現金化により、資産の「組み替え」が可能に

売却で得た資金を有効に使えば、その後の収入や支出の改善につなげることができます。

借入の返済

借入を返済することで、その後の利子負担がなくなります。

金融資産の購入

株式や外貨建て資産の購入で、ポートフォリオ全体での収益を高めることも可能です。

他の不動産の購入

売却で得た資金で、「今までよりも立地のいい不動産を買う」ことも可能です。
「子供が独立したので、多少狭くなっても構わないから都心近くに住みたい」あるいは
「自己資金を加えて同じ広さの土地を都心近くに買いたい」
「立地のいい土地を買って、収益性の高い活用をしたい」
といったことが実現できます。

 税負担の軽減

土地を保有していることでかかってくる税金を軽減できます。

固定資産税・都市計画税

土地を手離しますので、固定資産税や都市計画税の負担はなくなります。

相続税の納税資金確保

売却収入により、相続が発生した場合の「納税資金」を確保することができます。
もっとも、売却収入も相続財産ですので、相続税そのものは増えますが、納税の「しやすさ」は大幅に高まります。

土地売却のデメリットとは?

 収益機会の喪失

土地を手離しますので、当然ながら、今後その土地から得られる収益はありません。

 売却収入のすべてが手取り現金とはならない

土地が仮に1億円で売れても、1億円の現金がそのまま入るわけではありません。他の資産への組み替えを検討している場合は注意が必要です。

譲渡費用の発生

売却にあたっては、

・印紙税
・測量費
・仲介手数料

といった費用が発生します。
これらの合計額は、売却代金の5%程度に達することもありえます。

 譲渡税の発生

売却によって得られた「もうけ」の部分(譲渡益)に対して、「譲渡税」として、所得税・住民税がかかります。
計算方法や税率は、

・売却する土地の所有期間
・売却する土地の使用目的

などで変わってきます。
なお、「他の不動産に買い換える」場合は「買換え特例」によって税額が大きく下がることもあります。

AD
来ましたよ‼皆さん!食いしん坊担当(^^♪
食いしん坊の夏は夏バテなんてなんのその!
とにかく食べつくす!!
まず最初はこちら‼
海帰りに寄ってきました!


千葉にある名前忘れてしまったけど
とにかく全てがビックで有名な洋食屋さん\(^o^)/


そこではハンバーッグ!とカレーを頼んでみました♫さすがに大きいのなんのって食べきれない!って思ったけどさすがの食いしん坊...食べきりましたw
そしてお次は夏だからこその辛さ対決w

泣きながら唇はらして食べきり、最後には甘いものをと、パセラのハニトー❤

甘い物で癒されて
最後には大好きな下北沢にあるオシャレなカフェのガトーショコラでしめて
休みボケしないように今日からまた頑張ります(●^o^●)


AD
某不動産会社は9日、2016年7月の主要都市圏・主要都市別の新築一戸建て住宅平均価格動向を発表した。調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造、土地・建物ともに所有権の物件。

首都圏の平均価格は、3,537万円(前月比2.2%上昇)と、反転上昇した。地域別にみると、東京都は4,580万円(同5.6%上昇)で3ヵ月ぶりの反転上昇。神奈川県は3,815万円(同0.8%上昇)、千葉県は2,940万円(同4.3%上昇)と続伸。埼玉県は3,150万円 (同0.8%上昇)と反転上昇。東京都の前月の下落拡大傾向から上昇に転じた。

近畿圏の平均価格は、2,967万円(同0.3%下落)と反転下落した。大阪府で3,119万円(同1.8%下落)と続落、兵庫県が2,948万円(同1.4%下落)と反転下落。京都府は3,268万円(同2.0%上昇)と、続伸した。

中部圏の平均価格は2,908万円(同1.3%下落)。愛知県で3,114万円(同変化なし)となった。

福岡県は2,573万円(同2.7%下落)と反転下落した。
AD