごい人数が待っていて、Dimaはわりと早く出てきました。
中で少しサイン会をやってたのか、誰かに捕まってたのかはわかりませんが、外へ出てきたときは・・・やばい・・・機嫌悪そう汗

めっちゃ速足で逃げられそうでしたが、ちょっと渡したいものもあったので、とりあえずダッシュ。
ま、なんとか渡せましたけどね苦笑
機嫌悪そうだったから引き留めませんでした。

その後、何人かに取り囲まれてサイン攻めにあってましたけど・・・あ!マキシム君!

Dimaの息子さん、マキシム君がパパの腕をガシッと掴んで、周りのファンを「僕のパパを取らないで」って感じで、不安そうに見つめていました。
すっごいパパっ子なんだな~と感じましたうっとり
娘のニーナちゃんもいたらしいんだけど、見つけられず・・・。

4年前のウィーンではDimaのご両親も見かけましたし、少ない海外遠征なのに、私、ファミリー遭遇率高し?

ステージドアでは、Dimaのファングループで知り合ったイタリア人とロシア人の方々にご挨拶。
Facebookを通じて知り合った方たちですが、実際にお会いできて良かったですニコニコ

あ、そうそう。
ステージドアからは、テノールのステファン・コステロも出てきました。
最近、アブちゃん(アブドラザコフ)と並んで子分にされてる・・・?あせ①


6月5日(日)

ホテルに朝8:30にタクシーを呼んでもらい、11:15発のフィンエアーに乗って帰国の途につきました。

なんと!帰りのヘルシンキ⇒関空もお隣が空いていました!満席のはずだったのに!
脚を少し伸ばして横に寝ることができて助かりました~。

行きの便がめっちゃ寒かったので、帰りは持ってきたストールを上半身に、ブランケットを下半身にぐるぐる巻いてずっと寝てました(笑)


ところで、今回の旅。

私はなぜか、白人の赤ちゃんにめっちゃ笑いかけられました苦笑

カフェでランチしてる時、ヘルシンキの空港で待ってる時、ウィーン⇒ヘルシンキの機内で、いずれも白人の赤ちゃんが、めっちゃご機嫌で私に笑いかけたり手を振ったりするんですよ~。

機内で隣になった赤ちゃんなんか、指さしてくるし!(笑)

でも、一人旅でこういう笑顔に触れることができるのって、ホッとしますね笑1
ウィーンなら、また一人で行ってみてもいいかな音符
コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。